AIBA世界ユース選手権大会について②(報告)

各  位

社団法人日本アマチュアボクシング連盟
会 長   山 根  明

AIBA世界ユース選手権大会について②(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,手塚紀夫監督,松本裕也コーチ兼総務より,試合組み合わせ及び試合結果をご連絡いただきましたので,ご報告させていただきます。


 1 派遣期間 : 平成24年11月25日(日)~12月9日(日)
   大会期間 : 平成24年11月27日(火)~12月8日(土)

 2 開 催 国 : アルメニア国 ・ 首都 エレバン 

 3 試合結果 (第二日目)
階級日本選手試合結果対戦相手
L  級秋山 佑汰821-52×ラトビア
52
81


 4 試合組み合せ
階級日本選手対戦相手試合日
LF田 中 恒 成 キリギスタン12月1日(夜)
小 林 将 也ドイツ12月2日(昼)
藤 田 健 児エクアドル12月1日(昼)
秋 山 佑 汰ブルガリア12月2日(昼)
LW沖 島  輝アゼルバイジャン12月1日(夜)
南 野 瑛 文モンゴル12月1日(昼)


本日の試合結果をご報告いたします。

1R. 8-2
オーソードックスの相手にリードから左カウンターを決めボディで相手が倒れたがレフリーがスリップと判断しダウンではなかったが相手へのダメージは大きくワンサイドに攻め大きくリードしラウンドを終了。

2R. 5-2
リードから左ボディ、左カウンターを上手く使いワンツーからの右ボディも決めこのラウンドもリードした。

3R. 8-1
相手にはダメージがあり、前に出て来れられなかった相手に対して軽快なフットワークでフェイントからのワン・ツーでダウンを奪う。
トータルのラウンドで秋山選手のペースで全て運び完勝致しました。
合計 21-5
秋山選手の完勝でした。
秋山選手の次の相手はブルガリアになります。日程は12月2日の昼の部になります。

明日の出場選手は、W級南野選手、LF級田中選手、B級藤田選手の順番で昼の部になります。
また、LW級の沖島選手は夜の部になります。

報告者 監督 手塚紀夫
コーチ兼総務 松本裕也

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR