アジアジュニア選手権大会について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

アジアジュニア選手権大会について①(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり, 海藤 晃 監督 ,古賀 大作 コーチより,試合結果及び組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告させていただきます。


 1 合宿期間 : 平成25年4月10日(水)~4月12日(金)
   派遣期間 : 平成25年4月12日(金)~4月24日(水)
   
 2 合宿場所 : 味の素ナショナルトレーニングセンター
   試合開催 : カザフスタン・シムケント

 3 試合組合
階  級氏  名対戦相手日 時
Pin(44~46)川 井 勇 利 -ALFAHAD ABDULAZIZ(クウェート)
LF(~48)岩 井 尚 斗-NORBBU DORJI(ブータン)
(~50)渡 来 美 響-BUDDIKA MANARAM(スリランカ)
LB(~52)丸田 陽七太-SAEED AL HEFEITI(アラブ首長国連邦)
LM(~70)梅 村   錬-SADYKBEK KADYRBAK(カザフスタン)


 4 試合結果(4月15日)
階級選 手試合結果対戦相手
(~54)北浦 龍馬×KHOLDAROV Ikboijon(ウズベキスタン)



浦龍馬対KHOLDAROV Ikboijon(ウズベキスタン) サウスポー
1R 出だしは北浦のリードが良く出ていてペースを掴んだかに見えた。しかし,中盤から相手が長い距離で,北浦のリードにタイミングの良い左ストレートを合わせてきた為,北浦の手数が少なくなり印象を悪くしてしまった。

2R 1R後半の悪い流れを取り戻す為,開始早々ガードを固め,プレッシャーをかけて前に出る。相手が下がったところに良い右ボディがヒット。パワーを生かして流れを取り戻しつつあるが,その後がのパンチが続かない。
ポイントは五分五分というところ。

3R 北浦が勝負をかけて2R同様,前に出る。しかし,相手は足を使って打ち合いを避け一定の距離を保ってくる為,なかなか捕まえられない。逆に打ち終わりに何度かパンチをもらってしまった。
ボディは良く当たっているが,ガードをこだわり過ぎたのか顔面への返しがなく,全体的に手数が少なくなってしまいポイントを奪われた印象であった。

報告者 監 督 海藤   晃
      コーチ 古賀 大作

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR