2015 タンペレ国際トーナメントについて②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

2015 タンペレ国際トーナメントについて②(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果及び試合組み合わせ,戦評を鶴木監督及び小山田コーチより,ご連絡いただきましたので,ご報告いたします。


1 試合期間  平成27年11月19日~11月22日

2 試合国名  タンペレ(フィンランド)

3  試合結果
階級氏名試合結果対戦相手
L 級保坂  剛1-2NAIDURALAGE.G.S.Jayaweer(スリランカ)

4 戦評(20日)
60kg 保坂(駒澤) 1回戦 対SRI(スリランカ)
1R
サウスポーの保坂は右ジャブ、ワンツーストレート、左ボディーストレートをヒットし主導権を握る。相手はなす術なく、時折左右フックを強振してくるが、保坂はステップワーク、ブロッキングでやり過ごす。常に先手を取り、相手をロープに詰める場面を作るなど保坂優勢のままラウンド終了。
2R
保坂は1R同様に右ジャブを使い、フェイントを駆使しながら攻撃する。相手の左右フックをやり過ごし、左カウター、左ボディーストレートをヒットし優位にラウンドを進める。相手は保坂の早い動きについて行けず、下がりながら左右フックを強振するのが精一杯。保坂は相手の攻撃をかわし、パンチを被弾する事なく、ラウンド終了。保坂のラウンド。
3R
保坂は相変わらず先手を取り、積極的に攻撃を仕掛ける。相手は疲れからか、攻撃がより一層ラフになり、保坂に身体を預ける場面が多くなる。保坂もこの場面から次への攻撃に転ずる事が出来ず、2Rまでのようにクリーンヒットを奪えない。それでも相手の打ち終わりに左カウターをヒットし、ロープに詰める場面を作る等、優位にラウンドを進めて試合終了。
誰もが保坂の勝ちを疑わなかったが、まさかの1-2スプリットによるWP負けであった。保坂は常に先手を取り、効果的にパンチをヒットしポイントを奪っていたかに見えたが、評価されなかった。それより、相手のガードの上や肩にヒットしたラフな左右フックが評価されたのか。保坂は、この結果を受け入れ、何が足りず勝利に繋がらなかったのかを再分析し、今後に生かし成長してくれる事を期待したい。

5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国名)試合日
F 級芝  力人AYIGAH Dodji(ベルギー)21日
B 級金中 竜児McGOLDRICK Sean(ウェールズ)21日

以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR