第1回ユース国際ボクシングトーナメントについて④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

第1回ユース国際ボクシングトーナメント
カザフスタン共和国ボクシング連盟名誉会長、
Makhamutov Beket Sapabekovicjh 杯について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,ご紹介させていただきます。


1 派遣期間  平成29年 3月 6日(月)~14日(火)
  試合期間  平成28年 3月 8日(水)~12日(日)

2 試合国名  ウラルスク市(カザフスタン)

3 試合結果(11日・準決勝)
階級氏名試合結果対戦相手
LF級 小川 達也3-0OMAROV  Ahmet(KAR)
F級中垣 龍汰朗3-0ORAZGALI Serik(MNGR)
B級堤 駿斗TKO
2R1:16
DYUSENKUL Aybek(TRZ)
  3名が決勝への進出を決めました。

4 試合戦評(11日・準決勝)
階級氏名試合結果対戦相手
LF級小川 達也3-0
30-27  29-28  29-28
OMAROV  Ahmet(KAR)
1R
 サンスポー同士の対決になった。お互いリードを差し合い、左カウンターを狙う。小川のリードがヒットするが、中盤からは単調な攻撃でよまれはじめ、カウンターを合わせるられる。お互いに手数の少ないラウンドになったが、出だしが良かったので小川のラウンド。
2R
 小川のリードに対して相手が左を合わせる。小川もワンツーを当てにいくが、相打ちになる。中盤より、相手のスタミナがきれ、一気にペースダウンになる。そこに小川がワンツーからのリードでヒットを重ねた。
3R
 リードから左アッパーボディをうつ。ボディが少しずつ効いてきたのか、相手の動きが鈍くなる。そこへ、小川がボディの連打をうち、ダウンを奪う。相手は疲れて身体が流れてくる。その後も小川が積極的に攻め続け、優勢に試合を運んだ。

階級氏名試合結果対戦相手
F級中垣 龍汰朗3-0
30-27  30-27  30-27
ORAZGALI Serik(MNGR)
1R
 オーソドックス相手にいきなり左ストレートを当てる。リードを小刻みにつきながら、左を多彩につかい、相手を寄せ付けない。ただ、中垣もうまく入り込めず、中間距離での戦いが続く。
2R
 お互いジャブの付き合いで、なかなかクリーンヒットが入らない。その中でも中垣が、小刻みに動き、プレスをかけるがなかなかヒットが奪えない。お互いヒットのないままラウンドを終える。

3R
 中垣が開始からプレスをかけて攻撃を仕掛ける。相手は、スタミナがきれたのが、2Rまでの動きがほとんどない。中垣のパンチに対して顔を背けて、ほとんど打つ気が感じられない。逃げる相手にやりづらかったが、しっかりと左ストレートを当て、中垣がポイントをとる。



階級氏名試合結果対戦相手
B級 堤 駿斗TKO
2R 1:16
DYUSENKUL Aybek(TRZ)
1R
 開始から長身の相手にリードをうち、プレスをかける。相手は下がりながら攻撃を仕掛けてくるが、しっかりとカードを固め、攻撃につなげる。ずっと堤が攻撃をするなかで、中盤に連打でダウンを奪う。その後も上下のコンビネーションを主体まとめだが、あと少しのところでゴングが鳴る。
2R
 1Rの流れのまま、堤が早いテンポで攻撃を繰り返す。ロープに追い込み、右フックでダウンを奪う。レフリーはボックスをかけたが、相手はもう戦意喪失ぎみで、堤がラッシュをかけ、ロングからの右ストレートでダウン奪い、レフリーが試合を止める。

5 試合組合せ(決勝)
階級氏 名
対戦相手試合日
LF 級小川 達也TBD12日
F 級中垣 龍汰朗TBD12日
B 級堤  駿斗-TBD12日


以 上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR