タイ国際トーナメントについて④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

タイ国際トーナメント(旧キングスカップ)について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山茂監督より試合結果をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成30年6月27日(水)~7月7日(土)
  大会期間  平成30年6月28日(木)~7月6日(金)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3 試合結果(7月3日)
階級氏名試合結果対戦相手(国)
B 級北浦 龍馬RSC-I
2R
タイ
L級木村 蓮太朗WP
2-3
フィリピン

4 戦評
階級氏名試合結果対戦相手
B級北浦 龍馬RSC-I
2R
タイ
1R
前半は五分五分に持っていったが中盤からはタイにペースをもっていかれ9ー10 4人
8ー10 1人

2R
勇気を出して手数のペースとカウンター狙いで送り出す。前半 北浦も腹を決めてカウンター狙いも含めて打ち合いに出る。良い感じと思われた所でタイがカットでドクターストップ。
負傷判定と思われたがヒッティングの判断。
2R R SCーI 勝ち

戦評 竹田

階級氏名試合結果対戦相手
L級木村 蓮太朗WP
2-3
フィリピン
1R
木村はオーソドックスのフィリピンに対し早い右のリードから左ストレートにつなぎ得意の左ボディーブローを放ち先手を取ろうとする。ヒィリピン木村の左の打ち終わりや相打ち気味の右のストレート、フックを狙い反撃に入る。時折木村の顔がのけぞるシーンが有るが左右のステップで木村はかわそうとする。お互い決定打は無く ラウンド終了
やや木村のラウンドと見た
10ー9 木村

2R
木村は作戦どうりにボディーブローを中心に組み立てるも ボディーアッパーがローブロー気味で再三 レフリーの注意が入る。セカンドの指示も有りローブローのファールを取られないよう顔面の攻撃に切り替えるも 力みがはいり打ち終わりを被弾する場面が見られる。
ややフィリピンのラウンド
10ー9ヒィリピン。

3R
最終ラウンド決着と思われ木村は最後の力を振り絞り左右のステップワークからのコンビネーション、クリンチぎわからの手数、ボディーストレートなどで
勝負にでる。フィリピンも右のカウンターと左フックのカウンターで応戦

やや木村のラウンドと見た
ポイントは
2ー3ヒィリピン
試合内容は五分五分と見たが体幹的にややフィリピンが上回ったようにも見えた試合であった

戦評 竹田

5 試合組合せ(準決勝)
階級氏名対戦相手国対戦日
B級北浦 龍馬
TBD
7/5
 以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR