第1回アジア大学ボクシング選手権大会について④(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

第1回アジア大学ボクシング選手権大会について④(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,梅下監督及び野口コーチより戦評と試合結果をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月9日(月)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月8日(日)

2 試合国名  ドゥシャンベ市(タジキスタン)

3 試合結果(5日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
F 級村田  昴1-2カザフスタン
LW級沖島  輝3-0カザフスタン


4 試合戦評(5日)
 F級 村田 昴 対 カザフスタン
1R
村田は、リードから駆け引きをしながら、チャンスを伺いワンツー、ワンツーフックボディアッパー繋げる。相手は、大きいパンチを振るが、要所でパンチをヒットさせてくる。僅差のラウンドとなった。

2R
相手は、主導権を奪おうとプレスをかけパンチを振ってくる。それに対し村田は、リードからツーとアッパーフックで相手を裁きコンビネーションで見せ場を作る。的確なパンチを当てた、村田のラウンドか。

3R
最終ラウンド、序盤からお互い中間距離で激しい攻防となる。終盤村田が瞼をカットするが、ラスト30秒カットに臆する事なく村田も勝負をかけて、激しい打ち合いに出る。終了のゴングが鳴った瞬間、村田はガッツポーズをとり勝利を確信した。

結果30-27,28-29,28-29,の2-1で敗退したが強豪国相手に、僅差の判定となった。また会場からは多くの称賛の声が響いた。今後の活躍に期待したい。


 LW級 沖島 輝 対 カザフスタン
1R
沖島は積極的に攻めてくる相手に対し、冷静に相手のパンチを裁き、相手の打ち終わりにパンチをヒットさせる。クリーンヒットの数で、沖島のラウンドか。

2R
相手は、打ち終わりを狙う沖島に対し、下がり始める。単発であるが、的確にパンチをヒットさせる沖島はプレスを強めて行く。終始、的確にパンチをヒットさせる沖島のラウンドとなった。

3R
沖島は、上下のストレートから、相手の打ち終わりにフック、ボディーフックを打ち分ける。先手を打ちたい相手だが、打ち返しの早い沖島に手数が減る。主導権を握り続けた沖島のラウンドとなった。
結果3-0のフルマークで勝利した。

貫禄のある試合運びを見せ、決勝での戦いが非常に楽しみである。
ポイント30-27,30-27,29-28


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)試合日
現地時間
L 級秋山 佑汰準決勝キルギスタン6日
-時~
LW級沖島  輝決勝TBD7日
-時~
M 級梅村  錬準決勝タジキスタン6日
16時~


6 備  考  タジキスタンとの時差は日本が4時間進んでいます。

以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR