ASBCアジアユース選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

ASBCアジアユース選手権大会について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,試合結果をご報告させていただくと共に,高見監督,曽根崎コーチ,小山田コーチより戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月10日(火)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月 8日(月)


2 試合国名  アスタナ(カザフスタン)

3 試合結果(4日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
F 級堤  駿斗2-1中国
L 級齋藤 麗王0-3インド

4 試合戦評(4日)
52kg級 堤 駿斗 対 中国
1R
堤は開始から左ジャブ、右ストレート、左右ボディアッパーをヒットし、主導権を握る。相手は必死に前に出てくるが、堤はそれをいなし接近戦からの離れ際に左ジャブ、ワンツーストレートをヒットする。堤のラウンド。

2R
相手は更にプレスを強めてくる。堤は左ジャブ、右ストレート、左右ボディアッパーをヒットし対抗する。堤は少し疲れからか足が止まってしまい、押し込まれる場面もあったが、要所でサイドステップからのボディアッパーをヒットしラウンドを支配する。堤のラウンドか。

3R
堤は1、2R同様に接近戦からサイドステップし左右ボディアッパーをヒットする。相手も疲れが見え手数が減る中、堤の連打がヒットする。完全にこのラウンドも堤が支配する中、試合終了。
結果はWP勝ちであったが、意外にも30-27、29-28、28-29の2-1スプリットデシジョンであった。

堤はこの勝利により、メダルを確定させた。次戦は強豪国カザフスタン相手であるが、堤のポテンシャルを持ってすれば十二分に勝利を得られる。違う色のメダル獲得となることを大いに期待したい。
次戦は5月7日準決勝 19時~ 2試合目 対KAZ(カザフスタン)





52kg級 齋藤 麗王 対 インド
1R
開始から相手が左右ストレート、左右フックを放ち攻めてくる。斎藤はガードを固めプレスをかけるが、中々パンチを放つことが出来ない。次第に相手のパンチがヒットし始め、ラウンド中盤に右ストレートをクリーンヒットされてしまう。中々波に乗れないままラウンド終了。相手のラウンドか。

2R
斎藤は1Rの劣勢を挽回すべく、更にプレスをかける。相手も1R同様に攻撃してくる。中盤に差し掛かり相手に疲労が見える中、斎藤が左ボディアッパー、左フック、右ストレートがヒットし、相手の動きを止める。斎藤は更に畳み掛けるようにパンチをまとめる中、ラウンド終了。斎藤のラウンドか。

3R
斎藤は変わらずガードを固めプレスをかける。左フック、左ボディアッパー、右ストレートをヒットし、相手の動きを止める。ロープに追い込み連打をまとめ完全にこのラウンドを支配る中、試合終了。

1Rの劣勢を挽回し、斎藤の勝利かと思われたが、結果は28-29、28-29、27-30のユナニマスデシジョン0-3、WP負けであった。
決して勝てない相手ではなかっただけに、1Rの出だしが悪く、取られてしまった事が悔やまれる。斎藤は非常に高いポテンシャルを持っている。今回の悔しさを忘れず、更なる飛躍を期待したい。


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)対戦日
F 級堤  駿斗準々決勝
カザフスタン7日
19時~
B 級今永 虎雅中国5日
14時~
W 級黒柳  禅QIAN Xiang(中国)5日
19時~

6 備  考  対戦日の時間は現地時間となります。(日本時間は+3時間)

以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。

日本連盟HP
http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR