ASBCアジア選手権大会 派遣について(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について(お知らせ)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,派遣選手団をお知らせいたします。


 1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
   試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
 2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

 3 派遣選手団
   役  員
役 職氏   名備   考
総監督樋 山    茂日本連盟常務理事・JOCオリンピック強化スタッフ
監 督本    博 国日本連盟常務理事・JOCオリンピック強化スタッフ
コーチ村 橋    薫日本連盟強化委員会委員・JOC強化スタッフ
コーチ平 野 義 幸日本連盟強化委員会委員・JOC強化スタッフ
コーチ鈴 木 大 介日本連盟強化委員会委員・JOC強化スタッフ
コーチ小山田 裕 二日本連盟強化委員会委員・JOC強化スタッフ
チームドクター相 澤    徹日本連盟医事委員・ASBC医事委員会副委員長


   選  手
階 級(kg)氏  名所  属
ライトフライ級(46超~49)柏 崎 刀 翔自衛隊体育学校
フライ級(49超~52)林 田 翔 太駒澤大学
バンタム級(52超~56)藤 田 健 児拓殖大学
ライト級(56超~60)成 松 大 輔自衛隊体育学校
ライトウェルター級(60超~64)井 上 浩 樹拓殖大学
ウェルター級(64超~69)鈴 木 康 弘自衛隊体育学校
ミドル級(69超~75)濱 崎 良 太自衛隊体育学校


以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について①(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり, 樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


 1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
   試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
 2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

 3 試合組合
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔DOKRALHOK Yuranan(タイ)7月3日20時頃
F 級林 田 翔 太SALUDAR Rey(フィリピン)7月2日  0時頃
B 級藤 田 健 児SEPAHVANDI Ehsan(イラン)7月5日  1時頃
L 級成 松 大 介MAMAKEEV Meder(キルギスタン)7月3日  1時頃
LW 級井 上 浩 樹BACHO Joel(フィリピン)7月2日 0時頃
W 級鈴 木 康 弘KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)7月2日20時頃
M 級濱 崎 良 太TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)7月4日  1時頃
※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について②(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
F  級林 田 翔 太×271-230SALUDAR Rey(フィリピン)
2730
2928
LW級井 上 浩 樹293-028×BACHO Joel(フィリピン)
2928
2928

4 試合組合せ 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔DOKRALHOK Yuranan(タイ)7月3日20時頃
B 級藤 田 健 児SEPAHVANDI Ehsan(イラン)7月5日  1時頃
L 級成 松 大 介MAMAKEEV Meder(キルギスタン)7月4日20時頃
LW 級井 上 浩 樹( 韓 国 )7月3日20時頃
W 級鈴 木 康 弘KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)7月2日20時頃
M 級濱 崎 良 太TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)7月4日  1時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)
 
5 試合報告
F 級 林田翔太 対 SALUDAR Rey(フィリピン)
1R、開始早々からジャブ、ワンツーストレートがヒットし果敢に攻めた。相手も圧力をかけ左右フックを多用し攻撃してきた。互角のラウンドであった。
2R、林田も1Rと同様ジャブ、ワンツーストレートを主体に攻撃するが、相手の圧力と強引な攻撃に後手にまわる場面が増えた。一進一退のラウンドであった。
3R、手数の減った林田に対し相手は更に圧力をかけ左右フックを中心に攻撃してきた。接近戦になりもつれた所で林田がホールドの注意を受けた。林田もジャブ、ワンツーストレートを主体に攻撃するが、手数が減り後手となってしまい、試合終了となった。
 27-30、27-30、29-28の1-2のポイント負けであったが、広州アジア大会金メダリストの実績ある選手に善戦であった。

LW 級 井上浩樹 対 BACHO Joel(フィリピン)
1R、井上は圧力をかけ、相手のパンチを上手くかわしながら攻撃する。しかし、単発に終わり後の攻撃に繋がらない。またガードを固めたまま、受ける場面が多く印象の悪いラウンドとなった。
2R、1R同様に相手のパンチを上手くかわしながら攻撃する。ラウンド終盤に井上の右フックがヒットし相手が後退し一進一退のラウンドであった。
3R、井上は圧力をかけ、手数を出し攻撃する。これに対し、相手がロープを背負う場面が多くなる。井上は攻撃の手を休めることなく攻め抜き試合終了となった。
 29-28、29-28、29-28の3-0のポイント勝ちであった。
 
報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について③(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
W 級鈴 木 康 弘×280-329KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)
2829
2730
 

4 試合組合せ 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔DOKRALHOK Yuranan(タイ)7月3日20時頃
B 級藤 田 健 児SEPAHVANDI Ehsan(イラン)7月5日  1時頃
L 級成 松 大 介MAMAKEEV Meder(キルギスタン)7月4日 20時頃
LW 級井 上 浩 樹LEE Hwajin( 韓 国 )7月3日20時頃
M 級濱 崎 良 太TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)7月4日  1時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)
 
5 試合報告
W級 鈴木 康弘 対 KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)
1R 上背に勝る鈴木に対して、頭を振りながら前へ出て来る。鈴木もリードから、左ストレート、右フックを打ち込む。しかし、相手の突進を止めるまでは行かず、1Rはコシモヴが優勢か?
2Rは、開始から鈴木が攻めて、相手が反撃するパターンであったが、鈴木の左右のボディアッパーも当たりこのラウンドは、鈴木が優勢かラウンド終了前に鈴木の右フックで、コシモヴの顔面から出血が見られる。
3R  同じ一進一退の展開になるが、後半、コシモヴの前進が止まらず、鈴木やや防戦ぎみになる。ラスト30秒に鈴木が連打し、前へ出るがコシモヴも反撃して来る。このままゴング。僅差であった様に思うが、3対 0 のポイント負け。 28対29、28対29、27対30であった。鈴木も良く頑張った。

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について④(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
LF級柏 崎 刀 翔303-027×DOKRALHOK Yuranan(タイ)
3027
3027
LW級井 上 浩 樹303-026×LEE Hwajin( 韓国 )
3027
3026
M 級濱 崎 良 太×281-227TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)
2728
2728

4 試合組合せ 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔MUNGUN-ERDENE Gandulam(モンゴル)7月5日20時頃
B 級藤 田 健 児SEPAHVANDI Ehsan(イラン)7月5日  1時頃
L 級成 松 大 介MAMAKEEV Meder(キルギスタン)7月4日20時頃
LW 級井 上 浩 樹SAKENOV Ermek(キルギスタン)7月5日20時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)

5 試合報告
LF 級 柏崎刀翔 対 DOKRALHOK Yuranan(タイ)
1R、柏崎は開始早々連打でDOKRALHOKを追い込み、得意の接近戦へ持ち込んだ。ボディから左右フックでラウンドを支配した。DOKRALHOKは柏崎の攻撃を嫌がり執拗にホールドを繰り返した。
2R、柏崎は1R同様積極的に攻撃を仕掛け、優位に試合を進める。接近戦でのボディアッパー、顔面への左右フック、ロングレンジで相手の左ジャブに合わせた右クロスをヒットした。DOKRALHOKは1R同様、執拗にホールドを繰り返し、柏崎の攻撃を寸断させた。
3R、柏崎は手を休めることなく積極的に攻撃し、接近戦でボディアッパーをヒットし、ダウンを奪うチャンスを作った。しかし、DOKRALHOKの変わらぬ執拗なホールドに手を焼き試合終了となった。3ジャッジ、全ラウンド10-9、30-27、3-0のポイント勝ちであった。
柏崎はDOKRALHOKのホールドに手を焼いたものの、常に試合をコントロールし続けた素晴らしい戦いであった。

LW 級 井上浩樹 対 LEE Hwajin(韓国)
1R、井上はプレスをかけ、ガードを固めてLEEの攻撃をかわしながら左右フック、左ストレートをヒットする。井上は何度もダウンを取るチャンスを作ったが、攻め抜く事が出来ずにラウンドが終了した。
2R、井上は1R同様にガードを固めプレスをかけるが、中々攻撃に転ずる事が出来ない。LEEも我慢強く反撃してきた。井上はLEEのパンチを被弾する事はないが、ダウンを奪い、TKOに持ち込むチャンスを逃した。
3R、井上は同様にガードを固め、プレスをかけるが、中々攻撃に転ずる事が出来ない。LEEも必死に反撃してくる。井上は単発ながらも左右フック、左ストレート、左ボディストレートをヒットしたが、ダウンを奪うことが出来ず、試合終了となった。30-26,30-27,30-26,3-0のポイント勝ちであった。

M 級 濱崎良太 対 TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)
 濱崎良太は、インチョンアジア選手権銀メダルのTUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)と対戦した。
1R、濱崎はワンツーストレートを軸に積極的に攻撃をするが、TUMURKHUYAGもプレスをかけながら接近戦に持ち込もうとする。一進一退の攻防が続く中、濱崎の左フックからの右ストレートがヒットする。お互いクリーンヒットが少ない中ラウンドが終了した。
2R、1ラウンド同様TUMURKHUYAGはプレスを強め体を寄せて濱崎に距離を取らせない。濱崎も自分の距離で戦う事が出来ずにラフになった。持ち味のロングレンジのワンツーストレート、左フックを放つ事が出来ずにラウンドが終了した。
3R、TUMURKHUYAGが相変わらず体を寄せ、ホールド、プッシュを繰り返す中、濱崎も手を出すことが出来ずに、もつれる場面が多くなる。そんな中、TUMURKHUYAGはクリーンブレイクをしなかった事から警告(減点1)を与えられる。数秒後に、今度は濱崎がホールドによる警告(減点1)を与えられる。お互いクリーンヒットが少ない中、濱崎の左フックからの右ストレートがヒットしたが、TUMURKHUYAGも必死に体を寄せ、もつれる中、試合終了となった。28-27(10-9,9-10,10-9)、27-28(9-10,9-10,10-9)、27-28(10-9,9-10,9-10)1-2のポイント負けであった。
キャリアがあるTUMURKHUYAGは体を寄せ、執拗にホールド、プッシュを繰り返し、初の国際大会であった濱崎は、これに対応出来ずに揉み合いとなる展開が続き試合にならなかった。
反則行為に対するレフリングがルール改正等により変化しているが、このような影響から試合の流れが変わってしまい、一方の選手に対し不利な状況にならないよう改善が必要と考える。
また、このような厳しい状況となった際に選手も対応できるようにしておくことが重要と考える。
濱崎は、このような状況の中、臆することなく戦い善戦であった。勝てない相手ではなかっただけに悔やまれる1戦であった。

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について⑤(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について⑤(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
B 級藤 田 健 児293-028×SEPAHVANDI Ehsan(イラン)
2928
2927
L 級成 松 大 介303-027×MAMAKEEV Meder(キルギスタン)
3027
3027

4 試合組合せ 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔MUNGUN-ERDENE Gandulam(モンゴル)7月5日20時頃
B 級藤 田 健 児SULTONOV Rafik UZB(ウズベキスタン)7月5日20時頃
L 級成 松 大 介ARDEE Saylom THA(タイ)7月6日 1時頃
LW 級井 上 浩 樹SAKENOV Ermek(キルギスタン)7月5日20時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)

5 試合報告
B 級 藤田健児 対 SEPAHVANDI Ehsan IRI(イラン)
1R、藤田は開始早々から左アッパーボディを多用し主導権を握る。SEPAHVANDIは手数はなく大振りのパンチが目立つが、藤田は被弾することなく、左ストレートカウンター、右フックとつなげ、主導権を譲ることなくラウンドが終了した。
2R、藤田は変わらず左アッパーボディ、左ストレートカウンターをヒットし試合をコントロールしていた。しかし、藤田もパンチの大振りが目立つ。藤田はラウンド中盤に左右フックで攻めこむと、SEPAHVANDIにかわされ右フックを被弾した。足がふらつきダメージをおったが、体を寄せてしのぎ、終盤には接近戦からの左右ボディアッパー、顔面への左右フックで反撃しラウンドが終了した。
3R、2Rにパンチを被弾した影響はなく、SEPAHVANDIの攻撃をかわしながら左ストレートカウンター、左アッパーボディ、左右フックで攻撃をしかける。SEPAHVANDIも応戦するが、藤田の早い出入りについてこれない。このラウンドは、藤田が常に主導権を握り終了した。29-28(10-9,9-10,10-9)、29-28(10-9,9-10,10-9)、29-27(10-9,9-10,10-8)3-0のポイント勝ちであった。

 藤田は2R、ラウンドの主導権は握りクリーンヒットの数も上回っていたかに見えたが、中盤にSEPAHVANDIの右フックを被弾しダメージをおったことからジャッジ3氏ともに9-10となっていた。10点方マストシステムとなったことによる採点結果である。ラウンドを支配することよりも、相手にいかにダメージを与えジャッジにアピールするかが重要になってくると思われる。
 藤田はダメージをおったが、その後、すぐに反撃し、最終ラウンドは一方的に試合を進めた。藤田の底力を見ることが出来た試合だった。

L 級 成松大介 対 MAMAKEEV Meder KGZ(キルギスタン)
1R、成松はプレスをかけながらワンツーストレートから右フックのコンビネーションで先手を取る。MAMAKEEVも必死に右ストレートで反撃を試みるが、常に成松が主導権を握ったままラウンドが終了した。
2R、1Rと同様に成松が主導権を握りラウンドが進む。ワンツーストレートからの右フック、左アッパーボディからの右フックとコンビネーションを駆使し攻め立てる。MAMAKEEVの右ストレートに合わせて左ストレートカウンターもヒットし完全にラウンドを支配していたが、決定打にかけたままラウンドが終了した。
3R、成松が完全に主導権を握り攻撃をし、左右ボディアッパーから顔面への左右フック、ワンツーストレートからの右フックとポイントを重ねる。MAMAKEEVは疲れが見える中、右ストレートを放ち必死に反撃してくる。最終ラウンドも常に成松が主導権を握り終了した。3ジャッジ、全ラウンド10-9、30-27、3-0のポイント勝ちであった。
国際大会の経験が浅い成松だが、非常に落ち着いた試合展開を見せ、完勝であった。

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について⑥(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について⑥(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
LF級柏 崎 刀 翔293-028×MUNGUN-ERDENE Gandulam(モンゴル)
3027
2928
B 級藤 田 健 児303-027×SULTONOV Rafik UZB(ウズベキスタン)
3027
3027
L 級成 松 大 介×280-329ARDEE Saylom THA(タイ)
2829
2829
LW 級井 上 浩 樹×280-329SAKENOV Ermek(キルギスタン)
2730
2829

4 試合組合せ(準決勝) 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔ZHUSSUPOV Temertas(カザフスタン)7月7日20時頃
B 級藤 田 健 児ALKASBEH Obada JOR(ヨルダン)7月7日20時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)

5 試合報告
LF 級 柏崎刀翔 対 MUNGUN-ERDENE Gandulam MGL(モンゴル)
1R、柏崎は開始早々から積極的に攻撃する。ワンツーストレート、左右フックをヒットし優位に進める。しかし、攻撃後にガードが下がったところにMUNGUN-ERDENEの左右ストレートを被弾し、一進一退のラウンドとなる。
2R、柏崎はプレスを強め手数を出しコンビネーションブローで攻め立てる。MUNGUN-ERDENEも下がりながら手を出し応戦するが、スタミナが切れてきたのか、柏崎の攻撃にロープを背負う場面が多くなる。柏崎は攻撃の手を休めず、柏崎優勢のラウンドとなった。
3R、柏崎は左右ストレートの連打で攻撃。MUNGUN-ERDENEは疲れが見え、接近戦での揉み合いが多くなる。柏崎はアグレッシブに左右フック、左右ボディアッパーをヒットし、優位にラウンドを進め、試合終了となった。29-28,30-27,29-28,3-0のポイント勝ちであった。
柏崎は手を休めず、常に攻撃の姿勢を崩さず試合を進め、素晴らしい戦いであった。この勝利により3位以上が確定し、初の国際大会で初のメダルが確定した。

B 級 藤田健児 対 SULTONOV Rafik UZB(ウズベキスタン)
1R、藤田はフェイント、ステップワークでSULTONOVの攻撃を空転させ、左ボディアッパー、右フック、右ボディストレートをヒットし、優位にラウンドを進めた。藤田優勢のラウンドであった。
2R、1R同様にフェイント、ステップワークでSULTONOVを翻弄する。左ボディアッパー、接近戦での左右フック、左右ボディアッパーをヒットし、完全に主導権を握りラウンドを進める。SULTONOVも必死に反撃してくるが、藤田はパンチの被弾を許さず、更に追撃し完全にラウンドを支配し終了。
3R、藤田は変わらずフェイント、ステップワークを駆使し試合をコントロールする。ワンツーストレート、左ボディアッパー、左右フックをヒットし、ポイントを重ねる。SULTONOVは変わらず左右フックを強振し攻撃してくるが藤田はパンチを被弾することなく、試合終了となった。3ジャッジ、全ラウンド10-9、30-27、3-0のポイント勝ちであった。
藤田は常に主導権を握り試合を進めた。藤田の能力を十分に発揮した素晴らしい戦いであった。この勝利により3位以上が確定。メダルが確定した。

L 級 成松大介 対 ARDEE Saylom THA(タイ)
1R、成松はガードを固めプレスをかけるが、ARDEEも下がりながらも右ストレートをヒットし応戦する。成松は左ボディアッパー、左右フックをヒットするが、一進一退の攻防が続く。ARDEEは執拗にホールド、プッシングを繰り返す。
2R、成松は同じくガードを固め、プレスをかけ攻撃を繰り返す。ARDEEも下がりながらも右ストレートを放ち応戦する。成松は接近戦で左右ボディアッパー、左右フックをヒットするが、ARDEEは同じく執拗にホールド、プッシングを繰り返す。しかし、レフリーは注意を与えず、逆に成松にホールドの注意を与えた。
3R、一進一退の攻防が続くなか、同様に成松はガードを固めアグレッシブに攻めて出る。ARDEEも下がりながらも右ストレートをヒットするが、ARDEEは執拗にホールド、プッシングを繰り返す。成松がプッシングにより、倒れる場面が何度もあったが、相変わらずレフリーは注意を与えない。しかし、成松は気持ちを切らすことなく、最後までアグレッシブに攻め続け、試合終了となった。成松は善戦したが、28-29(9-10,9-10,10-9)、28-29(10-9,9-10,9-10)、28-29(9-10,9-10,10-9)0-3のポイント負けであった。
明らかにARDEEのホールド、プッシングがあり、成松もアピールしたが、一回も注意を与えなかった。
今大会、揉み合いになる場面が多いが、相手のプレスに対し引くことなく、アグレッシブに攻めるか、同じようにクリンチワークを駆使し、やり過ごすことも大事な戦略の一つであると思われる。

LW 級 井上浩樹 対 SAKENOV Ermek KGZ(キルギスタン)
1R、井上はガードを固めプレスをかける。SAKENOVは長身から左右ストレートを放つが、井上の強打を警戒してか、それほど攻撃してこない。井上もSAKENOVも手数が少なく、クリーンヒットが少ないままラウンドが終了した。
2R、井上は同様にガードを固めプレスをかけるが、攻撃に転ずることが出来ない。SAKENOVは1Rよりも積極的に攻撃してきた。井上はSAKENOVの攻撃を受ける場面が多くなる。お互い、ほとんどクリーンヒットがないままラウンドが終了した。
3R、井上はガードを固めプレスをかけるが、相変わらずSAKENOVの攻撃を受ける場面が多く、手が出ずポイントを奪うことができない。SAKENOVは井上のガードの上からでもパンチを放ち勝利への執念を見せ、攻撃をした後、すぐに井上に体を預け、井上のパンチを被弾しないよう動いていた。井上はラウンド終盤1R、2Rよりもアグレッシブに攻めてでるが、中々パンチをヒットすることが出来ずに試合終了となった。28-29,27-30,28-29,0-3のポイント負けであった。
井上は手が出ず、消極的になってしまった。SAKENOVより井上のポテンシャルが上回っていただけに、悔やまれる敗戦となった。

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

ASBCアジア選手権大会 派遣について⑦(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について⑦(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果  (準決勝
階 級氏  名試合結果対戦相手
LF級柏 崎 刀 翔×270-330ZHUSSUPOV Temertas(カザフスタン)
2730
2730
B 級藤 田 健 児×270-330ALKASBEH Obada JOR(ヨルダン)
2829
2730

柏崎選手,藤田選手は銅メダルを獲得いたしました。

4 試合報告
LF 級 柏崎刀翔 対 Z HUSSUPOV Temertas KAZ(カザフスタン)
1R、柏崎は左ジャブ、左右ストレートで積極 的に攻撃する。ZHUSSUPOVは柏崎の攻撃に 対し下がりながらも右ストレートカウンター をヒットする。柏崎は攻撃後にZHUSSUPOV のパンチを被弾する場面があり厳しいラウン ドとなる。 2R、柏崎はプレスをかけ左右ストレートで積 極的に攻撃する。揉み合いの中で手数を出し 攻撃したいが、中々パンチを放つ事が出来な い。柏崎は揉み合いからの離れ際に右スト レートをヒットするが、ZHUSSUPOVも下が りながらも右ストレートカウンター、左フッ クを多用し応戦する。一進一退のラウンドと なる。 3R、柏崎は積極的に攻撃するが、入り際に ZHUSSUPOVの右ストレートカウンターを、 下がりながらの右ストレートカウンター、左 フックを被弾する。揉み合いの中で、パンチ を放つ事が出来ずに優勢度をアピールするこ とが出来ずに、試合終了となった。3ジャッ ジ、全ラウンド9-10、27-30、0-3のポイント 負けであった。 柏崎はプレスをかけ積極的に攻撃するもはっ きりとしたパンチをヒットすることが出来ず にアピール不足であった。また、攻撃後にパ ンチを被弾する場面があり厳しい戦いであっ た。 しかし、今大会が初の国際大会であり銅メダ ルを獲得した事は称賛に値する。今大会の経 験を生かし、今後の更なる活躍を期待した い。

B 級 藤田健児 対 ALKASBEH Obada JOR(ヨルダン)

1R、藤田は開始早々左ボディアッパー、左ス トレートカウンターをヒットし優位にラウン ドを進める。ALKASBEHはプレスをかけて前 に出てくる。藤田はALKASBEHの執拗なプッ シングに苦しむが明確なヒットは与えない。 藤田のラウンドか。 2R、ALKASBEHがガードを固めプレスをかけ てくる。これに藤田は体力を消耗したのか手 が出なくなる。その後、揉み合いになる場面 が多くなり、ALKASBEHは執拗にプッシン グ、ヘッドの反則を繰り返すが、レフリーは 注意を与えない。これで藤田はリズムを崩 し、厳しいラウンドとなった。 3R、藤田は接近戦で手が出ない。ALKASBEH は執拗にプッシング、ヘッドの反則を繰り返 す。相変わらずレフリーは注意を与えない。 藤田も必死に反撃を試みるが、ロープを背負 う場面が多くなり、パンチをヒットすること が出来ずに、試合終了となった。 ポイントは、9-10,9-10,9-10の27-30、10-9,9-10,9-10の28-29、9-10,9-10,9-10の27-30、0-3のポイント負けであった。この敗戦 により藤田の銅メダルが確定した。 ALKASBEHは執拗にプッシングを繰り返すだ けで、明確なヒットがなかったが勝利した。 藤田のポテンシャルは高いが、ALKASBEHの 執拗なプッシング、ヘッドに対し、集中力を 欠き力を充分に発揮できなかったことは否め ない。 どのような相手、場面にあっても最大限の力 を発揮できるよう集中力を持って試合に望む 事が重要である。 また、新ルールとなり揉み合い、プッシン グ、ホールド等が増えている。対策として、 ボディーワーク、サイドステップ、接近戦で の攻防の修得は急務であり必要不可欠である と考える。

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR