世界大学選手権について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

世界大学選手権について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組合せ及び試合結果について,ご報告させていただきます。


1 派遣期間  平成28年 10月2日(日)~10日(月)
  試合期間  平成28年 10月3日(月)~8日(土)

2 試合開催  チェンマイ(タイ)

3 試合結果(3日)
階級氏名試合結果対戦相手
W級原田 直樹0-3BARABANOV Ievgenii(ウクライナ)

4 戦評(3日)

階級氏名試合結果対戦相手
W級原田 直樹0-3BARABANOV Ievgenii(ウクライナ)

 オーソドックス原田・東洋大学対サウスポーのウクライナの試合。
1Rラウンド開始は、上背に差のある原田選手のリードストレートが当たり、なかなかウクライナ選手が原田選手の懐に入れない状態が多く、原田選手ペースで進む。中盤よりウクライナ選手が強引にクリンチしてくると、原田選手は空いている手で相手の顔を押しのけぞらせる。
レフェリーから注意が入るが、同じ様なもつれ合いがおこる。
そのまま時間が過ぎ、後半は両者クリーンヒットが見られないままゴング。
このラウンドは前半のリードストレートのヒットがあり、原田選手のポイントと思われる。

2R開始とともに前へ出て積極的に攻めてくるウクライナに対して、1ラウンドと同じ様にリードストレートを当てながらワンツーストレートを打ち込む原田選手であるが、ウクライナ選手の前へ出ての圧に原田選手が後退しだす。
その時にもつれ合うシーンが多くなり、また原田選手が相手の顔に手を伸ばしてプッシュする。
セコンドも2回目の注意が入った時点で原田選手に、プッシュをしない様に激を飛ばすが、癖になっているのか相手が引っ付いてくると直ぐに、片手で相手の顔を突き押して反則をする。
レフリーも4回目の注意で警告を取り減点する。このラウンド最初は原田選手のペースであったが、中盤よりウクライナ選手の圧にプッシュやホールドをして疲れの見えはじめた原田選手の印象が悪く、ウクライナ選手のポイントか。

3R開始と共に両者接近戦になり、前へ出てくるウクライナ選手をいなせずもつれ合うシーンが多くなる。
原田選手もリードストレートからワンツーストレートを打つが、ウクライナ選手の顔面を捉えるまでにはいかず、相手の反撃を浴びてします。
このラウンドも原田選手にホールドやプッシュの注意が入る。明らかに疲れの見える原田選手であるが、両者正確なヒットも無くゴングを向かえる。
このラウンドはウクライナのポイント。
判定は原田選手の3対0のポイント負け。
30対25が1人、2者が29対27であった。
勝てる相手だけに原田選手にとっても、日本チームにとっても残念な試合であった。


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
F 級村田  昴ONGJUNTA Tanes(タイ)4日
B 級山内 祐季WEI Mingdong(中国)4日
L 級秋山 佑太LAT or TPE5日
LW級平仲 信裕WONGSUWAN Somchay(タイ)5日
M 級鬼倉 龍大BAMBA Bengoro(フランス)4日
女子 F 級河野 沙捺TPE or BLR5日



6 備 考  試合中継(外部HPへ)


以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR