第1回アジア大学ボクシング選手権大会について③(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

第1回アジア大学ボクシング選手権大会について③(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,梅下監督及び野口コーチより試合結果及び戦評をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月9日(月)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月8日(日)


2 試合国名  ドゥシャンベ市(タジキスタン)

3 試合結果(4日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(匡)
B 級中野 幹士0-3モンゴル
L 級秋山 佑汰2-1タ イ
LW級沖島  輝3-0カザフスタン
W 級原田 直樹0-3カザフスタン

4 試合戦評(4日)
 B級 中野 幹士 対 モンゴル
1R
中野は、リズムを掴もうとフェイントを交えながらリードからワンツーを当てる。お互いレベルの高い攻防となり、五分五分のラウンドとなった。

2R中野は、ストレートからボディアッパーを繋げる、ボディアッパーが有効打となっていたが、ローブローで注意を受けた。

3R
取り返したい中野、積極的に攻めるもボディアッパーが、またもローブローを取られ減点をとられる。後手後手になり印象がよくなく、0-3でポイント負けとなる。

 1ラウンド目、技術レベルの高い攻防を見せていただけに、注意を受けた後の動きが崩れてしまったことが悔やまれる。しかしながら、この経験を活かし、今後に生かしてもらいたい。


 L級 秋山 佑汰 対 タ イ
1R秋山は、積極的にリードを打ちプレスをかけワンツーからボディで相手を下げる。
終始主導権を握った秋山のラウンドであった。

2R立ち上がりから1R同様ワンツーストレートから、ショートボディを打ち分ける。1Rを奪われたと思った相手は、接近戦で見せ場を作り、僅差のラウンドとなった。


3R相手にプレスをかけ続ける秋山は、ワンツーストレートとボディアッパーを使い分ける、相手も単発でパンチを振ってくるが、秋山が手数で勝った。

2‐1での判定勝ち。
相手に対し柔軟に対応できるボクシングで、次戦が非常に楽しみである。



 LW級 沖島 輝 対 カザフスタン
1R
沖島はガードを上げ、開始早々奇襲をかけ
ワンツーストレートからボディのショート
をヒットさせた。リズムを掴んだ沖島は、相手に、打ち返す隙を与えずプレスをかけ続けラウンドが終了した。

2R
沖島はリズムを崩さず、上体を振りながらストレートボディ、返しのフック、ボディアッパーを的確にヒットさせていく。相手は、距離を取りたいが沖島のプレスで距離が取れず。単発での返しとなり沖島が優勢のラウンドだった。

3R
リズムを掴んだ沖島は、相手のパンチをブロックとバックステップで裁き、パンチを的確に当てる。相手も打ち合いに出るが、沖島の手数に圧倒され終了となり。
3-0の判定で勝利した。会場中が沖島を称賛する試合であった。


 W級 原田 直樹 対 カザフスタン
1R
原田は、パワフルな相手に対しストレートを軸にツーをヒットさせる。相手は原田の打ち終わりを接近戦に持ち込み、力強いパンチを打ってくる。パワーの差で相手が優勢か。

2R ロングの距離で戦いたい原田と接近戦に持ち込みたい相手は、原田のワンツーのうち終わりに強引に前に出て、接近戦となる。ストレートをヒットさせる原田だが、接近戦で手数を出す相手のラウンドとなった。

3R 原田は、左のリードからワンツーで
距離を作っていくが、さらにプレス強めた相手を裁ききる事が出来ず、善戦したが30-27の0対3で判定けとなった。

ユースとはまた違う手強さを経験し、敗れたが、今後の成長が大いに楽しみである。


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)試合日
現地時間
F 級村田  昴カザフスタン5日
15時~
L 級秋山 佑汰キルギスタン6日
-時~
LW級沖島  輝アフガニスタン5日
-時~
M 級梅村  錬タジキスタン6日
16時~


6 備  考  タジキスタンとの時差は日本が4時間進んでいます。

以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR