ASBCアジア選手権大会 派遣について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について②(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
F  級林 田 翔 太×271-230SALUDAR Rey(フィリピン)
2730
2928
LW級井 上 浩 樹293-028×BACHO Joel(フィリピン)
2928
2928

4 試合組合せ 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔DOKRALHOK Yuranan(タイ)7月3日20時頃
B 級藤 田 健 児SEPAHVANDI Ehsan(イラン)7月5日  1時頃
L 級成 松 大 介MAMAKEEV Meder(キルギスタン)7月4日20時頃
LW 級井 上 浩 樹( 韓 国 )7月3日20時頃
W 級鈴 木 康 弘KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)7月2日20時頃
M 級濱 崎 良 太TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)7月4日  1時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)
 
5 試合報告
F 級 林田翔太 対 SALUDAR Rey(フィリピン)
1R、開始早々からジャブ、ワンツーストレートがヒットし果敢に攻めた。相手も圧力をかけ左右フックを多用し攻撃してきた。互角のラウンドであった。
2R、林田も1Rと同様ジャブ、ワンツーストレートを主体に攻撃するが、相手の圧力と強引な攻撃に後手にまわる場面が増えた。一進一退のラウンドであった。
3R、手数の減った林田に対し相手は更に圧力をかけ左右フックを中心に攻撃してきた。接近戦になりもつれた所で林田がホールドの注意を受けた。林田もジャブ、ワンツーストレートを主体に攻撃するが、手数が減り後手となってしまい、試合終了となった。
 27-30、27-30、29-28の1-2のポイント負けであったが、広州アジア大会金メダリストの実績ある選手に善戦であった。

LW 級 井上浩樹 対 BACHO Joel(フィリピン)
1R、井上は圧力をかけ、相手のパンチを上手くかわしながら攻撃する。しかし、単発に終わり後の攻撃に繋がらない。またガードを固めたまま、受ける場面が多く印象の悪いラウンドとなった。
2R、1R同様に相手のパンチを上手くかわしながら攻撃する。ラウンド終盤に井上の右フックがヒットし相手が後退し一進一退のラウンドであった。
3R、井上は圧力をかけ、手数を出し攻撃する。これに対し、相手がロープを背負う場面が多くなる。井上は攻撃の手を休めることなく攻め抜き試合終了となった。
 29-28、29-28、29-28の3-0のポイント勝ちであった。
 
報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR