第17回アジア競技大会 ボクシング競技について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
終身会長   山 根  明

第17回アジア競技大会 ボクシング競技について(お知らせ)

標記のことにつきまして,下記のとおり,
試合結果及び報告を樋山 茂 監督及び支援役員である,常盤 育夫 殿よりご連絡いただきましたので,ご報告させていただきます。


1試合期間 : ボクシング 9月24日(水)~10月3日(金)

2会   場 : 韓国・仁川(Seonhak Gymnasium)

3試合結果
階 級氏 名試合結果対戦相手(国名)
W 級鈴 木 康 弘3-0KU Gyoseong(韓国)



4試合組合せ
階 級氏   名対戦相手(国)試合日
LF級柏 崎 刀 翔MIQTAFI Sanad Ali A(サウジアラビア)25日
F 級林 田 翔 太PATTIARACHCHI Dilanka Suresh(スリランカ)27日
B 級藤 田 健 児ZHANG Jiawei(中国)26日
L 級清 水   聡YUNUSOV Anvar(タジキスタン)26日
LW級川 内 将 嗣MANOJ Kumar(インド)25日
W 級鈴 木 康 弘27日
F 級釘 宮 智 子SHEKERBEKOVA Zhaina(カザフスタン)27日
L 級箕 輪 綾 子CHORIEVA Mavzuna(タジキスタン)27日


5試合内容
 『W級 鈴木 対 韓国』
 1Rは、サウスポー鈴木のリードが当たり、幸先いい展開でしたが、後半に同じくサウスポーの韓国選手が、前へ出て攻め来るのを、受けに回る展開になり、観衆の大声援に後押しされ、ポイントは取っていると思ったが印象が心配であった。
 2R開始とともに、鈴木の右ストレートが良くヒットし、相手がなかなか出てこれず、焦って出てくるところに、鈴木の右ロングフックの返しが韓国選手に炸裂、たまらずダウン。ボックス後、すぐにゴング。このラウンド鈴木のポイント。
 3Rも最初にリードストレート打ち込で仕掛けるのが鈴木で、韓国選手もなかなか鈴木の懐に入れず、焦りから大振りが目立つ。中盤に鈴木も疲れが出てきたのか、クリンチが目立つ。後半に鈴木のパンチが当たり、韓国も最後力を振り絞っての、打ち合いになるがここでゴング。このラウンドも鈴木のポイント。
 3者鈴木の勝ちで、3対0のWP勝ち。30対27が2者で、29対28が一人で、WP勝ち。

6備  考  日本選手団
         アジア大会公式HP

以  上

文責 梅下新介

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR