ASBCアジアユース選手権大会について②(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について②(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(2日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
LF級松本 圭佑0-3DZHANSEITOV S(キルギス)
M 級新城 奈津1R TKOKAN Chia-Wei(台湾)

4 試合戦評(2日)
49kg級 松本 圭佑 対 DZHANSEITOV S(キルギス)
1R
序盤より松本が長い距離からの強い左リード、ワンツーをヒットさせる。また、距離を詰めてくる相手の出鼻に右カウンターをあわせ、終始ラウンドを支配する。完全に松本のラウンドか。

2R
相手はプレスを強め距離がつまり始める。
松本に多少疲れが出始め、足が止まり体が流れるところをヒットされるシーンも。リードがへり、接近戦から離れ際に軽くではあるがパンチを被弾する場面も。ラウンドの終盤に何のパンチを被弾したか分からないような状況でスタンディングダウンを奪われる。相手のラウンドか。

3R
相手に疲れが見えはじめ、逆に松本の上下の打ち分けがヒットする。前半ペースをつかみかけるが、相手も必死にプレスを強めてくる。しかし、松本は有効打を奪い、ラウンドを支配する。ラウンド終了間際、接近戦からの離れ際に、これも何のパンチを被弾したか分からないような状況でスタンディングダウンを奪われ、試合終了。

スタンディングダウンは奪われたが、ラウンドを支配していたのは松本かと思われたが、結果は相手が支持されており、ジャッジ3者ともに28-29の0-3WP負けであった。
全体的に主導権を握り、試合を進めていただけに非常に勿体無い敗戦であった。松本はバランスを崩す場面が多く見られた。今回の敗戦を無駄にする事なく、今後に生かし飛躍してもらいたい。

75kg級 新城 圭 対 KAN Chia-Wei(台湾)
1R
ゴングと同時に新城が頭を振り積極的に前に出るも、相手はそれを冷静にバックステップで外しリターンを的確にヒットさせてくる。
それでも臆することなく、頭を振りながらの左ストレート、左ロングフックで仕掛けていくも、展開を変えることが出来ない。
中盤、最初のスタンディングダウンをとられると、相手がプレスを強めてくる。新城も必死に反撃を試みるが後手になり、相手のパンチを被弾する場面が増える。終盤に相手の右ストレートを被弾後、連打され2度めのスタンディングダウンを奪われ1R・TKO負けとなる。

相手の技術レベルの高さが目だった試合となってしまったが、フィジカルと気持ちでは一歩も引かなかった新城には今後に期待したい。

5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗KUZIEV R(ウズベキスタン)3日
14時~
B 級今永 虎雅BIN KHADER ALI MOHAMED TH(シンガポール)3日
14時~
L 級齋藤 麗王KAIKYEV M(キルギス)3日
19時~
LW級荒本 一成URALOV Zryodbek(ウズベキスタン)3日
14時~
W 級黒柳  禅QIAN Xiang(中国)5日
19時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)



以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR