ASBCアジア女子選手権大会について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア女子選手権大会について②(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山監督及び須佐コーチより試合組み合せをご連絡いただきましたので,併せてご連絡いたします。


1 派遣期間  平成29年10月31日(月)~11月9日(木) 
  試合期間  平成29年11月 2日(木)~11月8日(水)

2 試合国名  ホーチミン(ベトナム) (時差:日本が+2時間)

3 試合結果(2日)
階級氏名試合結果対戦相手(国名)
LF級小村つばさWP
5-0
CASIM JUDELYN(フィリピン)
B 級新本 亜也WP
0-5
BANG LE THI(ベトナム)


4 試合戦評(2日)
階級氏名試合結果対戦相手(国名)
LF級小村つばさWP
5-0
CASIM JUDELYN(フィリピン)
サウスポー
1R

開始直後、小村選手は下がることなく積極的にフェイント及びジャブを活用して前の手のパンチをヒットさせ、フィリピンの選手は前に出れなくなる。開始1分頃からは、小村選手の後ろの手もあたりはじるとともに、なによりも小村選手のワンツーが的確になる。

フィリピンの選手は後退しはじめ、パンチも単発が多くなる。

小村選手の上下の打ち分けは少ないものの、常に主導権をとり続けこのラウンド小村のポイント。

 

2

開始当初は、フィリピンの選手は前に出てパンチを振り回してくるも、小村選手の前の手フックや相手の出鼻を挫く前の手ジャブで主導権を渡すことを許さない。

さらには奥の手もヒットしはじめ、フィリピンの選手後退し始める。勢いに乗った小村選手は、引き続き距離を縮めることを許すことなく自分の距離でのボクシングを貫き通し、明確にポイントを取得する。ラスト1分辺りからの小村選手は、パンチの力みもなくなってきたものの、打ち終わりにパンチを被打する場面が多くなる。トータルで明確にポイントを取得した小村のラウンド。

 

3

2Rと同様、同じ展開ではじまり、フィリピンの選手は前へ出てきたが、力みもなくなった小村選手が前の手を上手く活用して適切に対処し、距離を潰されることなく遠距離から素早いワンツーでポイントを取得していく。お互いが疲労が見えてきたが、小村選手は身体をブレること無く明確にパンチを打っていたため、審判に対して印象よい支配感を演出する。ラスト1分はクリンチも多くなったものの、接近戦の印象も小村選手が制することができ、小村のラウンド。

 

総括

小村選手は、8月に台湾で行われた台湾カップ国際トーナメントでも金メダルを獲得したこともあり、終始落ち着いて戦えていたのではないかと思料します。

課題としましては、上下の打ち分け、打ち終わりの被打が散見されたため、今後、是正できるようにしたいとおもいます。

戦評 須佐


階級氏名試合結果対戦相手(国名)
B級新本亜也WP
0-5
BANG LE THI(ベトナム
サウスポー
1R

開始から新本選手が前へ出てベトナムが迎え撃つ展開で始まり、新本選手が前へ出る時にベトナム選手が右ロングフックや、いきなりの左ストレートをあわせて来る。

新本選手もしっかりとガードして攻めており前半は両者一歩も譲らず、主導権の取り合いになる。

後半、両者絡み合うシーンが多くなり、ベトナム選手がホールドして新本に連打をさせない。

レフリーも何回か注意をするが、ベトナム大応援団の声援が多くベトナム選手が僅かに試合を制している様に見える。

このラウンド僅かにベトナム選手か。

 

2R

前半1Rと同じ展開で新本選手が前へ出て行き、ベトナム選手が右左のカウンターを打ち込んで来る。

積極的に攻めるのは新本選手であるが、決定打が出ず両者打ち合いになる。後半ベトナム選手に疲れが見え始め、クリンチやホールドをしレフリーからもミニマム注意や試合を止めての注意も入るが新本選手に連打させない。

新本選手も相手のリードパンチをキープしていれば印象は新本選手になるのであるが、どうしても相手の内側に足が入りコーナー、ロープに詰めての連打が出来ない。

このラウンドも、どちらかと言えば僅かにベトナム選手かと言う内容か?

 

R

開始より起死回生のダッシュをかけ接近戦でも強く打つボディ連打が当たり新本選手ベースでしたが、中盤に入り前へ出た所にベトナム選手の左カウンターストレートがヒットし、ダメージは無かったですがタイミングだけでスタンディングダウンを取られる。

ダメージも無く直ぐにカウントエイト後ボックスになる。

その後も新本選手の連打が上下に出て、ベトナム選手も疲れから手が出ず新本選手最後まで優勢に攻めるがベトナム選手、ゴングに救われる。

結果は新本選手のWP負けでした。

日本チームキャプテンとして、率先して頑張っていただけに残念な試合であった。

 

戦評 樋山


5 試合組合せ

階級氏名対戦相手(国名)試合日
LF級小村つばさATHWUDA ACHCHILAGE KOSAI(スリランカ)11/04
F 級河野 沙捺PANG Chol mi(北朝鮮)11/03
Fe級黒木 佳菜LATHER SONIA(インド)11/03

以 上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)


  

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR