AIBA国際ボクシング連盟会長との重要トップ会談について(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会  長   山 根  明

AIBA国際ボクシング連盟会長との
重要トップ会談について(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,日本連盟 山 根 明 会長及び国際ボクシング協会会長兼IOC国際オリンピック委員会委員のC.K.ウー 氏との重要会談が行なわれましたのでご報告させていただきます。


1 日 時  平成25年5月3日(金)から5月8日(水)まで

2 会 場  韓国ソウル市内

3 日 程  5月3日(金)から5月8日(水)午前まで

        会談参加者
        山根 明 日本ボクシング連盟会長
        CKウー  世界ボクシング協会会長兼IOCメンバー
        金 女史  日韓通訳 
        韓国連盟執行部
        手塚国際審判委員兼日本連盟審判委員

4 内 容   昨年度行なわれました,世界ボクシング協会(AIBA)の
        執行部との会談
の際に提起された問題について,
        今まで同様日本連盟は,AIBA国際ボクシング協会を
        全面的にバックアップする点,APB(AIBAプロボクシング)に
        関して誤解を招いた点,その他,オリンピク以降の数々の
        日本連盟と国際ボクシング協会との信頼関係修復について,
        山根会長及びCK・ウー会長が,直接お会いし,結果,
        最終的にすべての問題が解決いたしました。

         なお,ウー会長より,「韓国において,わざわざ足を
        運んでいただきトップ会談が出来たこと,非常に光栄に思う。
        今後の日本連盟と国際協会とのさらなる関係強化が,
        アジアのボクシング界全体の発展になることは
        もちろん,世界ボクシング協会が真のボクシング協会として
        確立されることになる。日本連盟のAOB(AIBAオープン
        ボクシング),APB(AIBAプロボクシング),そしてWSB
        (ワールドシリーズボクシング)に対する理解,何より,
        長年のAIBA実行委員として経験こそ,今後のAIBA発展には
        最も必要である。つまり,歴史を知る者こそ,本物の指導者と
        確信しているからである。」
        「オリンピック以降の各種大会での日本の快進撃は,
        山根会長のご尽力の賜物と言わざる負えない。長年,
        アジアで山根会長と活動し,同じ現場に立てることを
        誇りに思う。」というお言葉を通訳を通じていただきました。

山根会長と手塚審判委員
山根会長と手塚審判委員

山根明会長とウー会長 (1)

山根明会長とウー会長 (2)

山根明会長とウー会長 (5)

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR