アジアユース選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山  根    明

アジアユース選手権大会について④(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,試合結果をご報告いたします。


1 期 間: 平成26年1月24日(木)~1月31日(金)

2 場 所: タイ・バンコク

3 派遣選手団: 派遣選手団一覧

4 試合結果
階級氏 名試合結果対戦相手(国名)
保坂  剛×0-3Ablaikhan Zhussupov(カザフスタン)
LW鈴木 稔弘×0-3Makhmud Gaipov(ウズベキスタン)

L級 保坂選手及びLW級 鈴木選手は銅メダルを獲得いたしました。

5 試合内容報告

◎29日◎
《LW 鈴木vsMakhmud gaipov(UZB) オーソドックス》
ポイント負 29-28,29-28,30-27
1R 両者ゴングと同時にリング中央でガードを固めて頭をつけあう。UZBが左ボディを2発、お返しに鈴木も左ボディを3発返す。お互いひかずに打ち合うが、UZBのパンチをガードし返しのパンチは空を切る。それでものらりくらりと前進しプレスをかける鈴木。主導権あらそいが続く。UZB左ジャブ、ボディ、返しのフック。鈴木もコーナーで上下にコンビネーションを出すがガードに阻まれる。鈴木ワンツー3連打で追いかけるがうまくバックステップからサイドへ回り込まれUZBもヒットを許さない。鈴木右ボディ、右アッパーのダブルから左フックがヒットするが、UZBも負けじと同じパンチを返す。一進一退の攻防が続く。

2R 1ラウンド同様接近戦が続くが、先手をとって攻めるUZB。鈴木もしっかりとしたガードから前進し追い立てる。どちらも引かずにガードの上から叩き合う展開が続く。鈴木の右アッパーから左右ストレートが浅く捕らえUZB後退するが、そこからお互いがペースを上げて手を出し続ける。我慢比べの様相。

3R 序盤UZBが先手をとる、しかし鈴木のガードをこじ開けるには至らない。鈴木もしっかりとガードはできているが、UZBの前後への出入りで打ち返しが空を切る。なおも追う鈴木のプレスにホールドでしのぐUZB。コンパクトな連打でガードの上をたたき、鈴木の返しには苦し紛れのホールドの展開になる。両者ワンツーフックで打ち合うがどちらも決定打は許さない。後退しながら手をだすUZBに鈴木も上下のコンビネーションで応戦する。最後までプッシュし続けた鈴木だったが終了のゴングが鳴った。

微妙な判定ではあったが、ガードの上でも手数で上回ったUZBに軍配が上がった。試合展開的にはプッシュしていたが、先手を許しブロックあとの打ち返しが空を切っていたのがジャッジの印象に響いたのか?しかし決定打を許さないガードの硬さは鈴木最大の武器である。今後の課題としては、前後の出入りに緩急をつけ、先手をとれるようになればもう一ランク上にいける逸材である。大会初戦に60Kg級世界ジュニア王者(インド)相手に勝利した自信を今後是非とも生かしてほしいと願う。
銅メダル獲得。


《L級 保坂vsAblaikhan zhussupov(KAZ) サウスポー》
ポイント負 30-27,30-26,30-25
1R お互い右へまわりながらスピードに乗ったリードの突きあい。保坂がワンツーで前に出るが左ストレートから右フックをで返すKAZ。中盤、前に出た保坂にKAZ左ストレートのカウンター。ひるむことなく前進する保坂に再び左のカウンターが捕らえる。しかし気持ちで負けていない保坂が前進を続ける。KAZが保坂の打ち気をそらしながら左右へ足をつかいロングレンジから左ストレートを打ち込む。接近戦になるとサウスポーからの右アッパーで保坂の顔があがったところで1R終了のゴング。保坂距離感が合わないのか首をかしげる。

2R このラウンドもお互い右へ回り込みながらスピードに乗ったストレートを出し合う。保坂の打ち終わりに右フックで体を入れ替えるKAZ。打ち気に出る保坂に接近し離れ際に右アッパーから左ショートストレートで保坂の顔があがる。ワンツーで出る保坂に再び左カウンターがヒット。スピードでは負けていない保坂だったが、KAZの左ストレートから右ストレートの返し、右フックで体を入れ替えられ主導権を奪えない。KAZの左ストレートボディから右の返しは空を切るが、直後の左ストレートがとらえ保坂の足元がぐらつく。すぐさま打ち返す保坂だったが右フックで回される。

3R 序盤、逆転をかけ前に出る保坂、いなすKAZの展開が続く。中盤なかなか攻め手が見つからない保坂に、離れ際から右のジャブがおでこをとらえ顔が上がる。打ち気にでる保坂だが距離感を支配され思うようにパンチをヒットできない。接近戦でもお互いガードの上からパンチの交換をするが、やはり打ち終わりに軽くではあるがKAZのパンチが保坂を捕らえ苦しい展開が続く。保坂のワンツーの右にサイドから合わせる左ストレートが度々ヒットし、なおも前進する保坂の打ち気を右フックで回すKAZ。最後まで距離をキープし試合巧者ぶりをみせつけられた。

技術戦に敗れた保坂だったが最後まで自分のボクシングを展開しようとしていた。気持ちの強い選手だけに初海外試合の敗戦をバネに成長してくれるであろう。
銅メダル獲得。

報告者 監 督 高見 公明
コーチ 関口   孝

以  上

文責 梅下新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR