FC2ブログ

一般社団法人日本ボクシング連盟のブログです。国内・国外の大会の結果や各種ご連絡,ご報告などをお知らせしています。

2018 AIBA女子世界選手権大会について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長  内 田 貞 信

2018 AIBA女子世界選手権大会について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果,戦評及び組み合わせにつきまして,樋山監督,浅村コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  2018年11月12日~26日
  試合期間  2018年11月12日~25日

2 試合国名  デリー(インド)

3 試合結果
階級氏 名試合結果所  属
F 級並木 月海WP
3-2
YOKUBOVA Aziza(ウズベキスタン)
Fe級渡邊 綾音RSC
2R
KHOLODKOVA Snizhana(ウクライナ)
L 級柳井 妃奈実WP
0-5
WILLIAMS Elisa(パナマ)


4 試合戦評(15日)
階級氏名試合結果対戦相手
F 級並木 月海WP
3-2
YOKUBOVA Aziza(ウズベキスタン)

1R
開始早々お互いに前に出て接近戦を展開するも相手選手のホールド・プッシングが目立ち審判の注意がコンスタントに入る。並木はなかなかペースをつかめない状況。1分過ぎに並木の右フックが相手選手の顔を捉え出すが、ホールドとプッシングにより膠着状態が続き1ラウンド目が終了。

2R
このラウンドもお互いに前に出るも相手選手のホールド・プッシングにより膠着状態の時間が続く、並木はホールドを解こうとするもプッシングが強く両者縺れ合う場面が増えるが、中盤以降徐々に左右のフックを当てて前に出る並木がやや有利。

3R
ゴング早々プレッシャーをかけ前に出る、相手選手のホールド・プッシング・頭突きの反則を受けながらも攻撃し続けた。決定打に乏しい試合であったが終始積極的に前に出た並木のポイント勝ちでした。

戦評 矢田 圭一


階級氏名試合結果対戦相手
Fe級渡邊 綾音RSC
2R
KHOLODKOVA Snizhana(ウクライナ)

フェザー級オーソドックス渡邉選手(日本体育大学)対オーソドックスのウクライナ選手の試合
体格に勝るウクライナ選手は1R開始と共に上体を振りながらサイドにステップして左ストレートをいきなり打ち込んでくる。
渡邉選手も左ストレートを打つがウクライナの左ストレートが強烈でなかなか主導権が取れない。
速い踏み込みのワンツーストレートも力強く、渡邉選手も前へ出て打ち合うが必ず反撃して来る。
このラウンドウクライナ。

2R開始と共に渡邉選手も前へ出て、主導権を獲ろうと左リードからワンツーストレートを打ち込むが、ウクライナ選手は左右のカウンターを強く合わせて来る。
中盤にウクライナ選手の右ストレートが渡邉選手の顔面にヒットし顎が上がったところで1回目のダウンが取られる。
ボックス後、渡邉選手も反撃しょうと打ち合うがウクライナ選手のパンチが当たったところで2度目のダウンが取られボックス後RSCが宣告される。
パワフルなウクライナ選手に対して頑張った渡邉選手であった。
2R、RSC負け。
戦評 樋山


階級氏名試合結果対戦相手
LF級柳井 妃奈実WP
0-5
WILLIAMS Elisa(パナマ)

ライト級オーソドックス柳井選手(近畿大学)対オーソドックスのパナマの試合は
1R上体を振って前へ出ようとする柳井選手であるが、リードストレートから右ストレートを力強く打ってくるパナマ選手になかなか攻めきれず。
柳井選手もガードを固めて相手のパンチを打たさないが、時折相手のパンチで顎が上がるシーンも見られ印象が悪い。
後半、パナマが左右ストレートを打ってくる時に柳井選手の右ストレートが力強くヒットし後退する。
柳井選手が追いかけて打ち合いを挑むがパナマ選手も反撃して来て、そのまま打ち合いになるが詰めきれずゴング。このラウンドパナマのポイントか。

2Rも同じような展開で始まり、柳井選手もパナマ選手を捕まえようと前へ出るが、パナマ選手下がりながら左ストレートやワンツーストレートを打ってくる。
時折柳井選手の右ストレートがヒットするが次が出ず、縺れ合うシーンが多くなかなか捕まえれないままゴング。
このラウンドも僅かにパナマか!

3Rセコンドからの激が入り、柳井も手を出して前へ出る。
パナマも下がりながら反撃して来る。
両者縺れ合うシーンが増えて、どちらも手を出せない。
後半になり、時折柳井の右ストレートや左フックがヒットすると観衆が沸き応援が起こる。
しかし、次のコンビネーションが出ないのでパナマの足を止めるまではならずそのままゴング。
このラウンドは柳井のラウンドか?

判定は柳井のポイント負け。
選手手帳を返されて確認すると、詳細は分からないが、判定は0対5のポイント負けであった。
柳井選手がもう少し手数を出せば勝てていた相手であっただけに残念な試合を落とした。
戦評 樋山


5 試合組合せ
階級氏 名所  属試合日
LF 級和田まどかFARJANA Farjana(バングラデシュ)16日
F 級並木 月海CAKIROGLU BUSE NAZ(トルコ)17日
B 級晝田 瑞希ZHOLAMAN Dina(カザフスタン)16日


6 備  考  組合せ・山型はこちらから(外部リンク:AIBA HP内へ)
        下記リンクより動画を確認いただけます。(外部リンク:youtube・BFI Officialへ)
        https://www.youtube.com/channel/UCajff4o9nPb7m9Ga2UrNn4A

以 上