ASBCアジアユース選手権大会について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山監督より試合結果及び戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成29年6月26日(月)~7月8日(土)
  試合期間  平成29年7月1日(土)~7月7日(金)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3 試合結果
階級氏 名試合結果対戦相手試合動画
(※外部サイトへ)
LF級小川 達也WP
1-4
PANMOD THITISAN(タイ)


4 戦評・動画
階級氏 名試合結果対戦相手
LF級 小川 達也WP
1-4
PANMOD THITISAN(タイ)
1R 開始と共に両者リング中央で、リードを使って間を取る小川選手に対して、いきなり飛び込んで打って来るタイ選手。
身長リーチで勝る小川選手は、しっかりとリードで距離を取りながらワンツーストレートを打ち込むが、その度に頭を下げてかわすタイにてこずる。
 その後すぐにプッシュして来るので、もつれた状態が多くなり小川選手、なかなか自分のペースがつかめない。
 レフリーもタイ選手にプッシュやヘッドの注意をするが、小川選手もホールドの注意を受ける。
 1Rを必ず確実に取るように支持してあったが、このラウンドは積極性を取り僅かにタイが優勢か。
2R 小川選手に対してセコンドからの指示で、背丈の低いタイ選手の胸元を狙って打つ様にさせる。
 前半はタイが積極的に前へ出てポディーストレートから攻めて来て、直ぐにホールドして押して来る。
 レフリーも注意するが、小川選手も上手く対応出来ず、小川選手もホールドのミニマム注意を受ける。
 中盤、小川選手のワンツーの左ストレートがヒットするが、タイ選手も上手くホールドして小川選手に連打させず追随を許さない。
3R

  勝負をかけて小川選手が前に出て、頭を振りながらリードストレートやワンツーストレートをヒットさせる。
 タイも焦ってホールドやプッシュを繰り返し、小川選手を投げ飛ばす。
 1度目は注意であったが、2度目の時に減点1を宣告する。
 小川選手も最後の力を振り絞って、両者打ち合いになるが、後半も小川選手のペースでゴング。

 判定は、28対28の同点であるがタイの優勢勝ち4人と、29対27で小川選手の勝ち1人の1対4のポイント負け。

戦評 樋山



5 試合組合せ
階級氏 名対戦相手試合日
F 級中垣 龍汰朗KUDAVITHANAGE LASINDU(スリランカ)7/2
B 級堤  駿斗LEE TAEMIN(韓国)7/2
L 級今永 虎雅MUSAKHANI HOSSIN(イラン)7/2
W 級荒本 一成インドネシア or カザフスタン7/3
M 級近藤  陸シリア or インド7/4


以 上
 
文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR