AIBA世界ユース選手権大会について⑧(報告)

各  位

社団法人日本アマチュアボクシング連盟
会 長   山 根  明

AIBA世界ユース選手権大会について⑧(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,手塚紀夫監督,松本裕也コーチ兼総務より,試合組み合わせ及び試合結果をご連絡いただきましたので,ご報告させていただきます。


 1 派遣期間 : 平成24年11月25日(日)~12月9日(日)
   大会期間 : 平成24年11月27日(火)~12月8日(土)

 2 開 催 国 : アルメニア国 ・ 首都 エレバン 

 3 試合結果
階級日本選手試合結果対戦相手
LF 級田中 恒成 519-83×ベラルーシ
52
93
B 級藤田 健児×26-91プエルトリコ
25
23


 4 試合組み合せ
階級日本選手対戦相手試合日
LF田 中 恒 成 イ ン ド12月4日(昼)
小 林 将 也ベラルーシ12月3日(夜)
秋 山 佑 汰アメリカ12月3日(夜)


『LF級 田中選手の試合結果をご報告いたします。』

1R. 5-3
 サウスポー長身の選手を足でかわし左フックのカウンターを決めポイントを奪う。

2R. 5-2
 右ボディ、左フック、踏み込んでのワン・ツーが決まり、相手の左ストレートをかわし、右のクロスカウンターを当てポイントを稼ぐ。

3R. 9-3
 動きの鈍くなった相手に対して、思い切り踏み込んでのワン・ツーをヒットさせ、右からの左フックでダウンを奪い大きく引き離した。

合計19-8
田中選手の勝利

左のフックが良くあたり、足も止まることなく細かく動き、終始田中選手のペースで試合を運び文句なしの完勝だった。
これで田中選手はベスト8入りです。

次の対戦相手はインドです。
日程は12月4日 昼の部になります。


『B級 藤田選手の試合結果をご報告いたします。』

1R. 2-1
 サウスポー長身の相手に体を振りながらプレッシャーをかけ前に出たが相手のカウンターを警戒してなかなか打ち込む事ができなかった。

2R. 2-5
 このラウンドも打ち合いに出るためプレッシャーをかけ前に出たが中間距離での打ち合いとなりポイントを奪われる。

3R. 2-3
 守りに入ったら相手に対しプレッシャーをかけ前に出たが攻撃の糸口を掴めず入ろうとする所に右フックを合わされた。

合計6-9
 藤田選手の敗退
 プレッシャーをかけて前に出ていたが相手との駆け引きの中で手数が出ず、相手の狡猾的なボクシングにポイントを取ることが出来なかった。

 藤田選手はベスト16

報告者 監督 手塚紀夫
コーチ兼総務 松本裕也

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR