第1回アジア大学ボクシング選手権大会について⑤(報告)

各  位

一般社団法人日本ボクシング連盟
会 長   山 根  明

第1回アジア大学ボクシング選手権大会について⑤(報告)

 標記のことについて,下記のとおり,梅下監督及び野口コーチより戦評と試合結果をいただきましたので,ご報告いたします。


1 派遣期間  平成28年 4月30日(土)~5月9日(月)
  試合期間  平成28年 5月 1日(日)~5月8日(日)

2 試合国名  ドゥシャンベ市(タジキスタン)

3 試合結果(6日)
階級氏 名
試合結果対戦相手(国)
L 級秋山 佑汰1-2キルギスタン
M 級梅村  錬0-3カザフスタン


4 試合戦評(5日)
 L級 秋山 佑汰 対 キルギスタン
1R 秋山は、立ちあがり右を打ちながらリズムを作り、ワンツーを打っていく。相手も前に出てくるが、秋山は足を使って裁きストレートで反撃に出る。

2R 秋山は、フェイントを使い、リードからワンツーボディアッパーをヒットさせる。相手は接近戦に持ち込もうと前に出てくるが、頭が低く減点を取られる。減点もあり確実に秋山ラウンドとなった。

3R 減点をとられた相手は、ゴングと同時にプレスをかける。秋山は、中間距離でストレート、フック、アッパーでしっかりとパンチをヒットさせた。秋山のラウンドか。

結果2-1の、WP負けだったが、ポイントは29-27、26-30、28-28赤で三者三様だった。内容的には、フルマークで秋山を支持したジャッジもいた程、力の差はなかった。今後の更なる活躍に期待したい。



 M級 梅村 錬 対 カザフスタン
1R
両者は、序盤から激しい打ち合いとなる。接近戦に打ち勝つ梅村は、相手をさげフック、ボディアッパーをヒットさせた梅村のラウンドか。

2R
梅村は、ワンツーストレートから、三つ四つと繋げていく、手数の止まらない梅村はロングからショートのパンチを繋ぎヒットさせて行く。相手も手数で対抗するが、梅村の接近戦の打ち分けが勝る。

3R
最終ラウンド、序盤打ち疲れの見える梅村は、入り際にストレートをもらう場面があったが、自分のリズムに持ち込もうと、前進を止めない。

結果27-30.26-30.27-30とWP負けだった。会場の多くが地元タジキスタンを応援し、完全にアウェイの中、内容的には勝っており、今後の活躍が大いに期待できる試合内容であった。


5 試合組合せ
階級氏 名
対戦相手(国)試合日
現地時間
LW級沖島  輝決勝TBD7日
-時~


6 備  考  タジキスタンとの時差は日本が4時間進んでいます。

以 上

文責 佐藤征治

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JBAF

Author:JBAF
日本ボクシング連盟公式ブログです。
各種お知らせ,ご連絡等を掲載しております。
日本連盟HP http://jabf-kizuna.com/

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR