2015 アジア選手権大会について⑥(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 アジア選手権大会について⑥(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を小山田コーチ,石原コーチ,平野コーチより,ご連絡いただきましたので、ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 8月26日(水)~9月6日(日)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3  試合結果(9月1日)
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
LF 級坪井 智也0-3DUSMATOV Hasanboy(ウズベキスタン)
LW級川内 将嗣0-3GHOSSON Ahmad(シリア)


4 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手試合日
L成松 大介NGUYEN VAN Hai(ベトナム)9/2
W鈴木 康弘TAJIMOV Timur (トルクメニスタン)9/2

試合時間
試合日時第1試合開始
(日本時間)
選手試合順
9/2 夜20:00~成松選手 3試合目(20:30頃)
鈴木選手 5試合目(20:50頃)
 
   アジア選手権大会試合LIVE中継 (youtubeへリンク)


5 試合内容報告(9/1)
3回戦
坪井 智也 選手 対 ウズベキスタン
1ラウンド
坪井は左右ストレート連打で積極的に攻める。相手は坪井の打ち終わりを狙い、左右フックで対抗する展開。坪井は積極的に攻めるが中々クリーヒットを奪えない。相手は下がりながらも左右フックをヒットする。

2ラウンド
1ラウンドと同様、坪井は積極的に攻める。坪井の積極的な攻めで、相手は体力を消耗し疲れが見え始めホールド、ローヘッドが目立つ。坪井は相手をロープに詰め、連打で攻め続ける。

3ラウンド
坪井は左右連打で積極的に攻め続ける。相手は体力の消耗からか、2ラウンド同様にホールド、ローヘッドが目立つが、下がりながらも左右フックで対抗する。坪井は最後まで休むことなく攻め続け、終了。
26-30、27-30、27-30、0-3のWP負けであった。
坪井は常に先手を取って積極的に攻め続けた。世界選手権の出場権は、坪井に勝利したウズベキスタンが決勝進出すれば獲得となる。今大会で得た課題を克服し、更にレベルアップする事を期待したい。

3回戦
川内 将嗣 選手 対 シリア
1ラウンド
開始早々から、川内のジャブがクリーンヒットし試合の主導権を握る。川内の懐の深さと軽快なフットワークの前に相手は川内を捕らえることが出来ない。中盤に入って、相手が強引に入って来る所を左ストレートや左ストレートボディーがカウンターとなり、川内の優勢が決定となる。川内のラウンド。

2ラウンド
1ラウンドと同様な流れで試合が進むが、1ラウンドと比べて川内のジャブが出ない。それに乗じて、相手がプレッシャーを増しながら、攻撃を仕掛けて来るが川内は冷静に対処してクリーンヒットを許さないとともに時折、効果的なカウンターをヒットさせたり、シャープなワン・ツーをヒットさせる。相手の攻勢もあったがクリーンヒットの数の多さで川内のラウンドか。

3ラウンド
最終ラウンドに入り、相手が捨て身の猛攻をしかけてくる(頭が危なかった)川内は冷静に対処するが疲労と相手の猛攻で少しもて余す。猛攻を仕掛けたことと、川内の手数が減っていたこともあり、相手のラウンドか。
28-29、27-30、28-29、0-3WP負けであった。
試合全般を通じて、流れとペースはあったように感じたが結果は逆であった。クリーンヒットの数で川内が勝りながらも、常に前進しながら、強引なアタック、再三仕掛けた相手の攻勢点がジャッジに評価されたか。相手よりもクリーンヒットの数やボクシングスキルで上まりながら若干、2ラウンドから待ちのボクシングであったことが敗因に繋がったか。

以  上

文責 佐藤征治

2015 アジア選手権大会について⑦(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 アジア選手権大会について⑦(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を小山田コーチ,石原コーチ,平野コーチより,ご連絡いただきましたので、ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 8月26日(水)~9月6日(日)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3  試合結果(9月2日)
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
L 級成松 大介2-1NGUYEN VAN Hai(ベトナム)
W級鈴木 康弘3-0TAJIMOV Timur (トルクメニスタン)
  成松選手,鈴木選手は世界選手権大会への出場権を獲得いたしました。

4 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手試合日
L級成松 大介SAFIULLIN Zakir(カザフスタン)9/4
W級鈴木 康弘MARCIAL EumirFelix Delos Santoas(フィリピン)9/4

試合時間
試合日時第1試合開始
(日本時間)
選手試合順
9/4 昼17:00~成松選手 4試合目
鈴木選手 6試合目

   アジア選手権大会試合LIVE中継 (youtubeへリンク)


5 試合内容報告(9/2)
3回戦
成松 大介 選手 対 ベトナム
1ラウンド
成松は、オーソドックスの相手に対し、ジャブ、左ボディで仕掛ける。相手の右ストレートに反撃で左ストレートをヒットさせる。

2ラウンド
成松は、出入りのフットワークから積極的に仕掛け、負けじと攻撃してくる相手に対し、左ストレート、上下へのコンビネーションで相手を抑え、後半は追撃を加え確実にポイントを奪う。

3ラウンド
捨て身で力強いパンチを打ってくる相手にフットワークと回転の早い攻撃、追撃で対応しラウンドを支配。
28-29、30-27、30-27、2-1のスプリットデシジョンでWP勝ちし、メダル確定及び世界選手権大会出場権を獲得した。
1人のジャッジが28-29で相手の勝ちにしているが、各大会のジャッジの評価基準も分析、対策し、次の試合、世界選手権の資とし、日本選手の活躍に繋げたい。

3回戦
鈴木 康弘 選手 対 トルクメニスタン
1ラウンド
序盤、鈴木は軽快なフットワークで相手の攻撃を見切り、右ジャブでラウンドをコントロールする。鈴木優勢。

2ラウンド
ようやく、鈴木本来のキレのあるコンビネーションが出始め、完全に鈴木ペースとなる。相手もなんとか中に入ろうとするが、鈴木はロープ際で上手く捌き、クリーヒットを許さない。途中、強烈な左カウンターで相手をぐらつかせる場面もあり、完全に鈴木優勢。

3ラウンド
鈴木は、更にピッチをあげ右ジャブ、左ストレートで試合を優勢に運ぶ。最後まで相手のクリーンヒットを1発も許さず、30-27、29-28、30-26、3-0WPで勝利した。
この勝利により、メダルと世界選手権への出場を確定させた。鈴木は初戦に比べ、本来の動きを取り戻し相手を寄せ付けなかった。準決勝においても、恵まれた体を生かし、ポテンシャルの高さを十二分に発揮する事を期待したい。

以  上

文責 佐藤征治

2015 アジア選手権大会について⑧(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 アジア選手権大会について⑧(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を小山田コーチ,石原コーチ,平野コーチより,ご連絡いただきましたので、ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 8月26日(水)~9月6日(日)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3  試合結果(9月4日準決勝)
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
L 級成松 大介0-3SAFIULLIN Zakir(カザフスタン)
W級鈴木 康弘1-2MARCIAL EumirFelix Delos Santoas(フィリピン)
  成松選手,鈴木選手は銅メダルを獲得いたしました。


   アジア選手権大会試合LIVE中継 (youtubeへリンク)


5 試合内容報告(9/4)
準決勝
成松 大介 選手 対 カザフスタン
1ラウンド
成松は序盤、距離を探りながら左ボディー、左フックで仕掛けていくがクリーンヒットまでは奪えない。相手は手数で仕掛けてくるのに対し、成松はしっかりブロックするものの反撃に繋がらない。相手優勢か。

2ラウンド
成松は、ワンツーストレートを主に攻めるが上手く攻撃をかわされ、なかなか捕まえることができない。ラウンド終盤、成松の左ストレートが相手の頭を跳ね上げる場面があったがラウンドを握るまでに至らない。相手優勢か。

3ラウンド
成松は、負傷している右を使い始め右ジャブ、ワンツーフック、左ボディーをヒットさせラウンドを優勢に運ぶ。相手も多彩な動きで反撃に出てくるがなんとか押し切る形でラウンド終了。成松優勢。28-29、27-30、28-29、0-3WPでカザフスタンの手があがった。
成松は右拳を負傷し万全の状態ではない中、素晴らしい戦いをした。強豪国カザフスタンであったが決して勝てない相手ではなかっただけに、万全でなかった事が悔やまれる。今大会の経験を生かし、世界選手権で活躍してくれる事を大いに期待したい。

準決勝
鈴木 康弘 選手 対 フィリピン
1ラウンド
開始から鈴木の動きが軽快。相手を中心に軽やかなフットワークからのジャブがことごとくクリーンヒット。相手のアタックに対しても冷静にバックステップやサークリングで対処してヒットさせない。中盤過ぎにはワンツーフックを痛打させたり、ミドルレンジからストレートをクリーンヒットさせるなど、完全にペースを握る。鈴木のラウンド。

2ラウンド
1ラウンドを取られていると認識した相手が、開始早々から猛然とアタックを仕掛けてくる。鈴木は冷静に対応するが、相手の勢いがそれを上回り、流れが相手に傾きかける。ミドルレンジでの戦いでは、鈴木に分があるが、クロスレンジの戦いになると相手の攻勢を許してしまう。また、クリンチした際にも動きが固かった為、相手が攻勢を取っているように見えてしまう。最後までその流れは変わらず、相手のラウンドか。

3ラウンド
最終ラウンドになり、鈴木もこのラウンドを取らないと勝てないと思い、開始からストレートを繰り出す。ミドルレンジからの鈴木の攻撃とクロスレンジでの相手の攻勢が交互に入れ替わるような展開の中、鈴木のストレートの方がクリーンヒットしている。互いが攻守を交代させる流れの中でも鈴木のストレートが時折、クリーンヒットする展開の中で終了。鈴木のラウンドか。1ラウンド鈴木、2ラウンド相手、3ラウンド鈴木で鈴木の決勝進出ではと思われたが、28-29、29-28、27-30で相手を支持した。
正直、27-30の内容では無かったし、鈴木が勝った内容であったので、非情に悔やまれた。メダル獲得と世界選手権への出場権を獲得したことを励みにし、今後に繋げて貰いたい。



以  上

文責 佐藤征治

2015 AIBAジュニア選手権大会について(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 AIBAジュニア選手権大会について(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,AIBAジュニア選手権大会選手団のご紹介を行わせていただきます。また,試合組み合わせ及び,試合結果を樋山監督,曽根崎コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 9月4日(金)~9月12日(土)

2 試合国名  サンクトペテルブルグ(ロシア)

3 日本選手団
2015AIBAジュニア選手権大会 派遣役員
役職氏  名備  考
監 督樋山  茂 AIBA3スターコーチ・日本連盟ジュニア強化委員長
ヘッドコーチ高見 公明 AIBA3スターコーチ・JOC強化コーチ
コーチ海藤  晃 JOC強化コーチ・日本連盟理事
コーチ長嶺 秀明 JOC強化コーチ・宮崎県連盟理事
コーチ曽根崎 武吉 JOC強化コーチ・千葉県連盟理事


2015AIBAジュニア選手権大会 出場選手
階級氏 名
所  属
46kg級穴口 一輝芦屋学園
48kg級田村 拓実崇徳高校
50kg級松本 圭佑みなと総合高校
52kg級中垣 龍汰朗日章学園高校
54kg級堤  駿斗習志野高校
57kg級今永 虎雄王寺工業高校
63kg級荒本 一成王寺工業高校
70kg級秋山 直人花咲徳栄高校


4  試合結果

9月4日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
57kg級今永 虎雄3-0Kim junhyoung (韓国)

9月5日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
50kg級松本 圭佑1-2ブルガリア
57kg級今永 虎雄1-2モロッコ
63kg級荒本 一成1-2アルメニア

5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
46kg級穴口 一輝GAfurov Dzhanshedzhon (タジキスタン)9/6
48kg級田村 拓実カザフスタンorウクライナ9/8
52kg級中垣 龍汰朗Piskunov Nikata(ロシア)9/7
54kg級堤  駿斗中国orトルコ9/6
70kg級秋山 直人Mataele Sosiua Joshua(トンガ)9/6




以  上

文責 佐藤征治

2015 AIBAジュニア選手権大会について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 AIBAジュニア選手権大会について②(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,AIBAジュニア選手権大会選手団のご紹介を行わせていただきます。また,試合組み合わせ及び,試合結果を樋山監督,曽根崎コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 9月4日(金)~9月12日(土)

2 試合国名  サンクトペテルブルグ(ロシア)

3  試合結果
9月6日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
46kg級穴口 一輝3-0GAFUROV Dzhanshedzhon (タジキスタン)
54kg級堤  駿斗1-2OTCH Ahmet(トルコ)
70kg級秋山 直人0-3MATAELE Sosiua Joshua(トンガ)


9月7日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
52kg級中垣 龍汰朗0-3Piskunov Nikata(ロシア)


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
46kg級穴口 一輝PROBERT James Nathan(ウェールズ)9/8
48kg級田村 拓実ウクライナ9/8



以  上

文責 佐藤征治

2015 AIBAジュニア選手権大会について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 AIBAジュニア選手権大会について③(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を樋山監督,曽根崎コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 9月4日(金)~9月12日(土)

2 試合国名  サンクトペテルブルグ(ロシア)

3  試合結果
9月8日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
46kg級穴口 一輝0-3PROBERT James Nathan(ウェールズ)
48kg級田村 拓実3-0DEMIANENKO Artem(ウクライナ)


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
48kg級田村 拓実ロシア9/11


以  上

文責 佐藤征治

平成27年度 第85回全日本選手権​大会 日本連盟推薦選​手について(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長    山  根    明

平成27年度 第85回全日本選手権​大会
日本連盟推薦選​手について②(お知らせ)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,日本連盟推薦選手として,下記の選手が選出されましたので,お知らせいたします。


 1 推薦選手  フライ級 馬場 龍成(東洋大学)

 2 推薦選手一覧( PDF )
2015全日本日本連盟推薦 

 各都道府県におきまして,全日本選手権大会の各都道府県予選の申し込みが始まっております。
 また,来月には各都道府県連盟の予選が始まります。
 つきましては,各都道府県大会及びブロック大会が始まる前に,日本連盟推薦基準を全国に周知することにより, 各都道府県連盟内及び各ブロック大会での申し込みがスムーズにいくこと,また,より多くの選手がチャンスを得て,よりレベルの高い全日本選手権大会になることが考えられるため。

日本連盟 推薦基準
 ① 前年度 全日本選手権大会 優勝者(規定とおり)
 ② 前年度 国民体育大会 成年の部 優勝者
 ③ 今年度 関東大学リーグ戦 5戦全勝者
 ④ 今年度 関西大学リーグ戦 5戦全勝者
 ⑤ 今年度 関東大学リーグ戦 階級賞受賞者
 ⑥ 上記以外の選手で日本連盟が推薦する者

以  上

文責 佐藤征治

2015 AIBAジュニア選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 AIBAジュニア選手権大会について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果を樋山監督,曽根崎コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 9月4日(金)~9月12日(土)

2 試合国名  サンクトペテルブルグ(ロシア)

3  試合結果
9月8日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
48kg級田村 拓実0-3ロシア


以  上

文責 佐藤征治

平成27年度 第85回全日本選手権​大会 日本連盟推薦選​手について③(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長    山  根    明

平成27年度 第85回全日本選手権​大会
日本連盟推薦選​手について③(お知らせ)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,日本連盟特別推薦選手として,下記の選手が選出されましたので,お知らせいたします。


 1 推薦選手  LW級 高橋 拓磨(東洋大学)

 2 推薦選手一覧( PDF )

2015全日本日本連盟推薦


; 各都道府県におきまして,全日本選手権大会の各都道府県予選の申し込みが始まっております。
 また,来月には各都道府県連盟の予選が始まります。
 つきましては,各都道府県大会及びブロック大会が始まる前に,日本連盟推薦基準を全国に周知することにより, 各都道府県連盟内及び各ブロック大会での申し込みがスムーズにいくこと,また,より多くの選手がチャンスを得て,よりレベルの高い全日本選手権大会になることが考えられるため。

日本連盟 推薦基準
 ① 前年度 全日本選手権大会 優勝者(規定とおり)
 ② 前年度 国民体育大会 成年の部 優勝者
 ③ 今年度 関東大学リーグ戦 5戦全勝者
 ④ 今年度 関西大学リーグ戦 5戦全勝者
 ⑤ 今年度 関東大学リーグ戦 階級賞受賞者
 ⑥ 上記以外の選手で日本連盟が推薦する者

以  上

文責 佐藤征治

2015 AIBAジュニア選手権大会 戦評について(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 AIBAジュニア選手権大会 戦評について(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山監督,曽根崎コーチよりいただいた,試合戦評をまとめさせていただきましたので,ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 9月4日(金)~9月12日(土)

2 試合国名  サンクトペテルブルグ(ロシア)

3  試合内容報告
9月4日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手国戦評
57kg級今永 虎雄3-0韓 国PDF

9月5日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手国戦評
50kg級松本 圭佑1-2ブルガリアPDF
57kg級今永 虎雄1-2モロッコPDF
63kg級荒本 一成1-2アルメニアPDF

9月6日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手国戦評
46kg級穴口 一輝3-0タジキスタンPDF
54kg級堤  駿斗1-2トルコPDF
70kg級秋山 直人0-3トンガPDF

9月7日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手国戦評
52kg級中垣 龍汰朗0-3ロシアPDF

9月8日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手国戦評
46kg級穴口 一輝0-3ウェールズPDF
48kg級田村 拓実3-0ウクライナPDF

9月11日 試合結果
階級氏  名試合結果
対戦相手国戦評
48kg級田村 拓実0-3ロシアPDF

4 総 括
 今回の世界ジュニア選手権大会は、インターハイを終えて、殆どが6月のアジアジュニア選手権大会(ウズベキスタン)のメンバーで、ジュニアのベストチームで臨みました。
 事前合宿が、各ブロックの国体予選(ミニ国体)の関係で行えませんでしたので、時差6時間と言う事を考えて4、5日前にサンクトペテルブルクに入って時差調整等をしたかったが、ビザ取得や飛行機の関係でどうしても二日前の夜にしか現地に入れなかった。
 メンバーとしては、世界のトップレベルでもあるアジア地区で、52キロ級チャンピオン中垣選手、57キロ級今永選手、63キロ級荒本選手の二人が準優勝、50キロ級松本選手が3位と、世界レベルの選手を中心にメンバーが組めました。
 今回の組合せ抽選も、決して良くはなかったが、上位を目指すには、その壁を越えなければ強い選手にはなれない。
ジュニア、ユース、エリートを見ても、山根明会長体制になってからの日本は、オリンピックも含め、各大会で金、銀、銅を獲得しており、常に世界のトップ10に近い位置に有ると言える。
 今大会を見ても、48キロ級5位田村選手は準々決勝で、優勝選手ロシアと接戦。ロシア以外で有れば、上位入賞間違いなかったと言える。
52キロ級アジアジュニア選手権チャンピオンの中垣選手も、二回戦に今大会優勝選手ロシアと対戦していなければ上位入賞も狙える位置にいたと思える。
48キロ級代表で唯一中学生の穴口選手も、旧ソ連のタジキスタンに3対0で勝ち、ベスト16で3位入賞者ウェールズと接戦し、僅差で敗れる。
50キロ級でアジアジュニア選手権3位の松本選手は、一回戦でヨーロッパのブルガリアに1対2の接戦で敗れる。
54キロ級堤選手も二回戦でヨーロッパのトルコに、勝っていた内容が1対2の惜敗。トルコは5位。
57キロ級今永選手も、一回戦は韓国に勝ち、二回戦で、これも勝ちを疑わなかったモロッコ戦で、まさかの1対2の判定で敗れる。この階級は、アジアジュニア選手権チャンピオンで、今永に決勝で2対1で勝ったウズベキスタンが優勝。3位の二人も、今永に負けているタイとキリギスタンであった。
63キロアジアジュニア選手権準優勝の荒本選手も、一回戦でアルメニアに勝ったと思われる試合が、1対2の判定で敗れると言う予想外の敗戦。
この階級のチャンピオンも、荒本選手に決勝で勝ったアジアジュニア選手権チャンピオンのウズベキスタンであった。
決勝戦が終わってみて、感じた事であるが、少しの差が世界との大きな差に成る事を通関しました。
ジャッジにアピールするボクシング。
その為には、リードストレートやワンツーストレートを強く打ち込む
パンチと、力強いパンチを発揮出来る、リードからのロングフックとロングアッパーを打ち込むコンビネーション。
昨年9月に、山根会長に指名して頂き受験した、AIBA主催のAPB、WSBのコーチ試験(カザフスタン、AIBAアカディミー)の、講義や実技で講師から何度も言われていた、『パワフルボクシング!ストロングパンチ!』『小手先の手打ちはダメ!』と再三言われていたが、昨年のアジア大会以降、女子世界選手権、今年の女子アジア選手権や、今回の世界ジュニア選手権でも、コーチや審判員に取り入れられている事が再確認出来ました!
この事は、山根会長も以前から言われていた『小手先のパンチはポイントにならない!』と言う事を。
今後は、日本の指導者全体に徹底して行かなかればならないと、強く感じました。
今大会の優勝者は、ロシアが5階級、ウズベキスタン、が2階級、キューバ、アメリカ、カザフスタン、トルコ、ルーマニア、アゼルバイジャンが1階級と、ロシアがダントツに強かったのと、旧ソ連圏が強かった。

以  上

文責 佐藤征治
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR