FC2ブログ

2018 AIBA女子世界選手権大会について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長  内 田 貞 信

2018 AIBA女子世界選手権大会について③(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果,戦評及び組み合わせにつきまして,樋山監督,浅村コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  2018年11月12日~26日
  試合期間  2018年11月12日~25日

2 試合国名  デリー(インド)

3 試合結果
階級氏 名試合結果所  属
F級並木 月海WP
3-2
CAKIROGLU BUSE NAZ(トルコ)


4 試合戦評(17日)
階級氏名試合結果対戦相手
F級並木 月海WP
3-2
CAKIROGLU BUSE NAZ(トルコ)
フライ級サウスポー並木選手(自衛隊体育学校)対オーソドックスのトルコ選手
1Rリードを出しながら前へ出て主導権を獲ろうとする並木選手に対して、並木選手より背の高いトルコ選手はリードを出しながらワンツーストレートを打ち込んでくる。
並木選手落ち着いて、フットワークとパーリングをしながら前へ出て右ジャブから左ストレートを打ち込む。
両者譲らず、主導権の獲り合いになる。
中盤よりトルコ選手のホールドやプッシングで絡まり合うシーンが多くなり、レフリーからトルコ選手に対して注意が入る。
並木選手も振りほどいて打とうとするが、トルコ選手のホールドやプッシュに阻まれるシーンが多くなる。
このラウンドは並木選手。

2Rも最初から絡み合うシーンが多くなり、トルコ選手のホールドやプッシュで並木選手が打てなくなるシーンが増える。
レフリーもトルコ選手に注意を与えるが、並木選手にも時々ホールドと下がりなさいと言うブレイクの注意が入る。
このラウンドもトルコ選手のホールドやプッシュで絡まり合うシーンが多くなるが、レフリーもトルコ選手への注意だけで、挙げ句の果には両者に離れろとブレイクの注意が多くなる。
両者決定的な有効打は少ないが並木選手の積極性と手数を評価して並木選手のラウンド。

3Rインターバル中にセコンドから激が飛んだトルコ選手も、同じくセコンドから最後を確実に獲るように指示が出た並木選手の両者は開始と共に激しく打ち合いになる。
しかし、直ぐにもつれ合いになり
レフリー両者にホールドの注意が入る。
明らかに並木選手では無くトルコ選手がホールドしていて、並木選手が再三振り解こうとバックステップしてトルコ選手の手を離そうとするがトルコ選手の執拗なホールドに手が抜けず手を出せない。
ここでやっとレフリーがトルコ選手に警告を与え減点をDSに合図する。
その後、直ぐに並木選手がラッシュを仕掛けると再度トルコ選手がホールドして来るので、並木選手が振り解いて打とうとするとトルコ選手が手を離さないでホールドする。
そこでレフリーがストップをかけたのでトルコ選手への警告かと思われたが、何故か並木選手にストップを聞かないと警告され減点が入る。
DSも理解していない位のおかしな減点であった。
その後激しく撃ち合いになるとトルコ選手がまたホールドして来るがレフリーはトルコ選手に対してストップして注意するが警告なしでボックスが入る。
ラスト10秒の合図が入り、並木選手猛然と打ち合いを挑むが両者決定打が無いままゴング。
このラウンドも並木選手かと思われたが、実際のポイントは4人がトルコ選手に入る。
判定は並木選手の勝ちになったが、何故か3対2の勝ちとなり、日本チームとして余り納得の行かない判定となった。
戦評 樋山



5 試合組合せ
階級氏 名所  属試合日
LF 級和田まどかASENOVA Sevda Yuliyanova(ブルガリア)18日
F 級並木 月海SMITH Ceire Rose(アイルランド)19日


6 備  考  組合せ・山型はこちらから(外部リンク:AIBA HP内へ)
        下記リンクより動画を確認いただけます。(外部リンク:youtube・BFI Officialへ)
        https://www.youtube.com/channel/UCajff4o9nPb7m9Ga2UrNn4A

以 上
プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/
 このブログに係る著作権(写真・動画等)などの権利は、一般社団法人日本ボクシング連盟に帰属します。
当ウェブサイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製使用する事は一切禁止いたします。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR