アジアユース選手権大会について③(報告)

各  位

社団法人日本アマチュアボクシング連盟
会 長   山 根  明

アジアユース選手権大会について③(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 茂監督 ,川島弘行コーチより,試合結果及び組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告させていただきます。


 1 試合期間 : 平成25年3月10日(日)~3月17日(日)

 2 開 催 国 :フィリピン ・ スービックベイ 

 3 試合結果 (第二日目)
階級日本選手試合結果対戦相手
LF級田 中 恒 成523-103×TSENDBAATAR
(モンゴル)
73
114
F 級小 林 将 也314-62×SHIN YEN KAO
(台 湾)
62
52
B 級藤 田 健 児821-21×HYOK CHOL KIM
(北朝鮮)
40
91
 




 3 試合組み合せ
階級日本選手対戦相手試合日
LF田 中 恒 成 北朝鮮3月13日(水)
小 林 将 也トルクメニスタン3月13日(水)
藤 田 健 児キルギス3月13日(水)
LW沖 島  輝イラク3月13日(水)
森 祐太郎中  国3月13日(水)


3月12日
《12試合 藤田 HYOK CHOL KIM PRK ポイント勝ち 21対2》
1R 開始直後藤田が不用意なパンチを受け、一瞬腰が落ちた。しかし、その後冷静に足を動かし、リードを中心として自分のペースに戻した。それ以降は足を使い、リングを広く使いながら主導権を握り、左ストレート、左ボディアッパーを中心として相手を寄せ付けず、ヒットを重ねて行った。藤田のスピードが光っていた。 8対1

2R 1Rの流れがそのまま続き、ポイントも取れ、身体も温かまったことで一層動きも良くなり、出入り左サイドのカウンターを打ち、確実にヒットをさせる。相手が大振りになってきたが、しっかりとブロックをし、攻撃仕返した。終盤に左ストレートが決まりダウン寸前まで追い込んだ。全く危なげない試合展開である。 4対0

3R 開始直後、相手が積極的に攻撃を仕掛けてくるが、藤田がブロックやずらしながらのボディで回し、相手に全くボクシングをさせない。相手の動きをしっかりと見て、的確にボディにヒットさせる。ガードをが下がった時にはスピードのあるストレートを打ち相手にダメージを与えた。結局最後まで藤田はペースを崩さないで安定した戦いをしていた。 9対1

1Rの最初に受けたパンチで焦らないで、ペースを戻せたことは大きかった。それ以外は特に問題なく冷静に戦うことができた。初戦でこれだけ体が動けているので楽しみである。


《4試合 田中 TSENDBAATAR MGL サウスポー ポイント勝ち 23対10》
1R 最初はお互い様子を見ていて動きが無かったが、中盤から相手が徐々に上下のコンビネーションも使いながら連打をしてくる。しかし、田中は冷静にパンチを見て、ブロックをして逆に相手の出際にパンチを合わせてヒットさせる。相手も右フックを中心として攻撃をしてくるが、スピードの差が歴然であり中盤以降田中のペースで展開された。 5対3

2R ポイントを見てか相手がゴング早々に連打で攻撃をしかけてくるq。田中もそれに応戦し、このラウンドは終始接近戦での打ち合いになった。ただ、スピードで勝る田中の方がコンビネーションを多彩に使い着実にヒットを重ねて差を広げて行く。 7対3

3R 最初は相手が攻撃を仕掛けてきたが、田中は足やブロックを中心として防御をした。中盤から相手のうち終わりに、ストレート、フック、ボディなどを的確に打ち、終始危なげない展開でポイントを重ねた。終了間際にはダウン寸前まで追い込み、ストレートを決めた。 11対4

試合を重ねるごとに安定した戦いをするようになってきた。ただ、連戦になっているので、多少パンチの流れるシーンがあったがスピードでカバーできていた。


《5試合 小林 SHIN YEN KAO TPE オーソドックス ポイント勝ち 14対6》
1R 長身の相手は、ジャブを使い距離をしっかりととって、小林の入り際に右カウンターを狙う。小林はガードを堅めて、体を動かしながら強引に距離を潰しにかかるが、カウンターを打たれる。しかし、我慢して攻撃を仕掛けていくと、徐々に相手の上体が上がってきて距離を詰められるようになってきた。攻撃をするとクリンチをしてきて思うようにボクシングをさせてもらえなかったが、終盤以降小林のペースでラウンドを終えられた。 3対2

2R 相手は1R同様に足を使い距離をとり、右ストレートを狙ってきたが、小林が相手の右ストレートに対して左サイドからのカウンターを打ち何度かヒットして相手の動きを止めた。中盤からが落ち着きもあり、上下の打ち分けからの左カウンター打ち優勢に試合を進める。ゴング間際にはカウンターで相手の顔が上がり、ダウンまであと少しのところまで追い込んだ。 6対2

3R ゴングがなり立ち上がった相手の顔は苦しそうで、スタミナがなくなっているのが目に見えてわかった。小林はガードを堅めてプレッシャーを与え、ロープ際まで追い込むと上下のコンビネーションからのボディ攻撃でポイントを重ねた。相手も攻撃するが力が残っていなく中盤以降は殆ど守りの体制でクリンチなどをして時間稼ぎをしていた。ラスト30秒でコーナーに追い込みボディから左ストレートを決め、ダウンを奪った。その後もゴングがなるまで攻め続けた。 5対2

力強いボディで相手の動きを止め、自分のペースに持ち込むことができた。

報告者 監 督 樋山  茂
      コーチ 川島 弘行

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR