女子世界選手権大会について(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について(お知らせ)


 標記のことにつきまして,派遣選手団をお知らせいたします。


 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)
           11月16日(日)公式抽選会

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 派遣選手団

役 職氏  名備  考
監   督樋 山    茂日本連盟常務理事・JOCオリンピック強化コーチ
コ ー チ竹 田 益 朗奈良県連盟理事・JOC強化コーチ

階 級氏 名所 属
LF和 田 まどか(芦屋大学)
釘 宮 智 子(芦屋大学・職員)
藤 野 ちなせ(平成国際大学)
山 崎 静 代(吉本クリエイティブエージェンシー)
  


以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について(報告)


 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)
           11月16日(日)公式抽選会

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合組合せ
階 級氏 名対戦相手国試合日
LF和 田 まどかドイツ18日
釘 宮 智 子ニュージーランド17日
藤 野 ちなせフィンランドorモンゴル18日
山 崎 静 代エジプト19日
  


以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について①(報告)


 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合結果及び試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合結果
階級氏名試合結果対戦相手
釘宮 智子3-0LALLU Sunita(ニュージーランド)

 4 試合内容
 『釘宮智子 対 LALLU Sunita(ニュージーランド)』
 サウスポー釘宮智子(芦屋大学教員)対オーソドックス、ニュ-ジーランドは、1Rリードを使ってプレッシャーをかける釘宮に対して、頭を振りながらチャンスを伺うニュ-ジーランドであるが、身長差の有る釘宮のリードストレートが当たり、リードストレートからの左ロングアッパーがボディに打ち込まれると、ニュ-ジーランド効いたのか動きが止まる。そのまま、一方的な攻めでゴング。

2R開始と共に攻める釘宮に対して、ニュ-ジーランド防戦一方になる。相手の右ストレートをサイドに外して、釘宮の左ストレートからの右フックが当たり、レフリー一回目のスタンティングダウンを取る。釘宮、猛然とダッシュするが相手は防戦一方であるがなかなかダウンを取らないままゴング。


3Rも同じ展開で、一方的な釘宮の攻撃のまま、何回かダウンを取ってもおかしくないままゴング。


4R、倒しに行く釘宮に対して、最後の反撃を試みるニュージーランドであるが、レベルの違いを見せつけてゴングが鳴る。
   
 5 試合組合せ
階 級氏 名対戦相手国試合日
LF和 田 まどかSTARK Anne Marie(ドイツ)18日
釘 宮 智 子GORDINI Terry(イタリア)19日
藤 野 ちなせPOTKONEN Mira(フィンランド)18日
山 崎 静 代ABDELHAMID Rana(エジプト)19日
  


以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について②(報告)


 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合結果及び試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合結果
階級氏名試合結果対戦相手
LF和田 まどか3-0STARK Anne Marie(ドイツ)
藤野 ちなせ0-3POTKONEN Mira(フィンランド)

 4 試合内容
『和田まどか 対 STARK Anne Marie(ドイツ)
LF級サウスポー和田まどか(芦屋大学)対オーソドックスで、世界ランキング7位のドイツは、1R両者リードで探り合いから始まるが、和田が最初にリードからの左ストレートを当てて主導権を取ると、そのまま和田ペースでドイツの反撃を許さず
ヒットアンドアウェイでラウンドを制す。

2Rも、
開始と共に和田がリードからの上下へのコンビネーションで攻めると、ドイツも右ストレートを狙って来るが、すぐさま外して左ストレートから右ロングフックで反撃し、このラウンドも終始和田ペース。

3Rも、リードを当てて和田がペースを掴むと、
ドイツ焦って大振りして来る。そこを逃さず、サイドへ外して左ストレートカウンターパンチを叩き込むと、レフリー一回目のスタンティングダウンを取る。ドイツも打ち返してくるが、再度和田の左ストレートからの右フックを受け、二度目のスタンティングダウン。最後まで和田連打するがドイツゴングに救われる。
『藤野ちなせ 対 POTKONEN Mira(フィンランド)
L級オーソドックス藤野ちなせ(平成国際大学)は、同じくオーソドックスのフィンランドに、1R開始から打ち合いになる。パワーに勝る、フィンランドはワンツーストレートを打ち込んで来る。藤野も負けじとワンツーストレートで反撃するが、パワーで押し込んで来る。両者打ち合いの中ゴング。ややフィンランドが有利のラウンド。

2Rも、前へ出て打ち合ってくるフィンランドに対して、
左に回りながらリードでチャンスを伺う藤野であるが、フィンランドの強引なまでのワンツーストレート打ち込みが、徐々に藤野の顔面を捉えフィンランドのペースになる。藤野もリードからのワンツーストレートから左フックを返すが決定打にはならず、そのままゴング。このラウンドもフィンランドのポイント。

3R藤野も反撃するが、逆にフィンランドのカンターを受ける。
ここでレフリーがスタンティングダウンを取るが、タイミングだけで効いたパンチでは無かったので、藤野も反撃し打ち合いになる。そのままゴング。このラウンドもフィンランド。

4Rも同じ展開になり、
フィンランドがパワフルなワンツーストレートを打ち込んで来るのに対して、藤野も打ち合いになり反撃するが、パワーの差が有り、なかなか藤野のペースに持ち込めないままゴングを迎える。このラウンドもフィンランドで、3対0のフルマークでフィンランドのWP勝ち。二者が40対35、一人が34で藤野の負けであったが、体格・パワーの差に負けじと打ち合った藤野の頑張りを誉めてあげたい。






 5 試合組合せ
階 級氏 名対戦相手国試合日
LF和 田 まどかKNYAZ Nataliya(ウクライナ)20日
釘 宮 智 子GORDINI Terry(イタリア)19日
山 崎 静 代ABDELHAMID Rana(エジプト)19日
  
 6 備  考
山 型 表
ライトフライ級フライ級バンタム級フェザー級
ライト級ライトウェルター級ウェルター級ミドル級
ライトヘビー級ヘビー級








以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について③(報告)


 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合結果及び試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合結果
階級氏名試合結果対戦相手
釘宮 智子0-3GORDINI Terry(イタリア)
山﨑 静代0-3ABDELHAMID Rana(エジプト)


 5 試合組合せ
階 級氏 名対戦相手国試合日
LF和 田 まどかKNYAZ Nataliya(ウクライナ)20日
  
 6 備  考
山 型 表
ライトフライ級フライ級バンタム級フェザー級
ライト級ライトウェルター級ウェルター級ミドル級
ライトヘビー級ヘビー級


以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について④(報告)


 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合結果及び試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合結果
階級氏 名試合結果対戦相手
LF和田 まどか2-0KNYAZ Nataliya(ウクライナ)


 5 試合組合せ
階 級氏 名対戦相手国試合日
LF和 田 まどかISAEVA Zoia(ロシア)21日
  
 6 備  考
山 型 表
ライトフライ級フライ級バンタム級フェザー級
ライト級ライトウェルター級ウェルター級ミドル級
ライトヘビー級ヘビー級


以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について⑤(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について⑤(報告)

 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合結果及び試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合結果
階級氏 名試合結果対戦相手
LF和田 まどか3-0ISAEVA Zoia(ロシア)
   ※銅メダル以上が確定いたしました。


 5 試合組合せ
階 級氏 名対戦相手国試合日
LF和 田 まどかKYZAIBAY Nazym(カザフスタン)23日
  
 6 備  考
山 型 表
ライトフライ級フライ級バンタム級フェザー級
ライト級ライトウェルター級ウェルター級ミドル級
ライトヘビー級ヘビー級


以  上

文責 梅下新介

女子世界選手権大会について⑥(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明


女子世界選手権大会について⑥(報告)

 標記のことにつきまして,樋山監督より,試合結果及び試合の組み合わせをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。

 1 派遣期間  11月13日(木)~25日(火) 
   競技期間  11月16日(日)~24日(月)

 2 大会場所  韓国・済州島  

 3 試合結果
階級氏 名試合結果対戦相手
LF和田 まどか0-3KYZAIBAY Nazym(カザフスタン)
  ※和田選手は,日本女子史上初,銅メダルを
   獲得いたしました。


 4 備  考
山 型 表
ライトフライ級フライ級バンタム級フェザー級
ライト級ライトウェルター級ウェルター級ミドル級
ライトヘビー級ヘビー級


以  上

文責 梅下新介
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR