FC2ブログ

タイ国際トーナメントについて①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

タイ国際トーナメント(旧キングスカップ)について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,派遣選手団をご紹介いたします。
 また,樋山茂監督より試合組合せ,試合結果をいただきましたので,併せてご報告させていただきます。


1 派遣期間  平成30年6月27日(水)~7月7日(土)
  大会期間  平成30年6月28日(木)~7月6日(金)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3 派遣選手団
役  職氏  名備  考
監 督樋山 茂 AIBA3スターコーチ(APB・WSB)・JOCオリンピック強化スタッフ
 日本連盟総務委員長・芦屋大学
コーチ本 博国 AIBA1スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ・日本連盟常務理事
 (強化委員長代行)・自衛隊体育学校
コーチ竹田 益朗 AIBA1スターコーチ・JOCオリンピック強化スタッフ
 味の素ナショナルトレーニングセンターボクシング専任コーチ
 
階級氏名所属
LF級松本 流星
日本大学
F級中垣 龍汰朗
東京農業大学
B級北浦 龍馬
東京農業大学
L級木村 蓮太朗
東洋大学
LW級秋山 佑汰
自衛隊体育学校
W級平仲 信裕
芦屋大学


4 試合結果(試合戦評)
  【30日】
階級氏名試合結果対戦相手(国)
LW級秋山 佑汰RSC
2R
ミャンマー
1R
ミャンマー選手はオーソドックスのかなりリーチが長いロングレンチのワン ツーの右が強いタイプの選手。
秋山は開始そうそうから作戦どうりに1Rからポイントを奪う覚悟で速いリードパンチからストレートにつなぎ距離を取りながらもコンビネーションをつなぎロープ側に詰めて見栄えを良くしながら相手の長い右ストレートをかわし 警戒しながら手数で上回る事に徹した。
10ー9 秋山

2R
ある程度、相手の力量を見極め
秋山は開始そうそうからフェイントを入れながらのコンビネーションでロープ側につめながらショートパンチの連打を浴びせた。それをミャンマーがサイドステップでかわそうと左に回り込もうとした所に秋山の右フックがテンプルに炸裂。ミャンマーが ガクッと腰が落ちたところで レフリーがカウントをいれた。カウント8で試合続行。秋山も追撃をしたいがミャンマーも後退しながらも強いワンツーで抵抗し秋山も1発狙いの単発になりかける。
クリンチぎわに
秋山のショートストレートの左の3連発が当たったところでミャンマーは戦意喪失気味になり秋山がロープにつめて連打をしたところで2度目のカウントが入る。再度カウント8で試合続行。秋山は慌てず距離を取りながらも左ストレート、右フックを決め完全に試合を支配。ラウンド終了間際にレフリーが試合をストップ!
2R RS C
戦評 竹田

5 試合組合せ
階級氏名対戦相手国対戦日
LF級松本 流星
フィリピン
7/2
F級中垣 龍汰朗
タイ(Cチーム)
7/1
B級北浦 龍馬
ラオス
7/2
L級木村 蓮太朗
モーリシャスORヨルダン
7/1
LW級秋山 佑汰
タイ(Bチーム)
7/2
W級平仲 信裕
イラン
7/1

 以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR