タイ国際トーナメントについて③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

タイ国際トーナメント(旧キングスカップ)について③(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山茂監督より試合結果をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成30年6月27日(水)~7月7日(土)
  大会期間  平成30年6月28日(木)~7月6日(金)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3 試合結果(7月2日)
階級氏名試合結果対戦相手(国)
LF級松本 流星WP
0ー5
フィリピン
B 級北浦 龍馬WP
5ー0
ラオス
LW級秋山 佑汰WP
2-3
タイ(Bチーム)

4 戦評
階級氏名試合結果対戦相手国
LF級松本 流星WP
0-5
フィリピン
ライトフライ級サウスポー松本流星(日大)対オーソドックスのフィリピン(前回の世界ユース3位、ハバロスク大会で元世界2位の韓国SIN選手に決勝で勝利し優勝)

1R
開始より両者リードを出しながら後ろの手を打ち込むチャンスを伺う展開で始まる。
先手を取ったのはフィリピン選手で、ノーモーションで速く強い右ストレートを打ち込んで来る。
松本選手も冷静にパーリングして追撃を許さないが、その後の反撃が出来ず膠着状態が続く。
松本選手も時折、左ボディストレートや左ストレートを顔面にヒットするがクオリティーブローにはならず、必ずフィリピン選手が強い右ストレートや右ロングフックで反撃して来る。
大半のパンチはパーリングやブロックして被弾しない松本選手で有るが印象はフィリピン選手になり、このラウンドはフィリピン選手。

2R
同じ展開で試合が進むが、中盤松本選手の左ストレートボディがヒットし、フィリピン選手が出てきた所に右ロングフックが決まり対等な展開になりかける。
やはり試合巧者のフィリピン選手は、後半からゴングが鳴るまで常にプレスをかけて先手で右ストレートや、その後の左フックを打ち込んで来る。
このラウンドも僅かにフィリピン選手。

3R
セコンドからの支持で松本選手も積極的に勝負をかけて前へプレスをかけて左ストレートを打ち込んだり、相手の強い右ストレートをサイドに外して左ストレートを打ち込む。
しかしフィリピン選手は、それ以上にリードからプレスをかけて強く速い右ストレートを打ち込んで来る。
時折顔面をかすめる程度しか貰っていない松本選手で有るが、印象はフィリピン選手のポイントになる。
最後まで怯まず打ち合った松本選手で有ったが、最終ラウンドのゴングが鳴るまでフィリピン選手を捕まえる事が出来無かった。
0対5のポイント負けで有ったが、この試合経験は必ず松本選手に次に繋がる試合であった事は確かだと感じた。

戦評 樋山


階級氏名試合結果対戦相手
B級北浦 龍馬WP
5-0
ラオス
バンタム級サウスポー北浦選手(東農大)対オーソドックスのラオス選手

1R
意外にも開始と共にラオス選手が上体を振りながら前へ出て来るのを北浦選手が迎え打つ展開になる。
北浦選手も、意外に感じたであろうがラオス選手が頭を振りながら前へ前へと出て来て、左右パンチを振り回して来るのに対して北浦選手冷静に左リードストレートから右フックを打ち込む。
それでも、打たれても怯まず前へ出て来るラオス選手に北浦選手の左ストレートや右フックが炸裂するが、ダウンを獲るまで行かずにゴング。
このラウンドハッキリと北浦選手。

2R
同じ展開で進むが、このラウンドは再三北浦選手の左ストレートや右フックが決まり、いつダウンを獲ってもおかしくないくらい大差の展開で有ったが、レフリーもダウンを獲らないのが不思議で有った。
このラウンドもハッキリと北浦選手。

3R
北浦選手がゴングと同時に積極的に攻めてラオス選手に左ストレートや右フックを打ち込み、ボディへの左ロングアッパーも決まると、流石にレフリーも左ストレートが当たった所でダウンを取る。
そのまま決めるかと思ったがラオス選手も踏ん張り、北浦選手が攻め続けてそのままゴング。

5対0の大差のポイント勝ち。

階級氏名試合結果対戦相手
LW級秋山 佑汰WP
2-3
タイ(Bチーム)
1R
両者サウスポーの対戦。秋山は早い右のリードで先手を取る。相手もワンツーや左ストレートのカウターで対抗する。タイ🇹🇭の角度の変則な左ストレート、フックを被弾する。タイミングが読めて来たところで右ストレート、ワンツーからの右フック
ボディーブローと感触をつかみかけロープ側につめる場面も。
流れが秋山側に流れかけた所で偶然のバッティング。秋山は浅め傷だがタイ選手は続行不可能。点数をつけにくい感じはしたが負傷判定
2ー3でタイ選手の手が上がる。なんとも消化不良の試合で残念な試合であった。
戦評 竹田

5 試合組合せ
階級氏名対戦相手国対戦日
B級北浦 龍馬
TBD
7/3
L級木村 蓮太朗
TBD
7/3
 以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR