オリンピック最終予選について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

オリンピック最終予選について③(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,山本ヘッドコーチ,村橋コーチ,平野コーチより,試合結果及び戦評,次戦の組合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 6月13日(月)~6月27日(月)
  試合期間  平成28年 6月14日(火)~6月26日(日)


2 試合国名  バクー(アゼルバイジャン)

3 試合結果(17日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国名)
LW級川内 将嗣0-3SAKENOV Ermek(キルギスタン)
M 級高橋  諒3-0AVDIC Edin(オーストリア)

4 戦評(17日)
 LW級 川内 将嗣 対 SAKENOV Ermek(キルギスタン)
1R
序盤、両者ともに駆け引きから展開していくが、お互いにクリーンヒットがないままラウンドは進む。ラウンド終盤に川内は相手の左ストレートを浴びてしまう。

2R
川内は右ジャブを突いて流れを持ってこようとはするものの、コンビネーションまで繋げられない。

3R
やっと川内にコンビネーションが見えてきたが、相手の長い左ストレートに苦戦し、最後まで流れを変えられないまま試合終了。
30-27の3-0で敗退。


 M級 高橋  諒 対 AVDIC Edin(オーストリア)
1R
開始早々、前に出る高橋。1ラウンド半ばから、相手は疲れ、防戦一方
左ストレートで距離を詰め、猛連打で優勢進める。

2R
2ラウンドも終始攻撃し続け、ダウンをうばい、相手のホールドに減点が入る。

3R
3ラウンドも相手のホールドが多く、高橋の振り解きながらの打撃に対し、なぜか相手への後頭部への打撃だと高橋に減点が入る。しかし、再度ダウンも奪い、ワンサイドの試合となり、29-26 29-25 29-25
のユナニマスデシジョンでポイント勝ち
次戦は、シード2のインド

5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
LF級柏﨑 刀翔QUIPO PILATAXI C(エクアドル)20日
F 級田中 亮明CSOKA Nandor(ハンガリー)19日
B 級森坂  嵐MEREDOV Yakub(トルクメニスタン)20日
W 級佐藤 龍士RAHIMI Allah Dad (アフガニスタン)18日
M 級高橋  諒VIKAS Krishan(インド)20日


6 備  考  オリンピック最終予選(AIBA HP内へ)

以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR