プレ アジア大会について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

プレ アジア大会について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,ボクシング アジア大会テストイベントへの派遣選手団についてご紹介させていただきます。
 また,試合組合せ及び試合結果,戦評を樋山監督及び高見コーチ,梅下コーチ,小山田コーチよりいただきましたので,ご報告させていただきます。


1 派遣期間  平成30年2月9日(金)~2月19日(月)
  試合期間  平成30年2月10日(土)~2日18日(日)

2 試合国名  ジャカルタ(インドネシア)

3 派遣選手団
役職氏 名所    属
監督樋山 茂 AIBA3スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
  日本連盟総務委員長兼ジュニア強化委員長・芦屋大学
コーチ高見 公明 AIBA3スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
  日本連盟理事兼強化委員・王寺工業高校
コーチ梅下 新介  AIBA3スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
  日本連盟常務理事兼強化委員長代行・日本大学
コーチ本  博国 AIBA1スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
  日本連盟常務理事兼強化委員長代行・自衛隊体育学校
コーチ小山田 裕二 AIBA3スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
 関東連盟理事・駒澤大学
コーチ竹田 益朗 JOCオリンピック強化スタッフ
 JOC味の素ナショナルトレーニングセンター専任コーチングディレクター 

種別階級氏 名所  属
ライトフライ級坪井 智也 日本大学
フライ級馬場 龍成 東洋大学
バンタム級田中 亮明 中京高校(教諭)
ライト級木村 蓮太朗 東洋大学
ライトウェルター級成松 大介 自衛隊体育学校
ウェルター級金城 大明 自衛隊体育学校
ミドル級森脇 唯人 法政大学
フライ級和田 まどか 福井県体育協会


4 試合結果(11日)
階級氏名試合結果対戦相手(国)
男 LF級坪井 智也WP
5-0
GARCES KIT CERON(フィリピン)
女 F級和田 まどかWP
0-5
LIN YU-TING(台湾)
   坪井選手はメダルが確定しました。

5 試合戦評(11日)
階級氏名試合結果対戦相手
LF級坪井 智也WP
5-0
GARCES KIT CERON(フィリピン)
1R
 相手はオーソドックススタイル。坪井は試合開始と同時にプレスをかけ左右ストレートを放ちヒットさせる。相手も強振してくるが坪井は冷静に対処し右カウンター、左フックをヒットする。常に坪井の距離で試合を進め、坪井のラウンド。

2R
 坪井は1R同様に積極的に攻撃を仕掛ける。相手は坪井の攻撃に対処できず、ロープに詰まる場面が増える。そこで坪井は右ストレート、右ボディーストレート、左フックをヒットし確実にポイントを取る。中盤に相手に疲れが見え、ホールドの減点が入る。坪井も右側頭部に裂傷を負うが傷は浅く、試合進行に影響しなかった。坪井のラウンド。

3R
 相手は疲れが見え、後退する。坪井はチャンスを逃さず上下に打ち分けパンチをヒットする。相手は疲れから再三ホールドの注意を受ける。坪井は1、2R同様にプレスをかけ右カウターから左フックを再三ヒットする。坪井優位な中、試合終了。

 結果は30-26、30-26、29-27、30-26、29-26、5-0のWP勝ち。準決勝進出。メダルを確定させた。
 坪井は常に冷静に試合をコントロールし、坪井らしくプレスをかけ相手に攻撃させる隙を与えなかった。次戦も坪井らしく試合を進め勝利し、決勝に駒を進める事を期待したい。

戦評 小山田コーチ

階級氏名試合結果対戦相手
女子
F 級
和田 まどかWP
0-5
GARCES KIT CERON(フィリピン)
 リン選手は、アジア選手権大会バンタム級のチャンピオン、今回、フライ級へ落として出場。
1R
 リン選手は、スイッチするボクサーで、和田は積極的に上下を上手く打ち分け、良い出だしだった、リン選手も減量からか、動きが悪かったが、時間が過ぎる事に得意の右ストレートが出てくる、和田が打ち終わった所に、右ストレートが入りダウンを取られ終了。

2R
 リンも動きが、良くなり足を使い出し、和田もボディーからの攻撃が、当たるが、打ち終わりに止まってしまい、再三、右ストレートを貰う場面が、多く見られた。

3R
 和田も最終回、先手攻撃で前へ出て行くが、右ストレートを狙い撃ちされ、2度目のダウンを取られラウンド終了。
26ー30、25ー30、29ー26、24ー30、24ー30の0ー5WP負け。
戦評:高見


6 試合組合せ
階級氏名対戦相手
LF級坪井 智也KALI MARIO BLASIUS(インドネシア)14日
F 級馬場 龍成ABU TALIB MUHAMAD AZLIZAM(マレーシア)12日
B 級田中 亮明MORENO RYAN BOY(フィリピン)14日
L 級木村 蓮太朗タイ or インドネシア14日
LW級成松 大介ASHISH(インド)12日
W 級金城 大明SIMANGUNSONG GRACE SAVON(インドネシア)14日
M 級森脇 唯人KUTTIYA PATHOMSAK(タイ)14日

以 上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR