2015 アジア選手権大会について⑤(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 アジア選手権大会について⑤(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を小山田コーチ,石原コーチ,平野コーチより,ご連絡いただきましたので、ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 8月26日(水)~9月6日(日)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3  試合結果(8月31日)
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
F 級田中 亮明0-3ZOIROV Shakhobldin (ウズベキスタン)
LW級川内 将嗣3-0YANG Jun(中国)


4 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手試合日
LF坪井 智也DUSMATOV Hasanboy (ウズベキスタン)9/1
L成松 大介NGUYEN VAN Hai(ベトナム)9/2
LW川内 将嗣GHOSSON Ahmad(シリア)9/1
W鈴木 康弘TAJIMOV Timur (トルクメニスタン)9/2

試合時間
試合日時第1試合開始
(日本時間)
選手試合順
9/1 昼16:00~坪井選手 1試合目
9/1 夜20:00~川内選手 5試合目
 
   アジア選手権大会試合LIVE中継 (youtubeへリンク)


5 試合内容報告(8/31)
2回戦
田中 亮明 選手 対 ウズベキスタン
1ラウンド
田中はジャブ、ワンツーストレートで先手を取り攻める。相手もジャブを出し、ステップをしながら反撃する。田中はジャブを出しながらプレスを強めコーナー、ロープへ追い詰め、左右ボディアッパー、左ストレートがヒットする。相手は田中の打ち終わりを狙いジャブ、左フックで反撃する。接近したラウンドであった。

2ラウンド
田中は1ラウンド同様に積極的に攻撃し、主導権を握る。田中のプレス、左ストレート、左右ボディアッパー攻撃により相手に疲れが見え始める。ボディが効いた相手は苦しい表情を浮かべる。田中の攻勢で終了。田中のラウンド。

3ラウンド
このラウンドを確実に取りたい田中は、更にプレスをかけコーナー、ロープに詰めてジャブ、ワンツーストレート、左右ボディアッパーで攻める。相手は2ラウンド同様に田中の打ち終わりを狙い反撃する。相手は田中の攻撃に対し疲れが見え、頭を下げて必死にやり過ごす場面が増える。田中は最後まで主導権を握り積極的に攻め続け終了。田中のラウンドか。
田中が常に主導権を握り積極的に攻撃し、左右ボディアッパーで効かせ、試合をコントロールしていた。誰もが田中の勝利を疑わなかったが27-30、27-30、27-30、0-3WP負けであった。
田中は昨年のインチョンアジア大会銀メダリストに対し、臆する事なく攻め続け、素晴らしい戦いをした。しかし、勝利に結びつかず非常に残念であった。世界選手権出場権は逸したが、リオデジャネイロオリンピック出場権獲得に繋がる試合となった。今後の活躍を大いに期待したい。

2回戦(初戦シード)
川内 将嗣 選手 対 中国
1ラウンド
序盤、川内の長いジャブ、左ストレートに対し、相手の前進しながらの右ボディーストレートと左右のフック攻勢という展開で試合が進む。川内の上下ストレートと、相手の右に対する速い左ストレートが的確にヒットする。川内のラウンドか。

2ラウンド
1ラウンド同様の流れで試合が進む。川内が主導権を握りラウンドを進めるが、終盤に相手の右ストレートをクリーンヒットされてしまう。接近したラウンドであったが、有効な攻撃と的確な反撃で川内のラウンドか。

3ラウンド
このラウンドも川内が主導権を握るも中盤と終盤に相手の右ストレートを痛打されてしまう。全体の流れは支配するも、相手の少ない明らかなクリーンヒットを許してしまった分だけ相手のラウンドか。3者ともに29-28の3-0のWPで川内の勝利であった。
試合全般を通じてどちらに流れてもおかしくない流れではあったが、パンチの正確さとテンポの良さで試合をコントロールした川内が優勢であった。また、相手の強引なアタックに対しても弱々しい姿勢を見せなかったことが勝利に繋がったのではないか。川内はこれで準々決勝進出。次戦はメダル獲得と世界選手権の出場権をかけてシリアと対戦する。必ず達成してくれるものと、大いに期待したい。

以  上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR