第4回台北市カップ国際トーナメント派遣について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山 根  明

第4回台北市カップ国際トーナメント派遣について①(報告)

 標記のことにつきまして,下記のとおり,山本 浩二 監督及び川島 弘行 コーチより,試合組合せと本日の試合結果を連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間 : 平成26年8月6日(水)~8月12日(火)
   
2 場   所 : 台湾・台北市

3 試合結果(8月7日)   
階級氏  名試合結果対戦相手(国)
L 級林  美涼3-0LI WEI HSIEN(台湾)

4 試合組合せ
階 級氏  名対戦相手試合日
LF級桑 原    拓台湾 or インドネシア9日
F 級中 野 幹 士台  湾8日
L 級秋 山 佑 汰マカオ8日
LW級浅 井 大 貴マレーシア8日
   
階 級氏  名対戦相手(国)試合日
L 級 林   美 涼 BLANCA ELMIR(オーストラリア)8日

5 試合報告(7日)
『林 美涼 対 LI WEI HSIEN (ABT) オーソドックス』
3-0 WP勝ち(39:37、40:36、38:38)
1R ゴングと同時に林が前に出て、主導権をとる。ストレートを中心にテンポ良く攻撃を仕掛けた。中盤以降は相手も反撃にでてきたてうち終わりにパンチをもらう場面があったが、林優位に試合は運ばれた。(10:9、10:9、9:10)

2R 1Rの終盤の流れがそのまま続き、お互い攻撃をくりだした。接近する場面が多くなり、林がうまく距離を取れなくなってしまった。軽いパンチだが数発アゴが上がるようなシーンがあり、印象が悪かった。また、チャンスもあったが、攻撃が単調になってしまい攻めきることができなかった。相手も地元の意地を見せてきた。(9:10、10:9、9:10)

3R セコンドより「ここが勝負どころだから、攻撃をつなげいこう」とゲキをとばされ、林自身も気合を入れ直した。相手の気迫もすごかったが、それに負けないで接近戦の打ち合いをした。徐々に林のペースになり、コーナーに追い込みダウン寸前まで持ち込んだ。中盤以降、力を見せつけハッキリとした試合展開になった。(10:9、10:9、10:9)

4R お互い疲れが見えてきたが、林は重心を低く保ち、ガードの下がってきた相手に対し、クリーンヒットを連発させる。相手も反撃をしてきたが、林の圧力に後退するようになった。林は最後まで攻撃を仕掛け、コーナーに何度も追い込んだ。このラウンドもハッキリとわかる展開になった。(10:9、10:9、10:9)

初戦で動きがかたかったが、気持ちでカバーをして勝利に繋げた。この勝利は日本チームとしても勢いがつく大きな勝ちであった。応援も盛り上がり、チームワークの良さが見えた。

【林選手のコメント】
初戦でかなり緊張したが、勝つことができてホッとした。明日はもっといい動きをして勝ちたいです。



以  上

文責 梅下新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR