ASBCアジアジュニア選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアジュニア選手権大会について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山監督,小山田コーチ,松隈コーチ,寺中トレーナーより試合結果及び試合組合せ,戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成29年7月28日(金)~8月8日(火)
  試合期間  平成29年8月1日(火)~8月7日(月)

2 試合国名  プエルト・プリンセサ(フィリピン)

3 試合結果(4日)
階級氏 名試合結果対戦相手(国名)試合動画
50kg級大杉 兼心WP
SUKTHET SARAWUT(タイ)
54kg級由良 謙神WP
3‐2
AMAN(インド)
57kg級山村 剣晋WP
0‐5
YULDASHEV JAVLONBE(ウズベキスタン)
60kg級堤 麗斗WP
5‐0
RUSTAMBEK UULU NURADIN(キルギス)
66kg級田中 空WP
SALIMGEREEV SALIMZHAN(カザフスタン)


4 試合戦評(4日) 戦評:寺中氏,松隈コーチ
階級氏名試合結果対戦相手試合動画
50kg級大杉 兼心WP
SUKTHET SARAWUT(タイ)
1R サウスポースタイルの大杉に対し相手はオーソドックス。
大杉、距離を取り出鼻をくじく。互いに距離を取る展開。

2R 相手選手は大杉との距離が遠いと察し強引に攻撃に出てくる。ラスト30秒、大杉のワンツーがクリーンヒット。大杉のラウンド。

3R 相手がプレスをかけてくる。
相手のスピードが上回り先手を取られる。
大杉、打っていく逆にカウンターを打たれる。鼻からの出血によりレフリーからストップが入る。最後の力を振り絞りゴング。


階級氏名試合結果対戦相手試合動画
54kg級由良 謙神WP
3‐2
AMAN(インド)
1R
オーソドックススタイル由良の相手は高身長、手足の長いサウスポーススタイル、インドの選手。序盤から積極的にジャブからワンツーで攻める。相手も負けじとパンチを打ち込んでくる。返しのパンチを貰ってしまう由良。お互いが距離を掴めないまま終了のゴング。相手のラウンドか。
2R
ピッチを上げ由良のスピードが上がる。徐々に由良の右フック、遠い距離からの左フックが相手を捉える。しかし決め手を欠いた展開。相手は長いリーチを利用しストレート、フックをおりまぜ打ち返してくる。由良が被弾する場面もあるが、このラウンドは由良優勢に見える。
3R
積極的に前に出てパンチを繰り出す由良。由良の攻撃が空をきる中、相手は絶妙なタイミングでカウンターを合わせてくる。しかし、スタミナのある由良と疲れが見える相手との差が感じられる。由良は一気に勝負にでる。しかし中々クリーンヒットを奪えない。互角の内容。
手足が長くやり辛い相手に対し由良は強い気持ちと驚異的なスタミナを見せた。互角の内容であったが、30対27、29対28 2人、27対30 2人、結果3-2WPで勝利を収めた。
由良はこの勝利で銅メダル以上が確定した。


階級氏名試合結果対戦相手試合動画
57kg級山村 剣晋WP
0‐5
YULDASHEV JAVLONBE(ウズベキスタン)
1R山村がスピードある左でスタートを切る。
左ストレート、左フック、左ボディで相手の出鼻をくじき試合をコントロールしていく。離れて戦うことは得策ではないと、UZBの選手が強引に前へ前へと攻撃を仕掛けてくる。
山村が後手に回りだしゴング。

2R UZBの選手のプレスが一層強まる。山村の打ち終わりに攻撃して来る。山村も隙をみて
打ち返そうとするが、相手選手のガードが高く、素早くステップインしてくるので中々クリーンヒットさせてくれない。
UZBがラウンドをコントロール。

3R 山村のワンツーボディがヒットするも相手選手の
右から左の返しのフックが山村のアゴを突き上げる。
山村がバランスを崩す場面が見られる。印象が悪い。
そしてゴング。

左のスピード、タイミングが良かっただけに悔やまれる試合内容だった。


階級氏名試合結果対戦相手試合動画
60kg級堤 麗斗WP
5‐0
RUSTAMBEK UULU NURADIN(キルギス)
1R 堤は長身のサウスポーに対して右リードを積極的に出し試合を組み立てていく。ワンツーが決まり相手が膝をつく。ダウンと思われたがレフリーはカウントを取らない。
相手の攻撃も堤のフットワークにはついて行けず被弾を許さない堤。

2R 距離を読みきった堤は、ワンツーを再三ヒットする。
相手のアゴがのけ反る。左からの返しの右フックがタイミング良くヒット。
堤がラウンドを支配。

3R 堤は開始早々、上下に打ち分け攻撃。接近しては
ボディへの攻撃。相手は何も出来ない。そしてゴング。

相手に突き入る隙を与えない一方的な試合内容だった。
堤はこの勝利で銅メダル以上が確定した。
WP 5-0 5人のジャッジ全員が30-27をつける完璧な内容。


階級氏名試合結果対戦相手試合動画
66kg級田中 空WP
SALIMGEREEV SALIMZHAN(カザフスタン)
1R
オーソドックススタイル田中、相手もオーソドックススタイル、強敵カザフスタンの選手。
序盤から激しく打ち合う展開。お互いがパンチを繰り出し一糸乱れぬ攻防。圧力をかけて前に出る田中に対し、相手が怯む場面もあり、田中が支配し終了。田中のラウンド。
2R
引き続き前に出る田中。多彩なパンチを繰り出す。田中のアッパーが相手の頭を上方にはね上げる。相手は近距離を嫌がり距離を取ろうとするが田中は許さない。田中が支配しゴング。
3R
距離をつめ、田中の間合い、左ストレートから右フック右アッパーのコンビネーションをおりまぜパンチを繰り出す。相手も負けじと反撃を試みるがガードが開くとすかさず田中のパンチが飛んでくる。疲れが見え始めた相手が受けに回る場面も。田中は終始パンチを出し続けて最終ラウンドのゴング。
強敵カザフスタンの選手に対し、田中は強い圧力と多彩なパンチを見せてくれた。会場が田中のアグレッシブなボクシングに歓声を上げた。30対27、結果5-0WPで勝利を収めた。田中はこの勝利で銅メダル以上が確定した。


5 試合組合せ(準決勝)
階級氏 名対戦相手(国名)試合日
48kg級矢野 利哉MALIK SIDHARTHA(インド)8/6
54kg級由良 謙神ASHIRKHAN AITZHAN(カザフスタン)8/6
60kg級堤 麗斗UMAR AKSHAY(インド)8/6
66kg級田中 空CHO HYEO NJUN(韓国)8/6
70kg級仲野 玲ZHAKPEKOV YERASSYL(カザフスタン)8/6


以 上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR