タイ国際トーナメントについて⑤(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

タイ国際トーナメント(旧キングスカップ)について⑤(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,樋山茂監督より試合結果をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成30年6月27日(水)~7月7日(土)
  大会期間  平成30年6月28日(木)~7月6日(金)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3 試合結果(準決勝)
階級氏名試合結果対戦相手(国)
B 級北浦 龍馬WP
インドネシア

4 戦評
階級氏名試合結果対戦相手
B 級北浦 龍馬WP
インドネシア
バンタム級サウスポー北浦龍馬選手(東農大)対オーソドックスのインドネシア選手

1R
両者リードを出しての主導権の取り合い。
最初に仕掛けてきたのはインドネシア選手で、リードからのワンツーストレートを打ち込んで来る。
北浦選手もリードストレートを出して、インドネシア選手が来た所へ右フックを打つが、当たりが浅く相手の動きを止めるまでは行かず主導権はインドネシア選手が取る。
後半、インドネシア選手が出て来た所に左ストレートからの返しの右ロングフックがテンプルをとらえ、インドネシア選手がダメージでガクッとなった所でレフリーがダウンを取る。
その後、インドネシア選手も北浦選手も激しく打ち合ったところでゴング。
このラウンドは、最後のダウンのお陰で北浦選手か!

2R
開始と共に猛然と打ち合ってきたインドネシア選手に、北浦選手も真っ向から打ち合うがクオリティーブローはインドネシア選手かと思われる。
中盤、足が動かなくなった北浦選手にインドネシア選手は、強引なまでに左右を振って前へ出て来る。
北浦選手も足を止めて打ち合い、離れてリードストレートから左ボディアッパーを打ち込む。
終了間際インドネシア選手が連打してきたところでゴング。
このラウンドは、ハッキリとインドネシア。

3R
両者最初から打ち合いを挑み、手数クオリティーブローに勝るインドネシア選手が左右ストレートや上下を打ち込んで来る。
北浦選手も負けじと左ストレートからの強い右ロングフックの返しで応戦するが、後半までインドネシア有利の展開になる。
終盤疲れの見えたインドネシアに対して、北浦選手が強い左右の連打で前へ出ると、インドネシア選手が下がりだす。
それでも最後の力を振り絞って前へ出て打ち合う北浦選手が印象を与えた。このラウンドはどちらになるか?
かたずを飲んだ判定は、勝利の女神が北浦選手に微笑みかけてくれたのか30対27が1人、29対28が3人、28対29が1人
北浦選手の4対1のスプリットのポイント勝ちでした!
正に『団結と絆!』『為せば成る!』の、気迫の勝利でした!

戦評 樋山

5 試合組合せ(決勝)
階級氏名対戦相手国対戦日
B級北浦 龍馬
モンゴル
7/6
 以  上

文責 佐藤征治(事 務 局 長)
内海祥子(副事務局長)
及川雄太(事務局担当)
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR