第3回台北市カップ国際トーナメントについて③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

第3回台北市カップ国際トーナメントについて③(報告)

標記のことにつきまして,下記のとおり, 樋山 茂 監督,梅下 新介コーチ,村橋 薫コーチ,平野 義幸 コーチより,試合結果,報告及び組み合せをご連絡いただきましたので,ご報告させていただきます。


1 期  間 : 平成25年8月14日(水)~8月20日(火)
   
2 場  所 : 台湾・台北市

3 試合結果
 
階 級氏  名試合結果対 戦 相 手
フライ級和 田 まどか×0-3台  湾
フライ級金 澤 宣 明2-1×台  湾
バンタム級中 嶋 一 輝1R KO×インドネシア
ライト級丹 澤    航3-0×香  港
ライトウェルター級斎 藤 一 貴3-0×シンガポール


4 試合組合
 選  手 (男子)
階 級氏  名対 戦 相 手日時
ライトフライ級岩 田 翔 吉タ  イ17日
バンタム級金 澤 宣 明シンガポール17日
バンタム級中 嶋 一 輝台  湾17日
ライト級丹 澤    航タ  イ17日
ライトウェルター級斎 藤 一 貴タ  イ17日
ウェルター級佐 藤 龍 士台  湾17日


5 試合報告

女子LF級 和田まどか 対 台湾
 1R、和田は序盤から打ち合いを仕掛けるがコンビネーションの打ち終わりを狙われ、相手に主導権を握られる。 2Rも前に出て仕掛けようとするが相手は下がりながらもカウンターを合わせてくる。
 主導権を握れないままかと思っていたが3Rは一気に挽回した。果敢にコンビネーションからの追撃で相手を苦しめ、確実に和田が優勢に運んだと言えるラウンドであった。最終ラウンドを取ればチャンスはあると、更にプレスをかけるが打ち終わりのヒットを許してしまい、相手が優勢のラウンドとなってしまった。結果、27-29、26-29、27-29の0-3で敗れてしまった。

男子F 級 金澤宣明 対 台湾
 1ラウンドから、ワンツーストレートで積極的に攻める金澤。右ボディストレート、左フックをヒットさせる。相手は取り返そうと前に出るが、金澤は右ストレートで相手の前進をとめる。金澤優勢。
 2ラウンド、相手は左ストレートを当てようと必死に攻撃してくる。時折、金澤が止まった所に相手のノーモーションの左ストレートで首があがる場面があったが右ストレート左フックで応戦。攻勢点か?クリーンヒットか?
 3ラウンド確実にポイントをとりに攻撃する金澤。積極的に攻撃し、ボディストレート、右カウンターでポイントを獲得し、優勢に試合終了。
 3ラウンドを通じ、積極的に攻撃した金澤だった。
WP 1-2
29-28,27-30,28-29

男子B 級 中島一輝 対 インドネシア
 1R、中嶋は勢いある左ストレートボディーで切り開いていき、更に左ストレートから返しの右フックをヒットさせ試合を優勢に進める。1R終盤の差し掛かりに、いきなりの右フック一発で相手をリングに沈めた。1回戦をK.O勝利で飾り最高のスタートをきった。

男子L 級 丹澤 航 対 香港
 1R、丹澤は開始早々、狙い済ましたかのような右ストレートで相手からダウンを奪う。その後も右ボディーを中心に一方的に攻める。
 2、3Rも完全に丹澤のペースで、リズムのいい左ジャブ、左ストレート、右ストレートでダウンを2度奪い、TKOでストップかと思われたが試合は続行。相手はなんとか丹澤へのホールドで最終ラウンドを凌ぎ判定へ。3人が丹澤に30、相手には、25、22、26という大差での勝利となった。

男子LW級 斎藤一貴 対 シンガポール
 開始早々、ガードを上げプレッシャーをかける斉藤。さがる相手に、ワンツー、ボディ、左フックでポイントをとる。相手はブロックするだけで、斉藤は前に出続けて明確に優勢。
 2ラウンドも強いプレッシャーからのワンツー、追撃でポイントをあげていく。1ラウンドと同じように経過し、明確に優勢。
 3ラウンド、なんとか食い下がろうとする相手だが、迎え討つ斉藤の反撃により後退。TKOが予想されたがカウントは入らず、終始、圧倒し続けた斉藤のポイント勝ち。
WP 3-0
30-26,30-25,30-27

以  上

文責 梅下 新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR