2015 アジア選手権大会について⑦(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 アジア選手権大会について⑦(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合組み合わせ及び,試合結果を小山田コーチ,石原コーチ,平野コーチより,ご連絡いただきましたので、ご報告いたします。


1 試合期日  平成27年 8月26日(水)~9月6日(日)

2 試合国名  バンコク(タイ)

3  試合結果(9月2日)
階級氏  名試合結果
対戦相手(国名)
L 級成松 大介2-1NGUYEN VAN Hai(ベトナム)
W級鈴木 康弘3-0TAJIMOV Timur (トルクメニスタン)
  成松選手,鈴木選手は世界選手権大会への出場権を獲得いたしました。

4 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手試合日
L級成松 大介SAFIULLIN Zakir(カザフスタン)9/4
W級鈴木 康弘MARCIAL EumirFelix Delos Santoas(フィリピン)9/4

試合時間
試合日時第1試合開始
(日本時間)
選手試合順
9/4 昼17:00~成松選手 4試合目
鈴木選手 6試合目

   アジア選手権大会試合LIVE中継 (youtubeへリンク)


5 試合内容報告(9/2)
3回戦
成松 大介 選手 対 ベトナム
1ラウンド
成松は、オーソドックスの相手に対し、ジャブ、左ボディで仕掛ける。相手の右ストレートに反撃で左ストレートをヒットさせる。

2ラウンド
成松は、出入りのフットワークから積極的に仕掛け、負けじと攻撃してくる相手に対し、左ストレート、上下へのコンビネーションで相手を抑え、後半は追撃を加え確実にポイントを奪う。

3ラウンド
捨て身で力強いパンチを打ってくる相手にフットワークと回転の早い攻撃、追撃で対応しラウンドを支配。
28-29、30-27、30-27、2-1のスプリットデシジョンでWP勝ちし、メダル確定及び世界選手権大会出場権を獲得した。
1人のジャッジが28-29で相手の勝ちにしているが、各大会のジャッジの評価基準も分析、対策し、次の試合、世界選手権の資とし、日本選手の活躍に繋げたい。

3回戦
鈴木 康弘 選手 対 トルクメニスタン
1ラウンド
序盤、鈴木は軽快なフットワークで相手の攻撃を見切り、右ジャブでラウンドをコントロールする。鈴木優勢。

2ラウンド
ようやく、鈴木本来のキレのあるコンビネーションが出始め、完全に鈴木ペースとなる。相手もなんとか中に入ろうとするが、鈴木はロープ際で上手く捌き、クリーヒットを許さない。途中、強烈な左カウンターで相手をぐらつかせる場面もあり、完全に鈴木優勢。

3ラウンド
鈴木は、更にピッチをあげ右ジャブ、左ストレートで試合を優勢に運ぶ。最後まで相手のクリーンヒットを1発も許さず、30-27、29-28、30-26、3-0WPで勝利した。
この勝利により、メダルと世界選手権への出場を確定させた。鈴木は初戦に比べ、本来の動きを取り戻し相手を寄せ付けなかった。準決勝においても、恵まれた体を生かし、ポテンシャルの高さを十二分に発揮する事を期待したい。

以  上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR