FC2ブログ

カザフスタン共和国大統領杯について(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

カザフスタン共和国大統領杯について(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,派遣選手団をご紹介いたしますと共に,須佐コーチより試合組合せ,試合結果をいただきましたので,併せてご報告させていただきます。


1 派遣期間  平成30年6月3日(日)~12日(火)
  大会期間  平成30年6月5日(火)~10日(日)

2 試合国名  カザフスタン共和国(アスタナ市)

3 派遣選手団
役  職氏  名備  考
監 督本 博国 AIBA1スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ・日連常務理事
 (強化委員長代行)・自衛隊体育学校
コーチ平野 義幸 JOCボクシング強化スタッフ・自衛隊体育学校
コーチ須佐 勝明 JOCボクシング強化スタッフ・自衛隊体育学校
国際
審判員
佐々木 靖孝 AIBA3スター審判員・日本連盟理事(審判委員会)
 

階級氏名所属
LF級坪井 智也
自衛隊体育学校
F級馬場 龍成
自衛隊体育学校
L級藤田 健児
自衛隊体育学校
LW級成松 大介
自衛隊体育学校
W級金城 大明
自衛隊体育学校
女子 F級晝田 瑞希
自衛隊体育学校
女子 Fe級並木 月海
自衛隊体育学校


4 試合結果
【5日】
階級氏名試合結果対戦相手国
LF級坪井 智也WP
1-4
カザフスタン
LW級成松 大介WP
2-3
カザフスタン
W級金城 大明 WP
0-5
カザフスタン

【6日】
階級氏名試合結果対戦相手(国)
L 級藤田 健児WP
1-4
カザフスタン
女子 F級晝田 瑞希WP
0-5
トルクメニスタン

【7日】
階級氏名試合結果対戦相手(国)
F 級馬場 龍成WP
3-2
カザフスタン

【8日】
階級氏名試合結果対戦相手(国)
女子 F級晝田 瑞希WP
5-0
カザフスタン
世界選手権 銀メダリスト
女子 Fe級並木 月海WP
5-0
インド

【9日】
階 級
氏名
試合結果
対戦相手国
F 級
馬場 龍成
WP
カザフスタン
女子F級
晝田 瑞希
WP
カザフスタン
女子Fe級並木 月海
WP
カザフスタン


【10日】
階 級
氏名
試合結果
対戦相手国
女子F級
晝田 瑞希
WP
2-3
カザフスタン
女子Fe級並木 月海
WP
3-2
タイ

馬場選手は銅メダル,晝田選手は銀メダル,並木選手は金メダルを獲得いたしました。

以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

公益財団法人ミズノスポーツ振興財団からの助成金の授与について(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山  根   明

公益財団法人ミズノスポーツ振興財団からの
助成金の授与について(報告)

 標記のことにつきまして,公益財団法人ミズノスポーツ振興財団様より,本連盟に対し,選手強化及び競技力向上を願い,助成金の授与をいただきましたので,ご報告させていただきます。


 1 日 時   平成30年 6月12日 16時~16時半  

 2 会 場   (一社)日本ボクシング連盟 大阪事務局

 3 訪問者
所 属 ・ 役 職氏  名
 公益財団法人ミズノスポーツ振興財団 専務理事 鶴岡 秀樹 氏 
 公益財団法人ミズノスポーツ振興財団 事務局次長 澤井 文彦 氏
 ミズノ株式会社 コンペティションスポーツ事業部 事業販促部 部長 鳴尾 幸治郎 氏
 ミズノ株式会社 コンペティションスポーツ事業部 事業販促部 課長 折田 恵一 氏

以  上



山根会長へ(公財)ミズノスポーツ振興財団 専務理事 鶴岡 秀樹 氏より贈呈

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

グローブ及びリングの件

各都道府県ボクシング連盟 御中

一般社団法人日本ボクシング連盟
会   長        山 根  明
会長代行兼会計理事 森正 耕太郎
副会長兼専務理事   吉森 照夫

グローブ及びリングの件

 5月27日の総会時に質問のあったグローブその他の件に関し、6月3日緊急理事会を開催し、次の通り確認しましたのでお知らせします。

1.日本連盟は世界連盟との良好な関係を考慮し、アディダス社製の
  グローブを使用することを決めたものであること。

2.日本連盟の検定品としてアディダス社製グローブを販売する業者として、
  理事会の承認のもとで杉スポーツを選択したこと。
  杉スポーツは連盟や会長から独立した業者であり、連盟は杉スポーツから
  毎年相当額の検定料を受領していること。

3.上記検定品の販売を要望するスポーツ用品販売業者は、以前ウィニングが
  行っていたように、杉スポーツとの契約により、アディダス社製グローブを
  販売することは妨げないものであること。

4.競技用以外の使用目的で、検定品でないアディダス社製グローブを仕入れ
  これを販売し、使用したりすることには何らの問題もないこと。

5.日本連盟はリングについては株式会社ウエサカティー・イーを専属販売業者とし、
  同会社は国際競技用も可能なリングを販売し、日本連盟は同社より相当額の
  検定料を取得していること。
  国内競技のみ使用可能なリングとしては、以前は上記会社以外の業者も
  取り扱いをしていたが、今は上記会社のみであること。

6.各検定料の金額を決めるについては、(特にグローブについては)しばしば不良品が
  あること、在庫品保管料、人件費、その他諸経費及び企業利益を考慮して総合的に
  算出するものであり、日本連盟は今後とも業者との交渉により合理的な検定料を
  検討していくものとすること。
 (尚、過去の決算書によると平成24年以降毎年200~300万円前後の検定料収入が
  計上されている。)

7.平成29年度決算書に記載の高校選抜大会の大会費が助成金額の150万円より
  20万円多額であった件は、同大会時に開催したUJボクシング講習会に関する
  経費であったこと。

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

重要連絡事項

都道府県ボクシング連盟 会長 殿

一般社団法人日本ボクシング連盟
会     長    山 根   明
副会長兼会長代行 森正 耕太郎
副会長兼専務理事  吉森 照 夫

重要連絡事項

拝啓 向暑の候を迎え貴連盟の皆様におかれましては益々ご健勝にてご活躍のことと心からお慶び申し上げます。平素はボクシング競技の普及発展に格別のご尽力を賜りまして厚く御礼申し上げます。
扨て、既に貴連盟宛に対して一部地方連盟の方々より山根明会長を誹謗中傷し、会長に対する退会要求書に賛同を求めるメールが届いている事と拝察致します。(以下同書面を誹謗文書と言います。)

誹謗文書が退会理由として指摘する内容は下記の2点です。
①公式グローブの不透明な販売方法、利益詐取疑惑
②山根会長やその他一部の役員が数々の不正経理に関わっている事実
①については、先日5月27日の総会で、宮崎県の菊池氏からの質問とこれに対する会長の答弁に関連することと思われます。
この指摘については、日本連盟としても看過できないことと考え、1週後の6月3日開催の緊急理事会で検討し、同月11日付で全国都道府県連盟にお知らせした通りです。
なお、総会時に会長より「(例え)会長であっても、グローブ販売をしてはいけない理由はない」との趣旨の発言があり、皆様の誤解を招いたかもしれませんが、これは職業(営業)の自由の一般論の例え話として述べたものです。あくまでも杉スポーツは、会長個人でも会長が支配する企業でもなく、全くの第三者です。(仮に会長の関連会社が販売しようという場合には、日本連盟との利害が反しないよう、厳格な手続きがない限り、不可能であり、それはありえないことです。)
なお、6月11日付の説明文でも記載したように、検定品販売に参入希望の業者があるときは検討対象とします。このようにグローブ等販売については、今後とも公正の維持に務めていきます。これらの点は誤解なきよう宜しくご理解ください。

②については、全く抽象的な指摘であり、何を言わんとするか理解できません。
ところが、誹謗文書では「既に不正行為をスポーツ施策に影響を持つ有力者やマスコミに伝え済みであり、早晩山根会長と日本連盟に厳しい処分がある」と断言し、さも不正行為が事実であるかのような言辞を弄し、各都道府県連盟に退会要求に署名押印するよう求めています。
しかし、それは全くの虚偽です。
万一、そのような事実関係があったのであるならば、当局はまず第一番に日本連盟に対し、照会ないし調査又はそれに続く指導等があって然るべきですが、今迄そのようなことは一切ありません。よって、上記断言は、全くの虚言なのです。このような虚言に惑わされてはいけません。

次に上記虚言に基づく今般の要求行動の動機について説明します。
総会時に山根会長からも説明があったように、誹謗中傷の中心人物は山根会長に対し、マスコミ記事を止める代わりに自分を含む4人の人を理事にするよう要求しているのです。同人は樋山総務委員長にも同旨のことを述べています。
しかし、そもそも理事選任は総会において議決権者の総意で決めるものであり、会長にはその権限はありません。しかも「マスコミ報道を抑えるから理事を認めろ」とは一体どういうことですか。これでは脅かしではありませんか。
このような暴挙と虚言に惑わされてはなりません。これらに対しては、今後然るべき断固たる手段により対処すべく準備中です。

東京オリンピック間近の大事な時期の暴挙に心が痛みますが、日本連盟は何があっても微動だにしません。着々と準備を進めております。
JOCからは、ブログ等々による日本連盟に対する誹謗中傷には何の理由のないことについて理解をいただき、連盟の運営全般及び現体制に理解と支持をいただいています。ご安心ください。
そして東京オリンピックを控えまして命を懸けている選手やコーチ、国体やインターハイを目指して日々練習に明け暮れている子供たちの心を大切にし、選手達を守ってあげようではありませんか。
貴連盟の常識あるご判断及び日本連盟に対する変わらぬ信頼をお願いする次第です。


敬具

中傷文書について

都道府県ボクシング連盟 御中

一般社団法人日本ボクシング連盟
事務局長  佐藤 征治

中傷文書について

 山根会長を中傷する文書を送り、各都道府県連盟に意見を求めている件ですが、これは少数の者による私人としてのアンケートですので、各都道府県連盟による回答は義務ではなく、任意です。したがって、ご回答しなくても良いのです。
 ご回答することは自由ですが、その場合回答内容によっては厳しい責任を伴います。
 誤解ないよう念の為、ご連絡致しました。
 なお、日本ボクシング連盟は上記中傷文書で何の揺るぎも致しません。
 滞りなく本年度の計画を実行してまいります。
 どうぞご安心下さい。


以  上

文責 内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

大阪を震源とした地震について

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

大阪を震源とした地震について

 本日の朝,丁度通勤,通学の時間帯に大阪北部を震源地とする地震が発生致しました。
 3名の尊い命が犠牲になられました。慎んで哀悼の意を表する次第です。
 又300名を超える怪我人が出た模様で心よりお見舞い申し上げます。
 ライフラインや交通機関への影響も出て一部住民の方は避難所に避難している状況です。
 今後の余震への不安を残しながら普段の生活を取り戻すべく官民あげて懸命の努力がされています。
 そのような状況の中,私のもとに全国の方々より電話やメールを頂き,大変ご心配をおかけ致しました。
 関西圏に住まれておられます役員の皆様は、今後の余震も懸念されますので備えを万全にして下さい。
 取り急ぎ現況の報告と皆様からの心温まるお気遣いに感謝の意を表する次第です。

以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

第1回国際ボクシングデイトーナメントについて(お知らせ)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

第1回国際ボクシングデイトーナメントについて(お知らせ)

 標記のことにつきまして,ロシアボクシング連盟が,全世界より7か国を選抜し国際大会を開催いたします。
 ロシアをはじめ,キューバ,カザフスタン,ウズベキスタンという強豪国に並び,日本もその招待をいただきましたので,下記のとおり,ご報告させていただきます。



1試合期間  2018年7月21日~26日

2 試 合 国  サンクトペテルブルグ(ロシア)

3備   考
 以下原文(抜粋)
Dear sport Friends!

Russian Boxing Federation is pleased to invite your YOUTH team to take part in the 1st International Boxing Day Tournament in St. Petersburg, Russia 21-26 July 2018.

This Tournament will bring together the best boxers from 7 countries:
- Cuba
- Japan
- Kazakhstan
- Uzbekistan
- Iran
- France
- Russia


Accommodation with full board for all Team Delegations will be covered by Organizers.

This Tournament will be the great place to prepare for the AIBA Youth Men & Women World Boxing Championships 2018. We would like to invite athletes which have attained quota places for upcoming AIBA Youth Men & Women World Boxing Championships 2018.


以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

タイ国際トーナメントについて①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

タイ国際トーナメント(旧キングスカップ)について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,派遣選手団をご紹介いたします。
 また,樋山茂監督より試合組合せ,試合結果をいただきましたので,併せてご報告させていただきます。


1 派遣期間  平成30年6月27日(水)~7月7日(土)
  大会期間  平成30年6月28日(木)~7月6日(金)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3 派遣選手団
役  職氏  名備  考
監 督樋山 茂 AIBA3スターコーチ(APB・WSB)・JOCオリンピック強化スタッフ
 日本連盟総務委員長・芦屋大学
コーチ本 博国 AIBA1スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ・日本連盟常務理事
 (強化委員長代行)・自衛隊体育学校
コーチ竹田 益朗 AIBA1スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
 味の素ナショナルトレーニングセンターボクシング専任コーチ
 
階級氏名所属
LF級松本 流星
日本大学
F級中垣 龍汰朗
東京農業大学
B級北浦 龍馬
東京農業大学
L級木村 蓮太朗
東洋大学
LW級秋山 佑汰
自衛隊体育学校
W級平仲 信裕
芦屋大学


4 試合結果(試合戦評)
  【30日】
階級氏名試合結果対戦相手(国)
LW級秋山 佑汰RSC
2R
ミャンマー
1R
ミャンマー選手はオーソドックスのかなりリーチが長いロングレンチのワン ツーの右が強いタイプの選手。
秋山は開始そうそうから作戦どうりに1Rからポイントを奪う覚悟で速いリードパンチからストレートにつなぎ距離を取りながらもコンビネーションをつなぎロープ側に詰めて見栄えを良くしながら相手の長い右ストレートをかわし 警戒しながら手数で上回る事に徹した。
10ー9 秋山

2R
ある程度、相手の力量を見極め
秋山は開始そうそうからフェイントを入れながらのコンビネーションでロープ側につめながらショートパンチの連打を浴びせた。それをミャンマーがサイドステップでかわそうと左に回り込もうとした所に秋山の右フックがテンプルに炸裂。ミャンマーが ガクッと腰が落ちたところで レフリーがカウントをいれた。カウント8で試合続行。秋山も追撃をしたいがミャンマーも後退しながらも強いワンツーで抵抗し秋山も1発狙いの単発になりかける。
クリンチぎわに
秋山のショートストレートの左の3連発が当たったところでミャンマーは戦意喪失気味になり秋山がロープにつめて連打をしたところで2度目のカウントが入る。再度カウント8で試合続行。秋山は慌てず距離を取りながらも左ストレート、右フックを決め完全に試合を支配。ラウンド終了間際にレフリーが試合をストップ!
2R RS C
戦評 竹田

5 試合組合せ
階級氏名対戦相手国対戦日
LF級松本 流星
フィリピン
7/2
F級中垣 龍汰朗
タイ(Cチーム)
7/1
B級北浦 龍馬
ラオス
7/2
L級木村 蓮太朗
モーリシャスORヨルダン
7/1
LW級秋山 佑汰
タイ(Bチーム)
7/2
W級平仲 信裕
イラン
7/1

 以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR