2015 アジア選手権大会について①(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 アジア選手権大会について①(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を小山田コーチより,ご連絡いただきましたので、ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 8月26日(水)~9月6日(日)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3  試合結果(8月27日)
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
B級藤田 健児3-0NAIDURALAGE Gayan
Sanjieewa Jayaweer(スリランカ)


4 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手試合日
LF坪井 智也TAGHANIHOULAR Houman(イラン)8/30
F田中 亮明ASKHAR Nurlan(モンゴル)8/28
B藤田 健児カザフスタン or フィリピン8/30
L成松 大介SULAIMANBEK Uulua(キルギス)8/29
LW川内 将嗣YANG Jun(中国)8/31
W鈴木 康弘インド or ベトナム8/30
M濱崎 良太ACHILOV Arslanbek(トルクメニスタン)8/28


5 試合内容報告(8/27)
1回戦
藤田 健児 選手 対 スリランカ
1ラウンド
藤田は早いステップワークからのジャブ、フェイントを使い攻める。相手が強引に前に出て来る所に左ストレート、右フックを合わせラウンドを支配する。ラウンドの中盤に相手の故意的バッティングにより、レフェリーはタイム後、ドクターチェックを支持した。カットがなかった事から、1点Wを課した。その後も藤田が左ストレート、右フックをヒットし、藤田のラウンドであった。

2ラウンド
相手が強引に前に出て来る中、藤田は疲れからか足が止まり、接近戦になる場面が増える。藤田は接近戦から中々手を出す事が出来ず、揉み合いとなりパンチをクリーヒット出来ない。お互いにクリーヒットがないままラウンドが終了。藤田のラウンドか。

3ラウンド
相手が前に出て来るところを、藤田は冷静に距離を取り左ストレート、右フックをヒットする。中盤に足が止まり揉み合う場面があったが、終盤にロープに詰め左ストレートをヒットし、攻め続け終了。
相手のWが反映されたことにより、30-26、30-26、29-27、3-0WP勝ちであった。
勝利したが、相手の頭を気にし過ぎ、精彩に欠けた所が垣間見えた。今対戦を資とし次戦では藤田の高いポテンシャルを存分に発揮してくれる事を期待したい。

以  上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR