ASBCアジアユース選手権大会について(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について(お知らせ)

 標記のことについて,下記のとおり,選手団が派遣されますので,お知らせいたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 日本選手団
派遣役員
役  職氏  名備  考
監  督高見 公明 王寺工業高校・日本連盟理事・JOC強化スタッフ
コ ー チ小山田 裕二 駒澤大学・東京都連盟理事・JOC強化スタッフ
コ ー チ曽根崎 武吉 千葉県連盟理事・JOC強化スタッフ
コ ー チ長嶺 秀昭 日章学園高校・宮崎県連盟理事・JOC強化スタッフ
コ ー チ川島 弘行 作新学院高校・栃木県連盟理事・JOC強化スタッフ
ドクター相澤  徹 アジア連盟医事委員・日本連盟医事委員・JOC強化スタッフ

国際審判員
役  職氏  名備  考
国際審判員佐々木 靖孝 AIBAツースター審判員・関西連盟審判委員長

出場選手
階級氏 名
所  属
LF級松本 圭佑みなと総合高校
F 級堤  駿斗習志野高校
B 級今永 虎雅王寺工業高校
L 級齋藤 麗王日章学園高校
LW級荒本 一成王寺工業高校
W 級黒柳  禅作新学院高校
M 級新城 奈津芦屋大学


4 備  考  選手団は4月28日~30日まで,直前合宿を行いました。

 KIMG0044.jpg
 


以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について①(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について①(お知らせ)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組合せが決定いたしましので,お知らせいたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
LF級松本 圭佑DZHANSEITOV S(キルギス)2日
18時~
F 級堤  駿斗KUZIEV R(ウズベキスタン)3日
14時~
B 級今永 虎雅BIN KHADER ALI MOHAMED TH(シンガポール)3日
14時~
L 級齋藤 麗王KAIKYEV M(キルギス)3日
19時~
LW級荒本 一成URALOV Zryodbek(ウズベキスタン)3日
14時~
W 級黒柳  禅QIAN Xiang(中国)5日
19時~
M 級新城 奈津KAN Chia-Wei(台湾)2日
18時~


4 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)

 
 


以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について③(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(3日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
F 級堤  駿斗3-0KUZIEV R(ウズベキスタン)
B 級今永 虎雅1R TKO2'09"BIN KHADER ALI MOHAMED TH(シンガポール)
L 級齋藤 麗王2-1KAIKYEV M(キルギス)
LW級荒本 一成0-3URALOV Zryodbek(ウズベキスタン)

4 試合戦評(3日)
52kg級 堤 駿斗 対 ウズベキスタン
1R
堤は左ジャブから右ストレート、右ボディアッパーをヒットし、試合をコントロールする。相手は打たれながらも前に出て来る。これを左フックで回し、右ストレート、右ボディアッパーをヒットする。完全にこのラウンドを支配する。堤のラウンド。
2R
堤は1R同様に左ジャブを多用し、右ストレート、右ボディアッパーをヒットする。時折ロープ、コーナーに詰めてパンチをまとめてヒットし、完全にこのラウンドも支配する。堤のラウンド。
3R
堤は相変わらず先手を取り左ジャブ、右ストレート、右ボディアッパーをヒットする。相手も必死に反撃を試みるが、堤はパンチを被弾する事なくやり過ごす。堤は更に勝負を自分の物にしようと最後まで攻撃し続け、試合終了。
30-27のユナニマスデシジョン3-0、WP勝ちであった。
強豪国ウズベキスタンに対し、臆する事なく素晴らしい戦いをした。次戦もこの勢いを持って戦い勝利することを期待する。次戦に勝利すればメダル確定となる。
次戦は明日5月4日、14時~ 3試合目 対CHN(中国)


56kg級 今永 虎雄 対 シンガポール
1R
今永は開始からジャブ、左ストレート、返しの右フックをヒットする。その後も立て続けに有効打をヒットし、右フックでノックダウンを奪う。今永はこのチャンスを逃さず攻め続け左ストレートでスタンディングダウンを奪う。開始後も手を休めずスタンディングダウンを奪い快勝であった。1R TKO 2'09”
今永のポテンシャルを如何なく発揮し、日本チームに初勝利を挙げてくれた。この勢いで次戦の中国戦も突破してもらいたい。
次戦は5月5日、14時~ 4試合目 対CHN(中国)


52kg級 齋藤 麗王 対 キルギス
1R
斎藤は開始から積極的に攻撃を仕掛け、右ストレート、左フックをヒットする。相手の攻撃をほとんどブロック、ウェービングでかわし被弾しない。完全に斎藤がこのラウンドを支配する。斎藤のラウンド。
2R
相手が劣勢を挽回しようと激しく攻撃を仕掛けてくる。それに対し斎藤は力みからかパンチが雑になり、打ち終わりに細かいパンチを被弾してしまう。それでも斎藤の右ストレート、左フックが何度かヒットする。斎藤のラウンドか。
3R
お互いが勝負とみて激しい攻防となる。斎藤は疲れからか2R同様に攻撃が雑になる。しかし、要所で右ストレート、左フックをヒットする。それに対し相手も反撃し、斎藤も細かいパンチを被弾してしまう。一進一退の攻防が続く中、試合終了。斎藤のラウンドか。
結果は29-28、28-29、30-27のスプリットデシジョン2-1のWP勝ちであった。
斎藤は打ち終わりにパンチを被弾したり、接近戦で体を預けてしまうなど悪い癖が出たが常に先手を取り、主導権を握り試合を進めた。次戦でもハイパフォーマンスを発揮してくれる事を期待したい。次戦に勝利すればメダル確定となる。
次戦は明日5月4日、14時~ 5試合目 対IND(インド)


64kg級 荒本 一成 対 ウズベキスタン
1R
開始からお互いに見合う時間が長い。荒本も中々手を出せない。中盤に差し掛かり、荒本は右ストレートから左フック、接近戦での左右ボディアッパーをヒットする。しかし長続きしない。相手も反撃し、ペースを譲らない。荒本のラウンドか。
2R
1R同様に荒本は中々攻撃に転ずることが出来ず、相手に先手を許し、後手にまわる場面が増える。接近戦でもみ合いになりバランスを崩したり、入り際に頭を下げるなど、荒本の反則が目立つ。荒本は後手にまわるっていることから、中々パンチをヒットする事が出来ない。荒本はラウンド終盤にヘッドでワーニングを受けてしまう。相手のラウンドか。
3R
荒本は相変わらず中々攻撃に転ずることが出来ない。相手にも疲れが見えるが、攻めきる事が出来ない。要所で右ストレート、左フックをヒットするが長続きせず、もつれ合う中で体制を崩す場面も見られた。お互いにクリーンヒットが無い中試合終了。相手のラウンドか。
26-30、27-29、27-29の0-3WP負けであった。
いつもの荒本の動きではなく、積極性に欠ける試合であった。反則でワーニングを受けた事はしっかりと反省し、この経験を無駄にする事なく次戦での活躍を期待したい。




5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗中国4日
14時~
B 級今永 虎雅中国5日
14時~
L 級齋藤 麗王インド4日
14時~
W 級黒柳  禅QIAN Xiang(中国)5日
19時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)



以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について②(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(2日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
LF級松本 圭佑0-3DZHANSEITOV S(キルギス)
M 級新城 奈津1R TKOKAN Chia-Wei(台湾)

4 試合戦評(2日)
49kg級 松本 圭佑 対 DZHANSEITOV S(キルギス)
1R
序盤より松本が長い距離からの強い左リード、ワンツーをヒットさせる。また、距離を詰めてくる相手の出鼻に右カウンターをあわせ、終始ラウンドを支配する。完全に松本のラウンドか。

2R
相手はプレスを強め距離がつまり始める。
松本に多少疲れが出始め、足が止まり体が流れるところをヒットされるシーンも。リードがへり、接近戦から離れ際に軽くではあるがパンチを被弾する場面も。ラウンドの終盤に何のパンチを被弾したか分からないような状況でスタンディングダウンを奪われる。相手のラウンドか。

3R
相手に疲れが見えはじめ、逆に松本の上下の打ち分けがヒットする。前半ペースをつかみかけるが、相手も必死にプレスを強めてくる。しかし、松本は有効打を奪い、ラウンドを支配する。ラウンド終了間際、接近戦からの離れ際に、これも何のパンチを被弾したか分からないような状況でスタンディングダウンを奪われ、試合終了。

スタンディングダウンは奪われたが、ラウンドを支配していたのは松本かと思われたが、結果は相手が支持されており、ジャッジ3者ともに28-29の0-3WP負けであった。
全体的に主導権を握り、試合を進めていただけに非常に勿体無い敗戦であった。松本はバランスを崩す場面が多く見られた。今回の敗戦を無駄にする事なく、今後に生かし飛躍してもらいたい。

75kg級 新城 圭 対 KAN Chia-Wei(台湾)
1R
ゴングと同時に新城が頭を振り積極的に前に出るも、相手はそれを冷静にバックステップで外しリターンを的確にヒットさせてくる。
それでも臆することなく、頭を振りながらの左ストレート、左ロングフックで仕掛けていくも、展開を変えることが出来ない。
中盤、最初のスタンディングダウンをとられると、相手がプレスを強めてくる。新城も必死に反撃を試みるが後手になり、相手のパンチを被弾する場面が増える。終盤に相手の右ストレートを被弾後、連打され2度めのスタンディングダウンを奪われ1R・TKO負けとなる。

相手の技術レベルの高さが目だった試合となってしまったが、フィジカルと気持ちでは一歩も引かなかった新城には今後に期待したい。

5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗KUZIEV R(ウズベキスタン)3日
14時~
B 級今永 虎雅BIN KHADER ALI MOHAMED TH(シンガポール)3日
14時~
L 級齋藤 麗王KAIKYEV M(キルギス)3日
19時~
LW級荒本 一成URALOV Zryodbek(ウズベキスタン)3日
14時~
W 級黒柳  禅QIAN Xiang(中国)5日
19時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)



以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(4日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
F 級堤  駿斗2-1中国
L 級齋藤 麗王0-3インド

4 試合戦評(4日)
52kg級 堤 駿斗 対 中国
1R
堤は開始から左ジャブ、右ストレート、左右ボディアッパーをヒットし、主導権を握る。相手は必死に前に出てくるが、堤はそれをいなし接近戦からの離れ際に左ジャブ、ワンツーストレートをヒットする。堤のラウンド。

2R
相手は更にプレスを強めてくる。堤は左ジャブ、右ストレート、左右ボディアッパーをヒットし対抗する。堤は少し疲れからか足が止まってしまい、押し込まれる場面もあったが、要所でサイドステップからのボディアッパーをヒットしラウンドを支配する。堤のラウンドか。

3R
堤は1、2R同様に接近戦からサイドステップし左右ボディアッパーをヒットする。相手も疲れが見え手数が減る中、堤の連打がヒットする。完全にこのラウンドも堤が支配する中、試合終了。
結果はWP勝ちであったが、意外にも30-27、29-28、28-29の2-1スプリットデシジョンであった。

堤はこの勝利により、メダルを確定させた。次戦は強豪国カザフスタン相手であるが、堤のポテンシャルを持ってすれば十二分に勝利を得られる。違う色のメダル獲得となることを大いに期待したい。
次戦は5月7日準決勝 19時~ 2試合目 対KAZ(カザフスタン)





52kg級 齋藤 麗王 対 インド
1R
開始から相手が左右ストレート、左右フックを放ち攻めてくる。斎藤はガードを固めプレスをかけるが、中々パンチを放つことが出来ない。次第に相手のパンチがヒットし始め、ラウンド中盤に右ストレートをクリーンヒットされてしまう。中々波に乗れないままラウンド終了。相手のラウンドか。

2R
斎藤は1Rの劣勢を挽回すべく、更にプレスをかける。相手も1R同様に攻撃してくる。中盤に差し掛かり相手に疲労が見える中、斎藤が左ボディアッパー、左フック、右ストレートがヒットし、相手の動きを止める。斎藤は更に畳み掛けるようにパンチをまとめる中、ラウンド終了。斎藤のラウンドか。

3R
斎藤は変わらずガードを固めプレスをかける。左フック、左ボディアッパー、右ストレートをヒットし、相手の動きを止める。ロープに追い込み連打をまとめ完全にこのラウンドを支配る中、試合終了。

1Rの劣勢を挽回し、斎藤の勝利かと思われたが、結果は28-29、28-29、27-30のユナニマスデシジョン0-3、WP負けであった。
決して勝てない相手ではなかっただけに、1Rの出だしが悪く、取られてしまった事が悔やまれる。斎藤は非常に高いポテンシャルを持っている。今回の悔しさを忘れず、更なる飛躍を期待したい。


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗準々決勝
カザフスタン7日
19時~
B 級今永 虎雅中国5日
14時~
W 級黒柳  禅QIAN Xiang(中国)5日
19時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)

以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について⑤(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について⑤(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(5日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
B 級今永 虎雅3-0中国
W 級黒柳  禅2-1中国

4 試合戦評(5日)
56kg級 今永 虎雅 対 中国
1R
今永はサウスポースタイルから右ジャブ、左ストレートをヒットし開始から相手を圧倒する。オーソドックスの相手も必死に右フックを強振してくるが、今永が絶妙な距離感を保ちヒットを許さない。ラウンド中盤に今永が左を放とうとした際に相手が右フックを放ちクリーンヒットはしていないが、今永がバランスを崩し、スタンディングダウンを奪われてしまう。しかし、今永は落ち着きを持って対処し、逆に左ストレートをヒットし相手をダウン寸前に追い込む。今永のラウンド。

2R
今永は相手の強振する右フックを警戒してか中々打っていけない。しかし、しっかりとした距離感を保ち左ストレートをヒットしていく。相手はパンチを放つが、今永はほとんど空を切らせ被弾しない。ラウンド終盤に強烈な左ストレートをヒットしスタンディングダウンを奪い返す。完全に今永のラウンド。

3R
少し疲れの見える今永は接近戦を許してしまうが、離れ際に左ストレート、右フックをヒットし、相変わらず試合をコントロールしていく。相手も疲れが見える。今永はほとんどパンチを被弾することなく、最後まで攻め続け、試合終了。
30-27、29-28、30-27、ユナニマスデシジョン3-0のWP勝ち。メダルを確定させた!

今永は自分の距離を保ち得意の左ストレートを再三ヒットし素晴らしい戦いをしてくれた。次戦、準決勝の相手はキルギス。良い色のメダル獲得に向けて今日以上のファイトを期待したい。
次戦は5月7日、14時~ 4試合目 対KGZ(キルギス)




69kg級 黒柳  禅 対 中国
1R
国際大会初戦の黒柳は、開始早々は固さが目立つが、黒柳の距離で右ストレートが決まり始めると徐々に固さも取れてくる。サウスポースタイルの中国も右ストレートを外しての左ストレートを狙うも届かない。黒柳が主導権を握ったままラウンド終了。黒柳のラウンドか。

2R
中国はプレスを強め、距離を潰しに来る。それを黒柳が左ストレート、左ロングフックで距離をキープし、右カウンターで迎え撃つ展開が続く。しかし、終了間際に相手の左ストレートを被打する場面も。黒柳のラウンドか。

3R
黒柳の距離で試合が進むも、お互いに疲れが見え始め接近戦での攻防が多くなるなか、黒柳は的確に左ボディをヒットさせる。ラスト1分からは、黒柳の勝ちにこだわる執念が、完全に相手を上回り、黒柳ペースの中終了のゴング!!
完勝かと思われたが、30-27、29-28、27-30、スプリットデシジョン2-1のWP勝ちであった。

黒柳は初の国際大会で緊張もある中、最後まで攻め続け勝利をものにした。次戦の準決勝は強豪ウズベキスタンだが、違う色のメダルを目指し、全力でぶつかってほしい。
次戦は5月7日準決勝 19時~ 5試合目 対UZB(ウズベキスタン)


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗準決勝
カザフスタン7日
19時~
B 級今永 虎雅準決勝キルギス7日
14時~
W 級黒柳  禅準決勝ウズベキスタン7日
19時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)

以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について⑥(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について⑥(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(7日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
F 級堤  駿斗2ー1 カザフスタン
B 級今永 虎雅TBDキルギス
W 級黒柳  禅0ー3ウズベキスタン

今永選手,黒柳選手は銅メダルを獲得いたしました。

4 試合戦評(7日)
52kg級 堤  駿斗 対 カザフスタン
1R
堤は開始からサウスポースタイルの相手に対し、左ジャブ、右ボディアッパーを何度もヒットし主導権を握る。相手も地元の応援を背にしつこく攻めてくるが、堤は左フックをヒットしサイドステップでかわす。堤のラウンド。

2R
堤は1R同様に左ジャブを多用し、左右ストレート、右ボディアッパーをヒットし、完全に試合をコントロールする。しかし、後半に少し疲れが見え足が止まり、相手の攻撃を許す場面も見られるが、被弾を許さない。堤のラウンドか。

3R
堤は相変わらず左ジャブを多用し、試合をコントロールする。相手も必死に攻撃を仕掛けるが、堤は被弾を許さず、逆に接近戦からの左ボディアッパーをヒットする。堤は疲れを見せながらも最後まで攻撃し続け、試合終了。
完勝の内容であったが、意外にも29-28、30-27、28-29の2-1スプリットデシジョンであった。
堤は地元の強豪国カザフスタン相手に素晴らしい戦いをし、決勝進出を決めた。堤の力を持ってすれば、間違いなく金メダルを獲得するものと信じている。
次戦、決勝戦は5月8日 14時~ 2試合目 対KOR(韓国)


56kg級 今永 虎雅 対 キルギス
1R
今永は相手のプレスに押され、得意の左ストレートを放つが、後手になってしまう。相手は細かい連打を放ち最後まで攻め続ける。相手のラウンドか。

2R
今永は劣勢を挽回しようと左右連打で攻める。しかし、1R同様に相手のプレスに押され、中々リズムをつかめない。何度か左ストレートがヒットするが、打ち終わりを狙われパンチを被弾する。相手のラウンドか。

3R
後がない今永は、必死に手を出し挽回をはかる。しかし、相手も今永の打ち終わりを狙い攻めてくる。お互い疲れが見える中、今永はローベッドを注意される。今永は最後まで諦めず攻め続けるが、中々クリーンヒットを奪えない。お互いに攻撃の手を緩めることなく、試合終了。

結果は27-30、28-29、27-30、ユナニマスデシジョン0-3のWP負けであった。
敗戦により銅メダルが確定した。
今永はいつもの自分の距離で戦う事が出来ずに、後手になる場面が多かった。悔しい敗戦となった。この悔しさを忘れる事なく、今後に生かし活躍してくれる事を期待したい。


69kg級 黒柳  禅 対 中国
1R
黒柳は硬さが見え、中々攻撃に転ずる事が出来ない。相手は左右フックを強振してくる。黒柳は左ジャブ、右ストレートで対抗するが、自分の距離で戦う事が出来ず、ホールドの注意を受ける。相手のラウンドか。

2R
黒柳は劣勢を挽回すべく、左ジャブ、右ストレートを時折ヒットする。しかし、1R同様に相手のパワーに押され、中々自分の距離で戦う事が出来ない。接近戦でも中々攻撃する事が出来ない。相手のラウンドか。

3R
黒柳は積極的に手を出し、挽回を図る。相手も疲れが見える。黒柳の左ジャブ、右ストレート、左ボディアッパーが時折ヒットするが、入り際に右ストレートを何度かクリーンヒットされ、苦しい時間が続く。しかし、黒柳は最後まで諦める事なく手を出し続け、試合終了。
27-30のユナニマスデシジョン0-3のWP負けであった。この敗戦により、黒柳の銅メダルが確定した。
黒柳は初の国際大会であったが、銅メダル獲得と健闘してくれた。黒柳は体が小さくフィジカルの面でかなり相手に劣っていたように思う。この経験を糧に、69kg級の体作りをし、更に飛躍してくれる事を大いに期待したい。


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗決勝
韓 国8日
-時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)

以 上

文責 佐藤征治

ASBCアジアユース選手権大会について⑦(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について⑦(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(決勝)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
F 級堤  駿斗2ー1 韓国


堤選手は本大会優勝を果たし,金メダルを獲得いたしました。
4 試合戦評(決勝)
52kg級 堤  駿斗 対 韓 国
1R
堤はいつものように左ジャブを出しながら試合を組み立てる。サウスポースタイルの相手は左右フックを出しながら攻撃してくる。堤は左ジャブのあと右ボディアッパー、右ストレートに繋げたいが、相手が距離を詰めヒット出来ない。それでも堤は接近戦で左右ボディアッパーをヒットし、印象づける。堤のラウンドか。

2R
堤は連戦の疲れからか足が止まる場面があり、相手に先手を許す。左ジャブも思うようにヒット出来ず、ロングレンジでパンチをヒットする事が出来ない。それでも1R同様に接近戦で左右ボディアッパーをヒットし、相手の体がくの字になる。その後も攻撃の手を緩める事なく攻め続ける。堤のラウンドか。

3R
両者ともに疲れが見える中、堤は左ジャブを放つも思うように距離を作れない。相手も必死に左右フックを放ち攻めてくる。堤も必死に接近戦からサイドステップ、左右ボディアッパーをヒットし応戦する。しかし、相手の動き、手数の方が勝り苦しい時間が続く。それでも堤は、ラウンド後半に主導権を取り戻そうと必死に反撃し、左右連打を放ちパンチをヒットする。激しい攻防が続く中、試合終了。

結果は、29-28、28-29、29-28の2-1スプリットデシジョン2-1のWP勝ち。金メダル獲得となった!!

堤は初戦に強豪国ウズベキスタン(今大会6階級で決勝進出)に勝利。準決勝で同じく強豪国カザフスタン(今大会7階級で決勝進出)に素晴らしい戦いをし、決勝進出。決して平坦な山ではなかったが、持ち味を存分に発揮し金メダルを獲得した。2020年に開催される東京オリンピック、そしてその先のオリンピックで活躍が期待される年代である堤の活躍は非常に明るい材料である。この結果を自信に、更なる飛躍を期待したい。


以 上

文責 佐藤征治
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR