世界大学選手権について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

世界大学選手権について②(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果及び組合せ及び試合結果について,樋山 茂 監督,小山田 裕二 コーチ,関根 裕典 コーチよりいただきましので,ご報告させていただきます。また戦評をいただきましたので,併せてご紹介させていただきます。



1 派遣期間  平成28年 10月2日(日)~10日(月)
  試合期間  平成28年 10月3日(月)~8日(土)

2 試合開催  チェンマイ(タイ)

3 試合結果(4日)
階級氏名試合結果対戦相手
F級村田  昴0-3ONGJUNTA Tanes(タイ)
B級山内 祐季1R TKOWEI Mingdong(中国)
M級鬼倉 龍大0-3BAMBA Bengoro(フランス)

4 戦評(4日)

階級氏名試合結果対戦相手
F級村田  昴0-3ONGJUNTA Tanes(タイ)

1R
村田は開始から右ジャブを出し、攻撃を仕掛ける。しかし、硬さがあり、中々その後の攻撃に繋げる事が出来ない。相手は冷静に対処し、右ボディストレートをヒットし印象付ける。ラウンド後半には、何度か村田の左ストレートがヒットする。しかし、序盤の展開を挽回するまでには至らずラウンド終了。相手のラウンドか。
2R
村田は1Rを挽回しようと積極的に攻撃を仕掛ける。右ジャブから左ストレート、左ボディアッパーをヒットする。相手は疲れが見え、ホールド、ローヘッドを繰り返す。村田は更に攻撃を仕掛け相手をロープ、コーナーに追い込み左ストレートを何度もクリーンヒットする。これにより、相手の動きを止め、ラウンドを支配したまま終了。村田のラウンド。
3R
村田は2ラウンドの攻勢そのままに攻撃を仕掛ける。相手は疲れからか2ラウンド同様にホールド、ローヘッドを繰り返す。しかし、村田はこれを気にせず接近戦からの左ボディアッパー、左ストレートをヒットする。相手も左右フックを返してくる。村田攻勢の中、試合終了。村田のラウンドか。
村田勝利に思えたが、結果は28-29、27-30、28-29の0-3WP負けであった。
リオデジャネイロオリンピック予選にタイ代表で出場している経験豊富な相手に対し、村田は力を出しきり素晴らしい戦いをした。この経験を生かしレベルアップに繋げてもらいたい。
(小山田コーチ戦評)

階級氏名試合結果対戦相手
B級山内 祐季1R TKOWEI Mingdong(中国)

1R
山内は開始から鋭いリード、左右のストレート、返しのフックで積極的に攻勢に出る。相手はガードを固め後退し、ロープ際まで追い込んだところへ山内の強烈な左ボディアッパーがヒットし、ダウンを奪う。相手のダメージは明白で、山内が畳み掛ける。相手はクリンチで逃れるのが精一杯で、山内の左ストレートがヒットし、2回目のダウン。ラウンド終了間際に連打で3回目のダウンを奪い、山内のTKO勝ちとなった。
山内は、試合前緊張している様子であったが樋山監督の的確な助言とコミュニケーションで力を十分に発揮した。続く試合にも自信を持たせ、リングに上げたい。
(関根コーチ戦評)

階級氏名試合結果対戦相手
M級鬼倉 龍大0-3BAMBA Bengoro(フランス)

ミドル級準々決勝オーソドックス鬼倉選手(駒沢大学)対オーソドックスの長身フランスの試合は、1R開始は鬼倉選手が前へ出て、フランスがリードを出して距離を取りながらワンツーフックの返しを打ってくる。
最初に先手を取ったのがフランスで、鬼倉選手のリードに対していきなりの右ストレートがヒットし、その後の強引なまでの左右フックに防戦一方になりフランスペースで試合が展開する。
後半、鬼倉もフランスのリードに合わせた右ロングフックがヒットし、フランスが下がりだす。
その後も鬼倉選手が攻めると距離を取って逃げてばかりのフランスであったが、レフリーからのファイトの注意で、両者打ち合いになりそこでゴングゴング。
このラウンドは中盤までのフランスの積極性でフランスのポイント。

2Rも左右ストレートからの左フックを強引に振ってくるフランスに対して、鬼倉選手もひるまず前へ出て打ち合う。
鬼倉選手が打ってくる一瞬の隙きを見て、連打するフランスの攻撃で鬼倉選手が防戦一方になった時に、レフリーからスタンディングダウンのコールがありカウント。
ボックス後両者打ち合ったところでゴング。
このラウンドもフランスか!

3Rも鬼倉が前へ出て、長いリーチのフランスが、伸びのある左右ストレートから左右のロングフックを振り回してくる。同じ様な展開で試合が進むがフランスのインサイド気味のフックをガードはしているが貰うシーンがあり、少し見栄えの悪い展開になる。
鬼倉選手も最後まで前へ出て、打っていきましたがフランスの力強いパンチの印象が強く、0対3のポイント負け。27対29、27対30、26対30の負けでした。
(樋山監督戦評)

5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
B 級山内 祐季TBD(中国)6日
L 級秋山 佑太LAI Chu-En(台湾)5日
LW級平仲 信裕WONGSUWAN Somchay(タイ)5日
女子 F 級河野 沙捺BRUYEVICH Helina(ベラルーシ)5日


6 備 考  試合中継(外部HPへ)


以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR