ASBCアジア選手権大会 派遣について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジア選手権大会 派遣について③(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,樋山 総監督 ,小山田 コーチより,試合結果,報告及び試合組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成25年6月28日(金)~7月10日(水)
  試合期間 : 平成25年7月 1日(月)~7月 8日(月)
   
2 試合開催 : ヨルダン・アンマン

3 試合結果 
階 級氏  名試合結果対戦相手
W 級鈴 木 康 弘×280-329KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)
2829
2730
 

4 試合組合せ 
階 級氏  名対戦相手試合日(日本時間)
LF級柏 崎 刀 翔DOKRALHOK Yuranan(タイ)7月3日20時頃
B 級藤 田 健 児SEPAHVANDI Ehsan(イラン)7月5日  1時頃
L 級成 松 大 介MAMAKEEV Meder(キルギスタン)7月4日 20時頃
LW 級井 上 浩 樹LEE Hwajin( 韓 国 )7月3日20時頃
M 級濱 崎 良 太TUMURKHUYAG Chuluuntumur(モンゴル)7月4日  1時頃
 ※日本との時差は6時間となります。(日本が6時間進んでいます。)
 
5 試合報告
W級 鈴木 康弘 対 KOSIMOV Nodirbek(ウズベキスタン)
1R 上背に勝る鈴木に対して、頭を振りながら前へ出て来る。鈴木もリードから、左ストレート、右フックを打ち込む。しかし、相手の突進を止めるまでは行かず、1Rはコシモヴが優勢か?
2Rは、開始から鈴木が攻めて、相手が反撃するパターンであったが、鈴木の左右のボディアッパーも当たりこのラウンドは、鈴木が優勢かラウンド終了前に鈴木の右フックで、コシモヴの顔面から出血が見られる。
3R  同じ一進一退の展開になるが、後半、コシモヴの前進が止まらず、鈴木やや防戦ぎみになる。ラスト30秒に鈴木が連打し、前へ出るがコシモヴも反撃して来る。このままゴング。僅差であった様に思うが、3対 0 のポイント負け。 28対29、28対29、27対30であった。鈴木も良く頑張った。

報告者 総監督 樋山    茂
コーチ 小山田 裕二 

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR